正直「漫画なんて!」って思っていた時期があったんです。でも実は違った。「漫画だから……」に気づいたんです。気づいたきっかけは、あるものを作りたかったから。そのためにはどうしても漫画が必要だったのです。

プロジェクト本文

空家レンジャーのコーヒーレンジャーです!

ご覧いただきありがとうございます!

空家レンジャーって知っていますか?

逗子・葉山を拠点に2年前から空き家を自力で再生する活動をしています。そして寂れた空き家だったその場所が、僕たちが手を加えることで、これまで以上の価値ある場所に生まれ変わる。例えば、放置されていた古民家が近未来的デザインのシェアハウスに生まれ変わったり、老朽化した元社員寮がものづくりや食品加工のためのシェア工房になったり。

そして僕は、300名以上の登録者がいるボランティア集団「空家レンジャー」メンバーで、主に情報発信など広報を担当している「コーヒーレンジャー」と申します。

空家レンジャーの仲間たち
大人の秘密基地を作りたかったんです。

「葉山ファクトリー」は、使われなくなった元社員寮を空家レンジャーがリノベーションした「シェア工房&シェアキッチン」です。名前の通り神奈川県の葉山町にあります。

2階工房の一角が僕のエリア、そこでは日々コーヒー豆の焙煎をしています。そうなんです僕はコーヒー豆を焙煎するコーヒーレンジャーなんです 笑。

捨ててしまわれるような廃材を活用して、多彩な空家レンジャーたちのアイデアとワザで生まれ変わったその場所は、いるだけでワクワクする場所になりました。来場された方からはよく「秘密基地」のようだと言われます。

「秘密基地」という言葉を聞くと、誰でも子供のころを思い出すのではないでしょうか? あの無性にワクワクした気持ち、懐かしさとともに何とも言えない高揚感が湧きあがってきます。

「そうだ、ここに大人の秘密基地を作ろう!」

ある日突然にそう思い立ってしまったんです。これがこのプロジェクトの出発点です。そして秘密基地には絶対に「漫画」が必要だったんです。


葉山ファクトリー
葉山ファクトリーの日常風景(焼き芋を食べながら漫画に夢中な大人たち)

日常から解放される、そんな居心地の良い時間と場所に

現在の日本は明らかにストレス社会です。

技術が発展し、経済的に豊かになり、昔に比べると確実に住み良くなっているはずなんです。なのに一方で競争の激化、格差の拡大、不透明な未来などが、知らず識らずのうちに人の心を蝕んでいきます。

近隣との関係性は希薄になり、自分の殻から出ることが、ものすごくエネルギーを消耗することに感じられます。

僕は3年ほど前、事業を立ち上げようと、会社を勢いだけで辞めてしまいました。そしていくつかのチャレンジに失敗しました。周囲からは見放されて不安だらけだったとき、僕の心の支えになったのが「空家レンジャー」と「葉山ファクトリー」でした。

毎週末のように往復3時間かけてまで通い続けたのは、そこには一緒にいても全く気を使わずにすむ仲間たちがいたから、そして僕の不安や恐怖を、すべて飲み込んでくれるこの場所があったから。

ここに来るといつも「いまの自分のままでいいんだよ」と優しく声をかけられているような気持ちになりました。

この大好きな「葉山ファクトリー」をたくさんの人に知ってほしい。そして気軽に訪れてほしい。日頃のストレスフルなものをすべて忘れ過ごせる場所をつくりたい。そんなことを考えるようになっていたある日、「大人の秘密基地」にたどり着いたんです。そこには漫画に囲まれた空間がある。そのイメージが僕の頭の中を支配したんです。


9月に開催したMANGA図書館予祝会
ついに蔵書が5,000冊になりました!

実は、正直に言いますと「僕、漫画好きじゃないんです」 電車で漫画を読んでいる人がいると「暇だなぁ」とちょっと蔑んで見ていたんです。だからこの構想をスタートした時点では、漫画所有数ゼロ。まったく持っていなかったんです。

少しずつ漫画を増やしていくと、ある変化が周囲で起きていました。笑顔や会話が漫画とともに増えていったのです。僕が意図したわけではないのに、自然とそうなっていったのです。

「これが漫画の持つ魅力なんだなぁ」このときようやく気づいたのです。

そして、どうせなら可能な限り冊数を増やそうと、気づいたら約4ヶ月間で5,000冊を超える蔵書になりました。

改装前→改装後
いつか10,000冊に

いま、部屋の中も外も漫画でいっぱいになっていますが、あまり詰め込んでいないし、ちょっと工夫すればまだまだ増やすことはできます。

目標10,000冊!!

を目指して進んでいこうと思います。

できれば、図書館の拡張もしていきたいし、僕がいないときでもオープンできるようにアルバイトも雇いたいんです。

そのためにはどうしても資金が必要なんです。

「MANGA図書館」2019年1月2日 オープン予定

いまはフリー解放していますが、新年からは「会員制」としてスタートします。

・開館時間 (平日)11:00 〜 16:00 (土日祝)11:00 〜 21:00

・休館日  毎週水曜日

・会員 プレミア会員:月額¥2,000、会員ルーム利用可、来館時ドリンク一杯無料(1日1回)、プレミム会員限定販売

    一般会員:月額¥1,000、会員ルーム利用可

    当日会員:¥600、会員ルーム利用可

    小学生以下:無料、会員ルーム利用可

ご支援のほどよろしくお願いいたします。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

もしこの活動に共感いただけたら、ご支援のほどお願いいたします。

また、新年のオープン前も週末は利用可能ですので、ぜひ葉山ファクトリーにお越しください! 

漫画に囲まれた至福の時間をご堪能ください。

あっ、僕コーヒーレンジャーが焙煎した新鮮なコーヒーも飲めますよ!

【Manga図書館の住所】

〒240-0113 神奈川県三浦郡葉山町長柄1599−1 葉山ファクトリー2階

たくさんの方の応援をいただいています!


  • 2019/01/31 08:05

    こちらの活動報告は支援したパトロン限定の公開です。

  • 2018/12/17 08:19

    ご支援、ご声援ありがとうございます!この土、日は無料開放デー! たくさんの方にご来館いただきました。まだ改装途中で会員専用ルームはドアがついていないんです。そのため開放感があり、写真のようにほのぼのとした雰囲気に。コミックのご提供もいただきました。写真の少女マン3作品、連載当時の大人気作品だそ...

  • 2018/12/15 18:51

    平日オープンのためには、どうしても図書館にいてくれる人が必要なんです。というのも、何を隠そう(別に隠しているわけではないが)、僕サラリーマンなんです。毎日、東京へ出稼ぎに行かねばならないのです。そこで今日は、平日にManga図書館を見守ってくれる人お二人とお話をしました。このマンガ図書館を開設...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください