Logo 3a7b3934534dac03dc283cd4a393e86703f8b656270c3f0a33410fc6e1678389.png?ixlib=rails 2.1

台風21号の被害を受けた大阪の銭湯を支援しよう。【大阪府公衆浴場組合×東京銭湯】

Cf osaka image 01.jpg?ixlib=rails 2.1
現在の支援総額
770,500円
パトロン数
97人
募集終了まで残り
54日

現在7%/ 目標金額10,000,000円

このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額に関わらず、2019/04/17 23:59までに集まった金額がファンディングされます。

2018年9月に発生した台風21号により、大阪府内にある銭湯の多くが煙突や屋根が壊れるなど大小さまざまな被害を受けたことが分かりました。古くから住民たちの生活を支えてきた銭湯を、今度は私たちが応援する番です。銭湯好きなみなさまの温かいご支援をよろしくお願いいたします。

主催:大阪府公衆浴場組合 / 東京銭湯 - TOKYO SENTO -
パートナー:有志銭湯

多くの家庭にお風呂が普及して久しいこの時代に、あえて銭湯に行くのはなぜでしょうか。

日常に一番近い“非日常”、一日をリセットする場所、自分と向き合う時間、積もる話を解消する機会、地域とのつながり――。

人それぞれ銭湯に足を運ぶ理由があり、銭湯という場は多くの役割を果たしてくれます。


はじめまして。私たちは「東京銭湯 - TOKYO SENTO -」といいます。

私たちの活動は2015年にスタートしました。銭湯Webメディア「東京銭湯 - TOKYO SENTO -」や埼玉県川口市にある「喜楽湯」の運営、銭湯に関連したイベントのプロデュースなど、東京を中心に“入浴を超えた”コミュニティを訴求する活動を行っています。

普段は東京を拠点に活動する私たちですが、昨年9月に発生した台風21号の被害にあった大阪の銭湯を応援するため、大阪府公衆浴場組合のみなさんと一緒にチームを組むことにしました。

活動の目的は主に10代から30代の若年層に、もっと銭湯に興味を持ってもらうこと。それにより業界全体が活性化してほしいという思いがあります。

そんな、私たちの愛する銭湯が今、岐路に立たされています。

「今世紀最大クラス」と呼ばれた台風21号(チェービー)が日本列島を襲ったのは昨年9月のこと。近畿地方を中心に記録的な高潮や暴風となり、大きな爪痕を残しました。

この台風により大阪府内にある約400軒の銭湯のうち、7割が煙突や屋根が壊れたり、窓ガラスが割れたりといった大小さまざまな被害を受けたことが分かりました。現在までに10数軒が休業となり、再開するかどうかの瀬戸際の中にいます。そして、4軒の銭湯はすでに廃業となっている現状です。

昨年6月に最大震度6弱を記録した大阪北部地震では、多くの地域でガスなどのライフラインが止まる中、大阪府内57軒の銭湯が地域の住民たちが無料で入浴できるようにするなどの災害現場支援を行ってきました。

そんな銭湯が、今回の台風により危機に立たされているのです。


私たちに何ができるのか。
大阪の銭湯の被害状況をニュースで知り、これまで検討を重ねてきました。

写真提供:大阪府公衆浴場組合|撮影協力:長瀬温泉(休業中)

今回の被害では、大阪の銭湯は修繕費だけでなく精神的なダメージから廃業するケースもあると聞き、クラウドファンディングを立ち上げることを決めました。

私たちは普段、メディアの運営を通じて銭湯の情報を世の中に発信しています。今回は、このプロジェクトを通じて支援金だけではなく再開を待ち望む銭湯好きの方の声を銭湯経営者に届けることもできるのではないかと考えました。

 全国の銭湯や銭湯ユーザーのみなさまの力をお借りして、地域のコミュニティを支える大阪の銭湯の力になるべく、支援を行いたいと考えております。

支援金の用途・支援先銭湯に関しては、大阪府公衆浴場組合にて調査、株式会社東京銭湯にて選定の上、被害状況の調査完了後に発表させていただきます。

本プロジェクトは大阪の銭湯を一軒でも多く残すための活動であり、支援となります。地域や全国の人からの「廃業してほしくない」という想いを、大阪の被災銭湯にしっかりと届けたいと考えています。


2018年9月に発生した台風21号によって、大阪府でも記録的な暴風雨となりました。その影響で大阪府浴場組合の銭湯、約7割が被災しました。煙突が折れたり、天窓が飛んだりといった被害が広がりました。

修繕費は重く、この台風の影響で廃業するお店も現れました。全国浴場組合から義援金を受けるも、被害状況の重い浴場へ支援が十分にいっているとはなかなかいえない状況です。

そこへ「東京銭湯 - TOKYO SENTO -」様から、被害状況が重く再開したくても資金の面で困っているところへ、重点的に支援を行うクラウドファンディングの提案を受けました。1軒でも大阪府のお風呂屋さんの廃業を止めるため、全国から支援者を通じて支援金を募る活動をご提案いただき、当組合として支援をお願いする運びとなりました。

大阪府でも銭湯の地域における役割はとても重要視されています。長年にわたり地域コミニティーの核としての機能を果たしてきました。銭湯がなかったら困る人のためにも地域の貴重な財産である銭湯を守りたいと願っております。皆さまのご協力を何卒よろしくお願いいたします。

大阪府公衆浴場業生活衛生同業組合 理事
東淀川支部 支部長
大阪市東淀川区「昭和湯」経営 四代目
森川晃夫(もりかわてるお)


支援金は、大阪府公衆浴場組合へ送られます。現在、大阪府公衆浴場組合にて被害状況の調査を行なっています。本調査の結果をもとに、「東京銭湯 - TOKYO SENTO - 」が用途・支援先を選定の上、発表させていただきます。

被害状況の調査に関しても、本プロジェクトページにて随時紹介をいたします。


限定デザインタオルやTシャツなど、オリジナルデザインのリターン品のほか、銭湯ならではの体験型リターンもご用意しております。

<リターン支援企業のご紹介>
株式会社バスクリン 様
リターン品:バスクリン支援プラン 価格:¥5,000
1.お礼のメール /  2.オリジナルステッカー3種 / 3.バスクリン2種各1個ずつ
▶日本のお風呂とともに歩んできた入浴剤ブランド「バスクリン」さまより無償ご提供の支援プラン。

株式会社バスクリンの製品には「バスクリン」以外に「きき湯」や「アーユルタイム」といった製品も扱っており、社内には公認部活動「バスクリン銭湯部」を発足し銭湯を盛り上げる活動も取り組まれています。

※リターン品には「バスクリン」「大人のバスクリン」「バスクリンピュアスキン」「バスクリン 薬湯」「バスクリン くつろぎの宿」の5種類の中から2種類をお送りいたします。
※種類をお選びいただくことはできませんので予めご了承ください。
※発送時期は5月~8月頃を予定しております。


<企業の皆様へ>
本プロジェクトにご参画いただける企業様を募集しております。ご参画等のお問い合わせはこちらまでお知らせください。


本プロジェクトは、有志銭湯でも限定ステッカーの販売を通じて支援をすることができます。参画いただいている有志銭湯をご利用の際に、気軽に参加いただくことができますので、ぜひご利用ください。
※事前に定休日などの確認をしてから銭湯に足をお運びください

価格:1枚 500円(全5種類)

※5種類の内訳:【O】アヒル【S】オケ【A】富士山【K】団扇【A】ドライヤーのデザインがあり、5枚で【O】【S】【A】【K】【A】の文字が揃います。
※500円のうち300円が支援金となります。残り200円は、ステッカーの制作費、運送費、有志銭湯での管理費などの経費となります。

<有志銭湯のご紹介>
▼ステッカー販売/告知協力
▽東京都
<渋谷区>BathHaus、改良湯<台東区>日の出湯、寿湯、萩の湯<墨田区>薬師湯、松の湯、大黒湯(3/4〜)<荒川区>梅の湯、斎藤湯<足立区>タカラ湯<江戸川区>第二寿湯、亀の湯<目黒区>みどり湯、文化浴泉<大田区>入船湯、蒲田温泉(2/2〜)<中野区>江古田湯<杉並区>小杉湯、井草湯<北区>殿上湯、やなぎ湯 東十条<中央区>湊湯<中野区>一の湯<昭島市>富士見湯

▽埼玉県
<河口市>喜楽湯

▽愛知県
<名古屋市>白山温泉(2/12〜)、へいでん温泉(2/12〜)<一宮市>杉戸浴場(2/12〜)

▽大阪府
<住吉区>朝日温泉<東淀川区>昭和湯<池田市>平和温泉<大阪市>湯処あべの橋、戎湯(2/12〜)<此花区>千鳥温泉

▽滋賀県
<大津市>都湯(2/12〜)

▽京都府
<京都市>梅湯(2/12〜)

▽徳島県
<徳島市>昭和湯(2/12〜)

▼告知協力
▽東京都
<渋谷区>LAND Seafood<墨田区>電気湯<足立区>曙湯、大和湯<江戸川区>仁岸湯(2/12〜)<世田谷区>そしがや温泉21<中野区>高砂湯<新宿区>松の湯(下落合)<品川区>金春湯<豊島区>大塚記念湯<町田市>大蔵湯

<銭湯経営者の皆様へ>
本プロジェクトにご参画いただける有志銭湯募集しております。ご参画等のお問い合わせはこちらまでお知らせください。


本プロジェクトは、今日まで私たちの暮らしを支えてくれた大阪の銭湯を応援するためのものです。

施設や設備を立て直すとなると、非常に高額な費用が必要となります。支援金自体が大きな援助にはならなくとも、地域や全国の人からの再開を待ち望む声を銭湯経営者に届けることで、大阪の被災銭湯を勇気づけられればと思います。

銭湯が大好きな方も、大阪が大好きな方も、本プロジェクトをたまたま目にしてくださった方も、日本文化の資産でもある"銭湯"を一つでも多く残すために、ご支援のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください