中高生プログラマーの仲間を作るためのコミュニティである「tento.tech」を運営している現役高校生の僕が、国内初の中高生限定屋外キャンププログラミングイベントを開催します。

プロジェクト本文

▼初めに

はじめまして、中高生プログラマーコミュニティ tento.tech リーダーの田中玲至です。
僕は今までに、子ども向けプログラミングスクールにて、様々なプログラミング教育イベントにスタッフとして携わってきました。
今やプログラミングが小中高生の趣味にもなり、高校生でもプログラマーとしてインターンに行く時代。私たちスタッフは普段、小学生向けにプログラミングを教えていますが、中々同世代の仲間を作ることが難しいように感じています。

そんな中、大人たちが参加できるプログラミングのカンファレンスやコミュニティはあるのに、中高生が気軽に参加できるプログラミングコミュニティがないのはおかしい!と感じ、「もっと中高生にプログラミングの世界を広げたい!」という思いで、この中高生向けプログラミングコミュニティ tento.tech を設立し、「学生プログラマーの孤立」という大きな問題を解決しようと模索しています。

▼学生プログラマーが抱える問題

孤立してしまう!

コミュニティや学生向けのイベントが少ないので学生プログラマー同士が繋がることが困難です。

ハッカソンへ参加しづらい!

ハッカソンは多くはチーム参加です。孤立してしまっている学生プログラマーはチームを組むことができないので参加したくても参加できません。

カンファレンスに参加しづらい!

カンファレンスに参加してみたい!という気持ちはあるのですが、大人ばかりの中に一人で参加はとても勇気が必要です。

情報交換の場がない!

「最近自分が何を作った」とか「周りの同年代のプログラマーは何をやっているのか」とか「何が流行っている」などを気軽に情報交換できる場所がないのです。

▼解決策

孤立してしまう問題

→学生による学生のためのプログラマーコミュニティを作る!

ハッカソンに参加しづらい問題

→コミュニティの仲間でチームを作って参加!

カンファレンスに参加しづらい問題

→コミュニティの仲間で興味がある人と一緒に参加!

情報交換の場がない問題

→コミュニティ内のチャットで情報交換!

→要するにコミュニティが超重要!!!!!!
▼なのでコミュニティを作りました

そのような問題を解決するには情報交換や仲間を作ることができるコミュニティのようなものが必要不可欠だと思い、中高生向けプログラミングコミュニティ「tento.tech」を設立いたしました。


(tento.techホームページ http://tento.tech)


(ハッカソンの時の様子)

▼tento.techとは

「中高生プログラマー同士が気軽に繋がりコミュニケーションが取れる」場を作ることを目標にオンライン上の繋がりだけでなく、現実世界での繋がりをメインに活動しています。

僕達のスタイルは屋外プログラミングです。
屋外で電源の続く限りプログラミングを勉強しあい、電池が切れたらあとは仲間と運動をしたり、喋ったり…そんな自由なスタイルで活動しています。

▼これまでの活動

tento.tech 自己紹介LT大会

tento.tech BBQ懇親会

カウモハッカソン vol2 - Progate賞, 最優秀賞 受賞

▼資金の使い道

・屋外プログラミング勉強会や屋外ハッカソンを開催する際に会場を借りる費用

・定例会を開催する際に会場を借りるための費用

・リターンにかかる費用

など、コミュニティの活動費として使用させていただきます。

▼最後に

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。
僕たちは孤立してしまっている学生プログラマーを繋げたいという一心で活動しています。
そしてtento.techの知名度を上げるべくハッカソンやカンファレンスに積極的に参加しています。

そんな僕達に是非ともご支援よろしくお願いします!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください