「未完成」のアイデアを「未完成」を前提として共有できて、多様な人達でアイデアを育てられるサービス、「Renttle」を作成したい。

プロジェクト本文

▼自己紹介

都内の大学に通いながら、スタートアップでエンジニアとして働く大学4年生。
エンジニア歴は1年半くらい。
まだまだエンジニアとして未熟な部分がありますが、自分のサービスとしては、初めてとなる「Renttle」を開発中。

ペアプロやTDDに興味があり、勉強会にちょくちょく参加。

▼このプロジェクトで実現したいこと

未完成のアイデアを多様な人達で成長させられるプラットフォームサービスを作りたい。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

誰もがビジネスを始められる世の中になり始めました。そんな時代に生きる僕らは、「あんなサービスあるといいのに」とか「こういうビジネスなら儲かりそう」とふと思ったりします。

しかし、自分一人の小さな脳みそで考えたそれらのアイデアを、いきなりビジネスの世界で試すのは勇気がいることで、多くの人が「どうせだめだ」と勝手に判断して諦めているでしょう。

なので、その「未完成」のアイデアを「未完成」を前提にして、他の人に見てもらい意見を貰えるサービスを作りたいと思って、現在、開発しています。


また、ユーザーがどんな情報をインプットしてきたか、どんな知識・経験をアウトプットしてきたかを管理する。

なぜなら、ユーザーが他の人がどんなバックグラウンドを知れることで、ユーザー同士の知見を最大限に引き出せると考えているからです。



▼これまでの活動

↓↓↓作りいたサービスの現状はこんな感じです↓↓↓
https://renttle.jp

すでに作り始めているので、目標金額が集まらなくても、プロジェクトはこのまま進めたいと考えています。

▼資金の使い道

開発費用に使わせていただきます。

▼リターンについて

「Renttle開発者とペアプログラミングができる」

2000円を一コマ(一時間)として、ペアプログラミングしたいと思います。
東京都内(横浜らへんは要検討)でしたら、オフラインでやりましょう!
都内以外でしたら、オンラインでやります!(skypeとかzoomあたりを使って。)

【ペアプログラミング内容】

結論、僕が答えられる範囲であれば、何でもいいです!(言語はpythonが得意です。)
- 基礎的なこと
- TDD(テスト駆動開発)
- オブジェクト指向
- 設計

【日程】

2019年1月1日以降でtwitterやfacebookで日程調整をして、決めようと思います。

【場所】

公共の場で開催したいと思います。
- カフェ
- レンタルオフィス(費用負担は要相談)
- フリーコワーキングスペース

【その他】

- 交通費について
    - 参加者も主催者も、各々で負担

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください