プロジェクト本文

2014/07/23追記———————————————————

多くの皆様からのご支援により、公開から3日半でサクセス、無事「Re:animation7」の開催が決定しました!ご支援いただいた皆様には、当初お約束したリターンをご提供させていただきます。そして…

■追加アーティスト:高田梢枝 ゲストライブ!
TV アニメ「交響詩篇エウレカセブン」の第一期 ED 主題歌などを担当したシンガーソングライターの高田梢枝さんのゲストライブが決定しました!中野の秋空に響く高田さんの歌声をぜひお楽しみください!

■ストレッチゴール
当初に目標としていた資金は「Re:animation7」を開催するために最低限必要な予算となっております。全てを手作りする野外のイベントは、より多くの資金が集まることでもっとベントを充実させることができます。そこで、新たに”次なる目標”=ストレッチゴールゴールを設定させて頂くことにしました。多く集まった資金はタイアップブース・企画テントの充実、会場準備の前日設営化、PAシステムの強化に加え、開催時間延長と追加アーティストのブッキングにも充てます。また、ストレッチゴール達成に合わせ、既にご支援下さった方を含む全支援者に下記の特典を追加します。

【300万円達成】
□開催時間を1時間延長します!

当日早朝から行っていた設営を前日設営とすることで、開催時間を延長。10:00~18:00とします。

□支援者全員にイベントで使用予定のサンプリングボイス(声優:ドナ・バーク)を無料提供します。
セリフはRe:animationのタイトルコールや、転換時のジングルボイス、「\ッGo!!/」や「\ッBass... /」など楽曲Remixで使いやすい定番的なものに加えて、皆様が希望するセリフもランダムで収録します。ご希望のセリフがある方は、「#reani_dj」と「#サンプリングボイス」という2つのハッシュタグを付けてtwitterで呟いて下さい。
donna_R

【350万円達成】
□AJURIKA書き下ろしオリジナルデモ楽曲(ハイレゾ音源)を無償提供

本企画のためにAJURIKAが書き下ろしたオリジナルデモ楽曲を支援者全員にプレゼントします。楽曲はハイレゾ音源で収録します。更に、77777円のご支援をいただいた方はハイレゾに対応したウォークマンSONY NW-F886に楽曲データを入れてお送りします。
AJURIKA

【400万円達成】
■検討中…


皆様からのご支援によってイベントが成長します。引続き、どうぞよろしくお願い致します!
—————————————————————————


CAMPFIREをご覧の皆様、本サービスでは4度目のプロジェクトを立案させていただきます、アニメ×ダンスミュージックDJイベント「Re:animation(リアニメーション)」のオーガナイザー”ちへ”こと、杉本と申します。

2010年12月に新宿歌舞伎町の旧コマ劇前広場で誕生した「Re:animation」は、その後、会場を大繁華街歌舞伎町からサブカルの聖地中野の駅前広場に移しつつ、開催6回を数えます。都心の公共空間でのレイヴ、それもアニメも音楽も大好きな欲張りな人たちが踊り狂う非日常の空間を、入場無料の誰でも参加できるイベントとして続けていく為に、私たちはこれまでもクラウドファンディングの手法を率先して取り入れてきました。

1

■「Re:animation」とは

「Re:animation」は、アニメもダンスミュージックも分け隔てなく大好きな人たちが集まって、ジャンルの壁を超えて楽しもう!という趣旨で開催している野外DJイベントです。昨年11月に開催した第6回では、JR中野駅北口直結の広場に約2000人のアニメ&ダンスミュージックファンが集まりました。

アニメソングやアニメのサウンドトラックはもちろん、テクノ・ハウス・トランス・ヒップホップ・EDMといったオールジャンルのダンスミュージック、アニメソングのダンスリミックス等、DJが流す音楽に合わせて歌ったり、踊ったり、コスプレしたり、参加者同士で仲良くなったり。いつ来て、いつ帰ってもOK。近くのお店で食べ物やお酒を買って持ち込んでもOKの自由なイベントです。

私たちは、オープンエアーで流される音楽に合わせて、コスプレした人も混ざって、みんなで歌って踊る、非日常的な体験をもっと多くの人に知ってもらい、同じようにアニメも音楽も大好きな人たちに、もっとこのシーンに参加してもらいたいと思っています。なぜなら、この空間は本当に楽しいから!!その為に、「Re:animation」は、今後も都心の駅近くで、誰でも参加できる無料イベントとして、開催し続けたいと思っています。

2

■7回目の「Re:animation 7」を中野駅前で開催します!

 ~上坂すみれLive!中野区内各団体と協力した中野スペシャル~

Re:animation 7 -Rave In NAKANO- 開催概要(全て予定)
▼開催予定日時

2014年11月23日(日)11:00~18:00
▼開催予定場所
中野駅北口暫定広場(中野サンプラザ正面)
▼イベント入場料
無料!!
▼DJ&ライブ出演者
[Guest Live]
上坂すみれ and more!!
[DJ]
youthaqua / AJURIKA / ぅぃにゃん /後藤王様/ spacetime / Megsis / B.Toriyama a.k.a fmtr / Fish&Chips(Strada Vs.MASAKARI) / REV-TUNE and more!!



声優界で最も中野を愛する声優、上坂すみれの出演が決定!
中野サンプラザやJR中野駅、中野ブロードウェイを背景に展開する野外ライブにご期待ください!
中野での過去2回の開催により、中野区役所をはじめ、中野内の商店街や観光協会、その他地元の団体にもこのイベントが認知されました。中野での3度目の開催となる次回は地元とも連携したサブカルの聖地中野のパワーと「Re:animation」の熱量がぶつかり合うイベントを目指します。

■クラウドファンディングをする理由、皆さまから頂いた資金の使い道

「Re:animation」開催に当たっては、より安全で充実した環境で多くの方にイベントを楽しんでいただきたいと考えています。しかし、規模が大きくなるにつれ、そのハードルが少しずつ高くなっています。これまでと同じ予算では参加者の皆様の安全確保の為に必要な会場設備の調達が難しいのが現状です。
前回までは開催毎に高まる負荷に、ボランティアスタッフが知恵と体力を振り絞って対応してきましたが、「作り手と参加者がみんなで創るイベント」であることを目指す「Re:animation」としては、これ以上、一部の負担がかかり過ぎる状況は相応しくないと考えています。
そこで、今回は目標金額の見直しを行い、200万円とさせていただきました。

それは個々には尊い姿だと思いつつも、「作り手と参加者がみんなで創るイベント」であることを目指す「Re:animation」としては、これ以上、一部の負担がかかり過ぎる状況は相応しくないと考えています。また拡大する規模に対する危機管理としても危うさが残ります。増加した予算は安全確保の設備費と、ボランティアスタッフのケアに重点的に活用させていただきます。

■一緒にイベントを創り、楽しんでいただく為のお返しを考えました!

「Re:animation7」開催を支援していただいた方には、今回も様々なお返しを考えました。過去に好評だったもの、要望の多かったもの、一緒にイベントを創り、楽しめるものを揃えています。以下、各リターンについて説明します。

▼主催者から当日の写真付きお礼のメール
イベント終了後、当日撮影した写真に心からのお礼を込めたメッセージを添えたメールをお送りします。

▼イベント写真のPC&スマホ用壁紙データ
イベント終了後、当日撮影した写真を使ったPC&スマホ用壁紙をダウンロードしていただけます。
※写真は、イベント全景を中心として、当日の雰囲気が伝わるベストショットを使用します。出演者別の写真や、特定の出演者にフォーカスした写真ではありませんので、予めご了承下さい。

▼全出演者紹介やタイムテーブル等を載せた開催記念ブックにお名前掲載
イベント当日に配布する全出演者の紹介、当日のタイムテーブル&フロアマップ、注意&案内事項、協力企業紹介を掲載したRe:animation7開催記念ブックに、あなたのお名前をクレジットさせていただきます。

13

▼リアニ7開催記念ブック、記念ステッカー、優先入場券をお届け
イベント開催前(11月上旬~中旬)に、上記の開催記念ブックとRe:animation7開催記念ステッカー、イベント当日に参加者多数により入場規制になった時でも、優先して入場していただける優先入場券をお送りします。

▼イベント中のコスプレ用更衣室&クローク優先利用権
イベント開催時に、会場内に設置するコスプレ用の更衣室テント、およびクロークテントを優先的にご利用いただけます。
※使用時に優先入場券、または受付で引き換える優先入場者用リストバンドをご提示下さい。

▼オリジナル缶バッヂ、マフラータオル、サイリウム(1本)
イベント開催前(11月上旬~中旬)に、Re:animation7開催記念のオリジナルデザイン缶バッヂ、オリジナルマフラータオル、オリジナルサイリウムの3点をお届けします。マフラータオルはRe:animation7出演者全員の名入れとなります。サイリウムの色はレッドです。

4
(マフラータオルには、出演者全員の名前をクレジットします)

▼オリジナル缶バッヂ、マフラータオル、サイリウム(7本/限定色)
レッドに本リターン限定色を加えた、オリジナルサイリウム7色パックをイベント開催前(11月上旬~中旬)にお届けします。

5

▼会場に応援する出演者名とあなたの名前を載せた"推しのぼり"を掲出(のぼりお持ち帰り可)
イベント開催時に、会場に出演者紹介の”のぼり”を立てます。その際に、あなたが一番応援しているDJ・アーティストの”のぼり”寄贈者としてあなたのお名前を掲載した”推しのぼり”を作成します。寄贈者名は、ご友人との連名やグループ名での掲載も可能です。掲出した”推しのぼり”は、イベント終了後にお持ち帰りいただけます。

6
※不要の場合は持ち帰らなくても結構です。また、「のぼり旗だけ」のお持ち帰りでも構いません。
※寄贈者名に公序良俗に反する名称や既知の固有名称と判別しづらい名称は使用できません。

▼ステージ間近のパトロン限定"VIPコタツ席"利用権(コタツお持ち帰り可)
イベント開催時に、VIPコタツ席利用権が含まれるリターンを支援したパトロンだけが使うことができる”VIPコタツ席”にご入場いただけます。場所はステージとの距離約1mの特等席です。11月下旬の空の下でも、ここなら寒さ対策は万全!今回は、卓上麻雀セットとボードゲームもご用意しますかい布団の中から、ゆっくりとイベントをお楽しみ下さい!

7
※希望者は、コタツ・卓上麻雀セット・ボードゲームお持ち帰りいただけます(希望者多数の場合、じゃんけん)。

▼会場にご希望の"オリジナル横断幕"を掲出(横断幕お持ち帰り可)
イベント開催時に、あなたの希望のデザインの横断幕を会場内に掲出します。パーティのロゴや、サークル名、お店の案内などを、丈夫なターポリン素材の横断幕で「Re:animation」の参加者や中野区の皆さんにPRできます。デザインをお預かりして製作をこちらでお受けすることもできます。また、製作した横断幕は差し上げますので、その後もイベントなどでご活用いただけます。

8
※公序良俗に反する単語や図画、既知の固有名称や商標と判別しづらいデザインは掲出できません。
※製作委託は10月25日までにデザインを納品いただける方に限ります。
※会場内のどこに掲げるかは指定できません。
※デザイン製作をこちらで代行(別費用)することも可能です。
※横断幕のサイズは縦90cm×横180cmまたは縦90cm×横240cmのいずれかになります。

■プロジェクトが成立しなかった場合

集まった支援の総額が目標金額に満たなかった場合は、本プロジェクトは不成立となり、決済は行われません。また、「Re:animation 7 -Rave In NAKANO-」は開催延期、または中止となります。

■目標より多くのご支援が集まった場合

目標を大きく超えて、たくさんの金額が集まった場合も” より安全で充実した環境で多くの方にイベントを楽しんでいただきたい”という目的をより高次で達成する為に活用させていただきます。具体的には、「Re:animation 6」で、中野区観光協会様のご協力で出店して好評だった中野グルメブースのような、タイアップブースや企画ブースを拡充など、フェス感あふれる、ワクワクする会場作りに充てて行きたいと考えています。

9

■Q&A

本プロジェクトについてのご質問は下記のURLより受付けております。 気になること、確認しておきたいことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。
http://ask.fm/reanimationjp
※ご回答にお時間を頂戴する場合があります。予めご了承下さい。

■おわりに

10

最後まで、プロジェクトの説明をお読みいただきまして、ありがとうございます。

「Re:animation」は、特殊な環境下での開催故に、毎回”これで最後かもしれない”という気持ちで開催を続けてきました。それが、もうこのプロジェクトで7度目となります。とてもありがたいことに、色々な会場やイベントから「リアニのようなイベントをやって欲しい!」と声を掛けていただき、地元の方々からも「活性化のためにぜひ頑張って欲しい」とエールをいただく機会も増えてきました。これはひとえにいつもグッドマナーでイベントを盛り上げてくれている参加者の皆様のお陰です。また、その参加者の皆様からも「次はいつですか!?」という声をたくさんいただきます。もう、”これで最後”と無責任に構えていて良い段階は過ぎてしまったのかもしれません。こういったイベントやシーンにもっとたくさんの人たちを巻き込んで、楽しみたいと願っていた私たちにとっては願ってもないことです。

しかし、実績を重ね、イベントを続けていこうとすると、たくさんの課題が積み上がります。安全対策、及び設備拡充はその最たるものです。第6回に集まった人数は2010年の初開催の2.5倍にもなります。その勢いに運営が追いつかず、万が一にも事故が起こってしまったら、ここまでみんなで積み上げてきたシーンが、全て終ってしまいます。行政の方からも規模に合わせた安全対策の話が出ており、今回の目標額のUPを決断しました。

「Re:animation」には多くのボランティアスタッフが関わっています。「Re:animation」を開催したい!守りたい!その想いを強く持つ仲間が、文字通り身体を張って、イベントを支えてくれています。これまで良くも悪くもその強烈なモチベーションに頼りすぎている点があったことは否めません。DJブースの出演者も、フロアの参加者も、それを守るボランティアスタッフも、同じ仲間だからこそ、それぞれに敬意を持って最低限のケアをし合うことに加えて、現場のスタッフが余裕をもって活動できる環境を整え、笑顔でこのイベントを作り続けていきたい。これもまた、今回のプロジェクトの大きなテーマです。

11

大きな変化を遂げつつある中野の街は、私たちのような駅前を賑わすイベントを歓迎しようとしてくれています。
「Re:animation」は安全で、健全で、めちゃくちゃ盛り上がる。そういった信頼を積み重ね続けることが、野外で大きな音を出すイベントでは必須条件だと考えています。その信頼関係の先に、もっと大きな会場で、もっと多くの仲間たちと創りあげる新たなシーンがあるのではないでしょうか。その為にも、このプロジェクトは絶対に成功させたいのです。

今、改めて「Re:animation」の土台を固めて、次なるステージを目指させて下さい。このイベントを楽しいと感じ、もっとたくさんの人に体験して欲しいという想いを共にする皆様からのご支援をお待ちしております。

どうぞ、よろしくお願い致します!

2014.7.10 リアニメーション実行委員会 代表 杉本真之(ちへ)
URL: http://reanimation.jp

※写真提供 Photo’s Gate

レコメンド

  • 「作り手と参加者がみんなで創るイベント」であることを目指す「Re:animation」が、より安全で楽しめるアニソンフェスの開催のために現場の設備をグレードアップするプロジェクト。

  • ストレッチゴールを導入して、金額に応じてイベントをグレードアップするようにしました。結果、最終目標まで達成!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください