原水爆禁止署名運動発祥の地の杉並で、原爆の図 第10部『署名』の展示を中心に、当時の署名運動に立ち上がった人びとに学ぶイベント行い、杉並区含む多くの自治体の平和都市宣言でも目指されている「核兵器のなくなる日」が一日も早く実現するよう歩み始めたい。

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

みなさま、はじめまして。わたしたちは、杉並区から始まった原水爆禁止運動を描いた『署名』を杉並区で初展示しようと、市民主体の実行委員会を立ち上げ準備しています。2018年12月現在、約30名の区民と11の市民団体で構成されています。

オリジナル木版画《核なき世界へ》

▼このプロジェクトについて

1954年、第五福竜丸の被爆と放射能汚染マグロに直面し、杉並の魚屋さんの呼びかけで始まった原水爆禁止の署名運動は全国に広がりました。その署名に参加した人々の決意と願いを丸木位里・俊は原爆の図第10部『署名』に描きました。この作品は日本をはじめ世界各地で巡回されましたが、これまで杉並区内では展示されたことがありませんでした。

原爆の図第10部《署名》第五福竜丸事件を描いた原爆の図第9部『焼津』と原爆の図第10部『署名』のオリジナル作品(屏風四曲一双 縦1.8m×横7.2m)、原水禁署名運動や杉並の平和活動に関する作品・資料などを、2019年3月4日~9日にセシオン杉並展示室で展示出来ることが決まりました。3月9日には、2017年のノーベル平和賞を受賞したICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)国際運営委員の川崎哲さんによる講演会も計画しています。

原爆の図第9部《焼津》

▼これまでの活動

2018年5月に丸木位里・俊夫妻と原爆の図を知るために、埼玉の「原爆の図 丸木美術館」見学会を行いました。2018年12月には、本イベントに向けて、第五福竜丸展示館学芸員 市田真理さんと署名運動を始めた魚屋さんの息女竹内ひで子さんの講演会を行い、第五福竜丸事件や原水爆禁止署名運動に関する学びの場を作りました。

▼資金の使い道

オーロラの碑このイベントは杉並区平和都市宣言30周年事業として、杉並区との共催で開催いたします。展示および講演会場費については杉並区の協力を得られましたが、その他の必要経費、特に予算額の半分にあたる、《署名》《焼津》二点の原爆の図の貸出料と運送費を実行委員会で用意する必要があります。皆様よりご支援いただいた資金は原爆の図の展示経費に使用させていただきます。
※このクラウドファンディングに杉並区は関与しておりません。

▼リターンについて

丸木美術館のオリジナルグッズや実行委員会で制作する木版画をご用意いたしますしております。

▼最後に

杉並から日本全国、そして世界に広がった原水爆禁止運動は、今、核兵器禁止条約制定・ノーベル平和賞受賞として実を結んでいます。原爆の図第10部『署名』の展示とともに、当時の署名運動に立ち上がった市民に学ぶイベントをみなさまと一緒に作り、多くの自治体の平和都市宣言で目指されている「核兵器のなくなる日」が一日も早く実現するよう歩み始めませんか。

広島平和記念公園

  • 51ru97cjczl.jpg?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    原水禁署名運動の誕生

    2019/01/20 16:03

    杉並の原水爆禁止署名運動をテーマにした『原水禁署名運動の誕生――東京・杉並の住民パワーと水脈』が2011年12月に出版されました。著者は杉並在住の教育者丸浜江里子さん。杉並における戦前の町内会や消費者組合から、原水爆禁止署名運動まで、市民活動の流れを詳細に掘り起こした名著です。その表紙には今回...

  • Img 5705.jpg?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    「バンビぶんこ」で絵本をお借りしました

    2019/01/19 23:00

    1月16日(水)、本プロジェクトの期間中展示する「平和をテーマにした絵本」をお借りするため、杉並区高井戸東の「バンビぶんこ」に行ってきました。子ども連れで来られた保護者の方たちが『署名』やその他の資料をご覧になっている間、子どもたちが絵本を見て過ごせたら、と企画しました。もちろん、保護者の方と...

  • 東京新聞2
    活動報告

    核廃絶運動の絵、ゆかりの杉並へ 原水爆禁止署名描いた「原爆の図」3月初展示

    2019/01/17 11:21

    1月11日の東京新聞夕刊に、『署名』を展示する杉並区民の会の実行委員でもある、原水禁署名運動を始めた魚屋さんの娘、竹内ひで子さんのインタビューとともに、3月のイベント「原爆の図第10部《署名》を見よう」紹介も掲載されました。 東京新聞のホームページにも掲載されていますので、ぜひご一読ください。...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください