24歳、夢へ。神戸のカフェで6年働き遂に独立!地元熊野のライフスタイルをギュッと凝縮したカフェとゲストハウス開業へ走り出し、たった5ヶ月で10回カフェイベント主催?!100人超に想いを届けた"ほくちゃん"の新たな挑戦はスパイスカレーとチャイの本場インドへ独りで1ヶ月修行する不安と心配のプロジェクト。

プロジェクト本文







ここは、とある通り。


いつかの、どこか。


いま、あなたは友人と、とある通りを歩いています。







「あれ?こんなところにカフェあったっけ。。。カレーとチャイのお店?」


「ちょっと時間があるから寄ってみようよ。」





がちゃりっからんっ



















「うわぁっ、なかはこんな風になっていたんだ。」


「おちついたJAZZもなんか、いいね。」


「そうだね。それにいい香りも、する。」


「ねえ、あそこに座ろうよ。」


「うむ。」









「いらっしゃいませ。こちらがメニューです。」


「おすすめはなんですか。」


「あなたのいまの気分でお決めください。」


「わかりました。じゃあ〜このカレーとチャイで。」


「わたしは、これとこれで。」




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー









 








「いい香りが、するね。」



















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー







「おまたせしました。ご注文の品をお持ちしました。」











「うわぁ〜っおいしそう。」


「さめないうちにどうぞ。」






「 「 いただきます 」 」





ぱくりっ



























はじめまして、北東桃子です。ほくとうももことよみます。


現在24歳で、神戸のカフェでつとめながら大阪でカフェイベントを主催しています。


そのときのようすはこちら。



一回「カフェとJAZZ」(2018.09)





第二回「カレーとチャイとJAZZ」(2018.11)




第三回「スパイスカレーと未来レター」(2018.12予定)







私には人生を通して成し遂げたい夢があります。それは





人々の感動を生むような空間を作ることです。





具体的に言うと


ごはんが美味しい。とか。


空間がいい。雰囲気がいい。とか。


接客がいい。とか。


おもしろい人に出会えた。とか。


落ちつきたい。とか。


刺激もらった。とか。


影響を受けた。とか。


かばん置きたいなって思ったら、いつのまにか足元にカゴが置いてあった。みたいな空間。


主張しているようで主張しない空間。


その人がしたいことや感じたいことを後押しするような空間。


そんな空間をつくりたいです。



なぜそう考えたのか、私のこれからする活動を皆さんに知ってもらう意味も含めて、ちょっと過去の話をさせてください。




地元は電線の通ってない電車が走っていて、2時間に1本しか走っていませんでした。





熊野は海と山に囲まれている町なので、アウトドアが盛んです。




小さい頃の遊びは、みんなで熊野古道探検しにいったりやボードで川を下ったり、ボルダリングにさきがけて外の岩を登っていたりしました。


そんな田舎娘なんですが、幼稚園児の頃からずっと変わらずケーキを作る職人になる夢がありました。






高校卒業後、お菓子の専門学校に入学しました。


2年間おかし作りを学び、調理師免許をふくんだ製菓衛生師の国家資格をとりました。


6年間、カフェの町神戸で、パティシエ業務は勿論、ホール、調理キッチン、店長業務、様々な経験を積んできました。






私がまだ新卒の頃、初めて正社員としてカフェに勤めた時の話です。まだ仕事の仕方がわからなく、仕事の効率性、上司との接し方全然出来ていくて、日々怒られる毎日でした。


1日13 時間労働でかつ、とても繁盛していたお店だったので仕事量も多く、だんだん精神的に追いやられていきました。


大好きで入ったはずのカフェがいつのまにか、ホールに立った瞬間怒られる恐怖で涙が溢れるようになりました。



結果的に、2度勤めていたカフェを辞めることとなりました。


小さい頃から自分で作ったお菓子を親や友達にあげて、「美味しいね」そう言って貰える事が何よりもの喜びでした。


カフェに入った理由も自分が作ったお菓子が商品として売られ間近でお客さんの「美味しいね」が聞けるからでした。


でも、その頃は日々怒られないように仕事をしていたので、その感情は全くなくなっていて、カフェが嫌いになっていました。



そんなある時に、私に価値観を与えてくれた、とある場所に出会いました。


とある場所とは、たまたま連れて行ってもらったカフェ、カンテグランデです。


カンテグランデは何もかもが衝撃的で特別な場所でした。


*カンテグランデって?



カンテグランデはカレーとチャイが有名な大阪中津を中心に40年続くお店です。


ウルフルズのトータス松本さんがカンテグランデのカレーとチャイに衝撃を受けて、その場で働くことを決めたことでも知られています。



*チャイの魅力



私自身も初めてチャイを飲み衝撃を受けその日からチャイの虜になりました。


カンテグランデのチャイは、ミルクでたっぷりと煮出しているため、茶葉の味が濃いのが特徴です。


そして、シナモン、ジンジャー、アニス、カルダモンと様々なスパイスを選んで上からかけるのも魅力のひとつです。




「自分の思っていた理想のカフェだ!」


その日から、チャイの衝撃とカンテグランデの世界観の余韻に浸りました。


私もカンテグランデのような人に何かを与えられる空間を作りたいそう思うようになりました。



そして、2018年に1回目は9月、2回目は11月にゼロから作り上げたカフェイベントを主催しました。


1回目、2回目合わせて約40人の方が来て頂き、その時に自分の納得いくカレーとチャイを提供しました。


来て頂いたお客さんに「カレーとチャイ美味しい」「雰囲気とても良かった」そう言って貰えた時は、やっと自分の夢への一歩が踏み出せたなと感じました。





そんな中、わたしには大きな目標ができました。




地元熊野にゲストハウスとカフェのある場をつくります。




生まれ育った熊野に恩返ししたい。


支えてくれたみんなにありがとうって言いたい。


ずっと見て育ってきた熊野をまるごとが


熊野をでてから得たたくさんの大好きなものをいっぱいが


ぎゅうっとつまった空間。


そんな場をつくりたいです。




その夢への道として、今挑戦したい事があります。


それは、カレーとチャイの本場であるインドに行き、インドの土地、インドの方が作るカレーとチャイを学び、日本へ持って帰るということです。


そして、私がカンテグランデで価値観を貰ったように、私も何か与えれるような存在になりたいです。






・本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

・今回のクラウドファンディングは、購入型です。いろんな人にあわせたリターンをご用意いたしました。

 旅のお餞別と思っていただけると幸いです。



*追加*2月2日にカレーイベントやります!




ここまで、お読みいただきありがとうございました。

今回インドへ1ヶ月間滞在するに辺り、初めは周りのみんなに止められました。


「インドは治安が悪い!女の人が独りで行くところじゃない」

「1ヶ月間なんて、無謀だ」


と。


危険だということはわかっています。

でも、スパイス、チャイの本場はインドで、インドでしか学べないものが沢山あるんです。

文化もインドに住む人の生活も、きっと全てが日本に無いもので新鮮に違いないんです。

今まで私が経験してきたことは全て初めての挑戦から得てきたものでした。


なので、今回インドに行くという初めての経験で沢山、学ぶことがあると思います。


「チャイが好き」

「カレーが好き」


そして

大きな挑戦と覚悟をもってインド修行に挑んでいきたい

そして

インドから帰ってみんなに「こんな素敵な経験、学びがあったよ!」

と伝えたいんです。


私の想いがたくさんの人に届いてくれますように。

北東桃子


応援


*地元熊野の新聞に私の活動が掲載されました!


*「どーせ無理」を無くするために、宇宙開発をしている植松努さんに応援して頂きました!

「この人はこれからすごいのびるから。だから、彼女がいろんな経験を助ければきっといいことが起こるから。応援しているよ。」


植松努さん

1989年北見工業大学工学部応用機械工学科卒業。1989年菱友計算に入社。1994年同社退社し、植松電機に入社。1999年同社専務取締役。2005年人間力大賞グランプリを受賞。2006年カムイスペースワークスを設立し、代表取締役社長に就任。2016年植松電機代表取締役社長に就任。この他に、NPO法人北海道宇宙科学技術創成センター理事も兼職。

  • ・『NASAより宇宙に近い町工場 僕らのロケットが飛んだ』ディスカヴァー・トゥエンティワン 2009年初版/2015年新書版
  • ・『きみならできる 「夢」は僕らのロケットエンジン』現代書林 2009年
  • ・『空想教室 好奇心を天職に変える』サンクチュアリ出版 2015年
  • ・『思うは招く 自分たちの力で最高のロケットを作る』宝島社 2016
  • ・『どうせ無理と思っている君へ 本当の自分の増やしかた』PHP研究所 2017年
  • ・『あきらめない練習 何をやっても続かない自分を変える』大和書房 2017年
  • 植松努「思うは招く」 - 2014/07/13 20分45秒 TEDxSapporo


起案者情報


【代表者】北東 桃子

【LINE@】line://ti/p/@anc4622t

【facebook】https://www.facebook.com/profile.php?id=100010756022023

 

【Special Thanks】

ゆいかちゃん やまださん 北東家

野澤友希(ROUGH LABO店長)

さきちゃん・みきてぃ・そっちー・こっとん(予祝会)

凛ちゃん

(写真提供)cante grande・maruku cafe・ren


更新情報


*YOUTUBE

「簡単チャイの作り方♪」


*NOTE

「お砂糖の話。」

「私のオススメするスパイス店」

「チャイに向いてる茶葉を探す」

  • 活動報告

    2月2日カレーと、チャイとJAZZ

    2019/02/04 23:57

    2月2日お馴染みの「ROUGH LABO」さんの所で、いつものメンバー、INTO ANOTHER ORBITさんと共に、1夜限りの生演奏JAZZカフェを開きました。今回は3回目のんですが、なんと19名の方が来て下さいました。いつもの場所、お世話になっている信頼のある方々と、私が1番作りたい空間...

  • 活動報告

    1月19日インドイベント

    2019/01/20 13:00

    昨日は、35か国旅をさてた事のある、旅人山本隆造さんとのコラボイベントでした!‼スパイスカレー、チャイを振る舞ったのち、隆造さんの実体験を元にインド講座現地で使える勧誘の撃退方法、面白エピソード、写真混じれてのインドの話🇮そして、意外にも好評だったヘナタトゥー!!ヘナタトゥーは1週間消えない&...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください