飲食を一つの容器にまとめ、どんなものでも手軽にお散歩食べできるようにしたい!そのための容器を製造し、広めたい!そして容器に広告を載せ、新たな情報ツールとしても活用したい!そして様々なものが機械化し、対面でのコミュニケーションが薄れている昨今、この容器をキッカケに小さなコミュニケーションを生みたい!

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

こんにちは。考案者の和田卓也です。

私は人見知りをします。
昔うつ病になって引きこもっていたこともあるくらいにボロボロでした。

きっかけは両親の不仲です。中学時代の2年間ほど、晩御飯の時の会話は一切無し。無言で食べ物を食べるだけ。私はソッコーで食べてソッコーで自分の部屋へ戻っていました。美味しい食べ物も味なんてしない。ただの栄養補給。2年も続けばさすがに病んで中学生にして白髪もかなり生えて黒染めしたりもして…そんな感じで20歳くらいまでは脱け殻のような日々でした。
そんな私を救ってくれたのは人、そして美味しい食べ物でした。もちろん病んでいるときは食欲などありません。でも勇気を振り絞って一歩を踏み出して人と関わり、美味しい食べ物を食べていると自然に元気になりました。
私は食べることが大好きです。食べても太らない体質なのでとことん食べます。
観光地などでは食べ歩きもします。皆さんもしますよね?
でも何か引っかかっていました。
世の中にこんなにたくさん食べ歩きする機会があるのに、何か、もっと面白くできないか…と。

▼どんなプロジェクトなのか

何かを食べるとき、基本は座って食べますよね?でもお祭りや観光地などではどうでしょう?

私はどんなものでも手軽に当たり前にお散歩食べできるようにしたいと思っています!
しかもただ食べ歩くだけではありません!
なにかを食べていると間違いなく喉が乾きますよね?
例えばお祭りでたこやきを歩きながら食べてるとして「喉乾いたな」となった場合!片手はからあげで塞がっている!飲み物を飲むにはそのたこやきの容器をどこかに置くか、友人に持ってもらうか、そんなことをしなければなりません!
そこで!食べ物と飲み物を一つしてしまえばいいのでは?と思いました!
写真は試作ですがこんな感じです!

上記はスタンダードな形状の容器で、写真にあるたこ焼きは歩きながら食べるイメージがわくと思います!でもそれだけじゃありきたりでつまらない…
パスタ、そしてスープやサラダにお刺身…
こういった料理も歩きながら食べてもいいじゃないですか?

カルボナーラ

バケット入りオニオンスープ

サーモンと生ハムのサラダ

お刺身盛り合わせ

ドーナツ

上記の写真は一例ですがこんな感じです!
下の飲み物は好きなものを入れれます。
お刺身の盛り合わせにはビールでもOK!ストローでビールを飲むのか?と思う人もいるかもしれませんが、意外とアリだと思います!
それに歩きながら食べるイメージのないパスタなども手軽に当たり前に食べ歩くことができれば新たな流れとなって飲食業界を刺激できるのではないか!とも思います!
からあげやたこ焼きなどは写真にあるスタンダードな形状の容器で大丈夫ですが、パスタやカレーなどはどんな形状の容器にしようか考えています!

ちなみにパスタの入った写真はあくまで試作です。
初めはプラスチックの容器で製造し、展開していきます。透明だと中身が見え、伝わりやすくインパクトもあります。
その後、紙製の容器も製造していく予定です。
ストローもプラスチックでないものにしていきたいです。
例えばパスタをストローとして使うなど。紙製のストローが普及してこればそれを使いたいですが、ストローは今後の流れや、容器を使ってくれる飲食店などと要相談です。

歩くことは脳にも身体にもいいです。
運動は超強力なクスリです!
寿命が延びたり、心臓疾患を予防したり、うつ病や糖尿病にも効果があり…
書き出すとキリがないですが、そういう意味でも歩きながら食べることはアリ!だと思います。

次に、この容器に広告を載せ、情報ツールとしても活用したいです!
広告は企業でも個人でもなんでもオッケー!
他の広告掲載方法よりも安く載せることができ、容器を手に持っている時間も長いから目に留まる確率もアップ!
そして街頭でよく見かけるチラシ配り。
私はチラシを配られると、気を使っていつも受け取ってしまうのですが、正直しっかり目を通さないし、ゴミになる…そんなチラシ配りとは違う形で広告を展開する!
容器に広告を載せ、広告収入を得ることができれば容器は飲食店などへ無料で提供もできる!
具体的にまとめると
1.私は広告収入を得る
2.広告収入を得ることで飲食店などへ無料で容器を提供できる
3.飲食店などは容器を活用した新たなメニューを考案し、売り上げアップに繋げることができる
4..企業や個人は安く広告を載せることができる
5.容器を使う人々は混雑したお祭りや観光地、レジャー施設などでも快適に飲食ができる

現状ではこのような感じです。
容器に広告を載せず、容器のみを有料で提供する場合もあります。有料といっても写真の形状の容器なら1つ数円の想定です。
みんながハッピーになれるものだと思います!

一様特許出願中です!

▼やろうと思った理由

単純に一つの容器にまとめれば、効率よく飲食できるのではと思いました。
お祭りなど混雑する場所でも食べたり飲んだりしやすいのではないかと。
でもそれだけではありません。
自己紹介の欄にも少し書きましたが、私は中学、高校の頃、家庭のことで病んでいたり、人見知りもあってなかなかうまく人と関わることができませんでした。ストレスにより中学生にして白髪もかなり生えていましたし、中学、高校時代はただ毎日息をしてなんとなく生きているだけ、なんで生きているのだろうと思ったりもして全然楽しくなかったです。
どんなことも一人で抱え込み、19歳の頃には溜まりに溜まっていたストレスが爆発したのか、うつ病になり、引きこもったこともありました。
ですが20歳のある日、このままではダメだと思い、私は勇気を振り絞って初めて接客のアルバイトを始めました。そこで私は同じバイトの従業員やお客さんと接することで自然と晴れやかな気持ちになり、気付けばうつ病は治り、明るくなっていました。その時、私は人と関わる大切さ、繋がりの大切さ、コミュニケーションの大切さ、外に出る大切さを心の底から実感し、以前とは別人のようになりました。
別人のように、と言っても人見知りは今もします(汗)
昨今、色々なものが機械化し、対面での人と人とのコミュニケーションが薄れつつあります。
そこでこの容器を商店街や様々な飲食店などで展開し、この容器をきっかけにリアルなコミュニケーションが生まれたらいいな、と強く思っています。
どんな小さなコミュニケーションでもいいんです。
例えば容器を渡す店員とお客さんとの小さな会話や、実際に容器を使ってお散歩食べしながら友達同士恋人同士で・・・
何かを感じてもらえたら嬉しいです。

▼今回支援して頂いた資金の使い道

容器の製造、開発費
ポスター、ダイレクトメール作成費
ホームページ作成費
SNSでのマーケティング費

容器の開発費ですが、主にパスタやオムライスなど、歩きながら食べるイメージのない物に関して使います。

▼どのように進めていくか

まずはSNSを活用して認知度を上げていく+私の通っていた学校のホームページに載せてもったりポスターを貼ったりして、学生たちにも実際使ってもらえたら、と考えています。
SNSだけでなくポスターやチラシも活用し、まずは私が以前アルバイトしていた遊園地などが候補です。
SNSでの拡散や口コミに期待しています!
容器の生産についてですが、クラウドファンディング終了後、スタンダードな形状の容器の製造を始めます。
パスタやカレーなど、スタンダードな容器以外のものは様々な人達の意見を聞き、試作を重ねながら完成させていきます。

▼リターンについて

500円でも1万円でも、支援してくださる方の想いが込められたお金には額面以上の価値があります!
その想いは励みになり、とても心強いものです!
誠意を込めて送らせていただきます!

最後に

とにかくまずは広めたいです。時間はかかっても少しずつ知ってほしいです。
以前の私のように病んで外に出たくない!と思っている人もこれをきっかけに外に出れたら嬉しいですし、外で楽しみながら食べたり飲んだりして小さなコミュニケーションも生まれたら嬉しいです。
人が飲食をすることは終わりません。その飲食するというものを違う角度から見て、少しでも新しく楽しくしていきたい!と考えています。
そのためには皆さまのお力添えが必要です!よろしくお願い致します!
みんなで色々なものをお散歩食べしましょう!


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください