はじめまして、 訪問入浴きぼうからのプロジェクト障害者 ・高齢者 ・難病 ・ガン・全ての人がお風呂入れるようにするための お風呂屋さん

プロジェクト本文

訪問入浴きぼうのホームページ               千葉県北東部からの 挑戦                   


訪問入浴業界から出きることは


体の不自由難病がん、 障害者などの方でも必ず入浴できるというのが訪問入浴です。 お風呂に入れないということはありまん。

そして健康管理に力を注いているのが訪問入浴きぼうです。そして、 ☆体重計☆が役に立っています。

▼プロジェクト

利用者を増やし健康管理をできる訪問入浴の会社を作り訪問入浴だからこそ【体重計】の必要性を伝えたいのです。

▼これまでの活動

人数は延べ59名(12月現在) もっとアピールする必要性があり、 千葉県北東部エリアでは、 ☆訪問入浴用の 体重計を使うのは、 当法人のみです。 そのおかげで 毎月 利用者は、1名~3名 のお客様、 現在一日の利用者数は、 3件から 4件です。 利益を生み出す ためには、 1日平均 5件から 6件 に する必要性があります。 ケアマネージャーの営業など行い、名刺の数は 200枚以上になりました。 訪問入浴用の☆体重計を 一番利用しなければならない人が なかなか利用できないのも現実です。

最後

当法人は、 毎月利用者は増えています。 それだけ体重計、 健康管理が必要とされています。 千葉県香取郡多古町染井 から 片道一時間30分 が エリアです。 主に香取市から 山武市の 周辺 をまわり 介護保険の利用者 7割、 障害者 3割です 詳しくは Google ホームページもしくは Facebook 訪問入浴きぼう 名前で検索してください



特に障害者
 訪問入浴 を利用できることを知らない人が多くいま す。

障害をお持ちの ▼親子さん に お知らせしたいので。 特に 自分で 具合悪いことも言えない人こそ 、 体重計を使い ◎体重の変化◎で気づくのです

資金の使い道

アピールを する必要があるため、 看板約25万円 以上、プロのパンフレット約50万円 以上 、看護師の確保約60万円(派遣)

訪問入浴の小さな会社だからこそ できることを みんなで 業界に 一石を 投げられることは できるはず やらなくてはいけない!!!


▼実施スケジュール

看板、プロよる パンフレット、 なるべく早く作り アピールをする ❣1番は訪問入浴を使わなければいけない人に 届けるプロジェクト


▼最後

当法人は、 毎月利用者は増えています。 それだけ体重計、 健康管理が必要とされています。 千葉県香取郡多古町染井 から 片道一時間30分 が エリアです。 主に香取市から 山武市の 周辺 をまわり 介護保険の利用者 7割、 障害者 3割です 詳しくは Google ホームページもしくは Facebook 訪問入浴きぼう 名前で検索してください



<All-in方式>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください