12月17〜23日に長野県千曲市屋代駅市民ギャラリーで音楽を中心としたまちおこしのイベントを開催したい!多くの人が集まることで賑やかな屋代駅を実現したいと考えているが、運営資金が足りていない。まちを盛り上げるために応援してください!

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

こんにちは!長野県千曲市屋代の音響会社MSPです。〈野外ライブの写真〉皆さんの住んでいるまちって活気ありますか?私たちの地元・千曲市屋代ははっきり言って寂れてしまっています。屋代駅前の商店街も、全国の商店街同様、客足が遠のいており、有効な活性化案も見出せていません。今やもう活性化を諦めかけている商店街の主人もいます。

そんな地元を盛り上げたい、屋代駅前商店街はまだまだ行けるぞ!ということを周りに示したい、、、私たちはずっとそのような思いを抱いてきました。その中で、活性化のための手段として目につけたのが私たちが日々関わっている音楽です。千の曲(せんのきょく)と書いて千曲市、音楽を使った千曲市の活性化、、、行けるんじゃないか!そう考えて、今年5月から毎月一回屋代駅前ロータリーで野外ライブコンサートを主催してきました。〈野外ライブの写真〉しかし初めは、宣伝もし、長野県出身のアーティストを中心に出演を依頼しましたが、知名度が低く、なかなかまちの活性化というところまでつなげていくことができません。市にも資金面での協力を依頼しましたが、実績がないということもあり、断られてしまいました。

そんな感じでイベントを開催し続けて3回目、7月のライブをある地元高校生4人が見に来てくれ、運営者である自分たちに声をかけて来てくれました。彼らは高校二年生、「HAPPYライフ千曲市プロジェクト」と名付け、6人のグループを組んで、千曲市の活性化のために高校生ができることを研究、その一環として今回のライブを見に来てくれたということでした。この高校生との出会いが私たちにとって大きな転機となります。しばらく一緒にお話しする中で私たちと高校生には同じような思いを持っている、ということに気付きました 。「千曲市屋代には活気がない」、「そんな屋代は高校生にとっても住んでいる人にとっても誇りに思える状況ではない」、「そんな地元に若者が戻ってくるはずがない」、「千曲市を、屋代をもっと活性化したいよね」こんな思いがお互いの心中に共通してありました。そして何より音楽でまちを盛り上げたい、千きょくの市である千曲市の活性化の可能性を音楽に見出した点で共通していました。「なら、一緒に千曲市を盛り上げよう!」共催のイベントを11月と12月の二回、屋代駅構内の市民ギャラリーで開催することに。こうしてMSPと高校生の共同プロジェクトがスタートしました。

数日後、市内のカフェでイベントの計画案作りが始まりました。コンセプトは「楽しい駅ナカ空間の創出」  小中学生をはじめとする多くの人が集まることで駅ににぎわいを取り戻し、商店街などをイベントに巻き込むことで、イベントのにぎわいをまちの活気に還元していくことを目指します。最終的には単なる公共交通機関の拠点としての駅でなく、多くの人が集い、交流する場としてまちの活性化の拠点としての役割も担う、そんな屋代駅を創り上げたいと考えました。


・11月企画について

  こうして創り上げた、11月19日〜11月25日の企画。当初の予想よりはるかに多い、延べ337人のひとにご来場いただきました。平日日中は市内中学校の地域調べの展示と千曲市PRビデオの展示を行いました。ビデオの展示が好評でした。夜は一日一アーティスト企画として日替わりアーティストによるライブコンサートを行いました。電車から降りて来た会社員や高校生が立ち寄ってくれ、来場者は尻上がりに多くなってきました。祝日の金曜日、午前は高校生が運営、高校生の音楽系部活動による発表会を行い、合唱、ダンス、ギターマンドリン、軽音楽の各部活動に発表していただきました。こちらも大盛況で、このイベントだけで100人以上が来場してくれました。午後は小学生向けの実験教室を運営。事前のPR不足もあり、来てくれた小学生は少なかったものの、来てくれた小学生とともに楽しく取り組むことができました。〈11月企画の写真〉


・12月企画について

   このイベントをもっと大きく、もっとにぎやかに、そしてその活気を地元の活気に還元するために、、、私たちはまもなく12月企画を開催します。今回はクリスマスにからめた子ども向けのブース企画(クリスマスカードづくり、あんず染め体験などのブースを検討)を日曜に実施、さらに来場者で飾り付けしていくクリスマスツリーを置きたいと考えています。


・資金について

   以上のようなイベントは当然多くの費用がかかってしまいます。地元の協賛でイベントを実現できれば最高なのですが、私たちにはまだ実績がなく、十分な協賛が得られません。そこで今回はイベントを出来るだけ壮大なものにし、実績を作り上げていきたいとも考えています。具体的には11月企画の1.5倍の来場者が目標です。11月企画は自分たちの資金でなんとかやりくりしていましたが、それも限界に近づき、このままでは今後の高校生との活動を諦めざるを得ません。逆に大きなイベントを実現できれば、市の協力も得られます。より大きなイベントを実現して、実績を上げるために、、、力を貸してください!!


皆さんのまちには活気がありますか??

私たちの地元である長野県千曲市の屋代ははっきりいって活気がなく、廃れてしまっています。そんなまちを盛り上げたいという思いで屋代駅前でライブを行ってきました。現在は同じ志を持った高校生と出会い、一緒にまちおこしイベントを企画しています。11月末には第1回のイベントを企画し、のべ337人の方にご来場いただきました。このイベントをもっと大きく、もっと賑やかに、、、

12月末には第2回のイベントを企画しています。しかし、今のままでは運営資金が足りず実現ができないかもしれません。

まちを盛り上げるためにあなたの力を貸してください!


▼このプロジェクトで実現したいこと

思わず立ち寄りたくなるような音楽ライブの実現とステキなクリスマスの装飾で小さなこどもが行きたいと思うような駅ナカを創出したいです。

最終的には屋代駅がまちの活性化の拠点となるような場所にしていきたいです。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

屋代駅はただの公共交通の基点としかなっていません。通勤、通学する人がただ行き交うだけの建物なんて寂しいと思いませんか??

そんな駅で人が交流しあい、賑わう状況を創り出したいと思ったことがきっかけです。


▼これまでの活動

2018年5月から毎月1回の野外ライブ開催

11月 高校生との共同イベント「HAPPYまちなか音楽LIFE」開催

11月20日 信濃毎日新聞北信版に記事が掲載されました。

▼資金の使い道

会場費 8400円

音響代 28万円

クリスマスの装飾 1万円

雑費(印刷代など) 1600円

今後も同様の運営していきたいと考えているので目標金額を超える応援をいただいた場合は今後の運営費にあてていきたいと思います。




▼リターンについて

リターンの欄をご覧下さい。

▼最後に

ここまでお読みいただきありがとうございます。

このイベントを地元の活性化につなげるためにみなさんご協力よろしくお願いします!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください