このプロジェクトは、堀江貴文さんの書籍『多動力』を舞台化した【舞台 多動力】 “アリス・イン・ブラックカンパニー”をお届けするコンテンツです。六本木を10,000人でジャックする!《ホリエモン万博2019》という都市複合型エンタメフェスに参画します。

プロジェクト本文

▼ ホリエモン著書『多動力』を舞台化します!

 初めまして!株式会社 演劇2.0です(*^^*)

たくさんのプロジェクトの中からご覧頂き、ありがとうございます♪

このプロジェクトは、ホリエモンこと、堀江貴文さんの書籍『多動力を舞台化した【舞台 多動力】 “アリス・イン・ブラックカンパニー”という舞台をお届けするコンテンツです。


舞台の原作である多動力は、ホリエモンこと、堀江貴文さんのベストセラーになったビジネス書です。

「『多動力』ってビジネス書なのに、どんな舞台になるの?」って、気になりませんか?


こちら、ビジネス書をそのまま表現するのではなく、皆さんもよくご存知の「不思議の国のアリス」の世界観で脚本を一から作り上げました!

副題はその名も「アリス・イン・ブラックカンパニー」


堀江さんの『多動力』をベースに、より舞台の物語として面白くなるように、真逆のファンタジーで「多動力」を表現しています(*^^*)♪


★ 多動力 ×   不思議の国のアリス ★
★ ビジネス書 ×   ファンタジー ★

こんな組み合わせの舞台、見たことありますか?想像つきますか?
さらに!

★ ライブハウス  ✕ デジタル映像 ★


従来の「演劇ってこういう形だろう」という固定概念を取っぱらい、新しい表現スタイルで不思議の国のアリスの世界観を演出します!

演劇経験10ヶ月だからできる、固定概念にとらわれない挑戦し続けるスタイル

「今、最高のパフォーマンスとは何か」にこだわった舞台を表現します。


多動力な私達が「多動力」を通して伝えたいメッセージ、

「変わる勇気」「なりたい自分になるための行動」「固定概念に負けるな」


…他にもいっぱいありますが、皆さんの中に隠れている想いや蓋をした想いを実現する、一歩踏み出す勇気が持てるような舞台を作ります。


▼ 多動力とは

あらゆるモノがインターネットにつながることによって出現したのは、全業界のタテの壁が溶けてなくなった、フラットに開かれた社会だ。このかつてない時代では、業界の壁を軽やかに飛び越える「越境者」にこそ、チャンスがあるという。

堀江氏は、「1つの仕事をコツコツとやる時代は終わった」と断言する。これまではネガティブにとらえられていた「多動力」こそ、未来の日本人に必須のスキルとなるのだ。

- 東洋経済オンラインより引用 -


▼ あらすじ

ーーヒロインのアリスは、大手出版会社に勤めていた。そこで彼女の指導にあたる先輩は、とても変わった先輩だった。基本的には何も教えない。背中で語るというやつかと思えば、彼女の背中を見ているだけでは仕事は何も覚えられない。

ただその背中を見ていて分かるのは、すべてを全力で楽しんでいるということ。アリスはそんな先輩に憧れながらも、自分がそんな風に全力で楽しめる日がくるのか、そんな想いを抱き始めていた…。ーー

舞台となるのは、とあるブラック企業の老舗のおもちゃ会社。アリスは営業部の白うさぎと出会い、ずっと昔から憧れていたその会社へ転職することを決意する。そのおもちゃ会社の社員は、みんな個性的な「不思議の国のアリス」のキャラクターたち。

でも、普段私たちの周りにいそうな上司、部下、同僚、後輩…と身近さも感じる人たち。ワンマンでオネエのハート社長が、この個性的で手強い社員たちを率いる 。「なんなのこの会社は!?」入社早々こう呟きたくなるようなバラバラな組織。それが新入社員アリスによって変わっていく…!?


▷脚本

完全オリジナルで書き下ろし。しかも設定は、“ブラック企業の改革”、“脱社畜”というファンタジーとは程遠いストーリー。
“多動力“を「不思議の国のアリス」のキャラクターで表現するという、難しい作品でありながら、笑いと感動が散りばめられているハートフルな作品です。

何か行動したい、変わりたいと思いながら、自信や勇気がなくて動けない、変われない人必見の舞台です♪

▷衣装

キャラクターに合わせてオリジナルで、プロの大手アパレルメーカー勤務のデザイナーが「本当は、舞台の衣装を作りたかったんだ」と長年諦めていた夢に再度挑戦し素晴らしいクリエイティブさで今回の衣装を作り込んでいます♪

▷デジタル映像

背景には、デジタル映像も用いますが、この映像クリエイターもまた『日常の映像の仕事以外にも、アートな映像に関わりたかった』と新しいチャレンジの世界に飛び込み、ふしぎの国のアリスの世界観を作り込んでいます♪

この、「新しい挑戦だけど、長年社会で積み上げてきた経験は活かしまくれるんだ!」という、大人の本気が詰まったビジネスファンタジー多動力”、見ものです!


▼ 裏方さん 超プロが勢揃い

演出家・舞台監督・照明さん・音響さん・相談役は、この道何十年もの大ベテランの方々です。普段、生業としている方たちで、数十年も活躍している方もいます。そんな方々が私たち演劇入門者を応援し、力を貸してくださっているのです。

私たちの可能性にかけてくださる理由は、手前味噌ですが「熱意・先見の明・行動力・実現力」だと思います。

今回の舞台の先にある価値と私たちがこの舞台にかける情熱に賛同し、演劇界のプロの方々がご協力くださっております。

デジタル演出も駆使して、あらゆる角度から楽しんで頂ける要素も盛り込んでいます♪

観に来たお客様にご満足頂けるようなクオリティで、最高のエンタメをお届けします!

お楽しみに!!!


▷そんな裏方様

■舞台監督
有限会社パーツスタジオ    代表 比嘉正哉
 https://8card.net/p/39570529422
■相談・協力
劇団め組 ヨギプロダクション    代表 与儀英一
http://www.yogipro.co.jp/
■演出
合同会社MiraCred 楓
Twitter  @kaede9_13
■脚本
岡村雅宏
■デジタル映像
石田祐規
■衣装
中川大地
■メイク
横山桂子


▷2.5次元産みの親、片岡義朗さん、チョイ役で役者デビュー決定!!

この方も、私たちを応援してくださっている一人。アニメプロデューサーとして、アニメ界を牽引!さらに、テニミュなど2.5次元舞台のヒットを作られた片岡さんが、『舞台 多動力』にて人生初の役者デビュー!どんな役で登場するかはお楽しみに♪

【略歴】
■アニメプロデューサーとしての主な作品「タッチ」「HUNTER×HUNTER」「遊戯王デュエルモンスターズ」「るろうに剣心」など他多数
■アニメ漫画起源のミュージカルを、日本で初めて先駆けてプロデュース!「日本2.5次元ミュージカル協会」設立の発起人。主な作品は「テニスの王子様」「HUNTER×HUNTER」「聖闘士星矢」など他多数。
■ドワンゴ執行役員の当時は「美少女戦士セーラームーン」の再ミュージカル化を手がける。


▼ 公演情報詳細

◆3回公演開催
2019年2月2日(土)

①15:00〜 

2019年2月3日(日)

②13:00〜 ③18:00〜
※開場:30分前/公演時間:2時間程度

※VIPチケットの方は必ず30分前にお越しください。

※チケット代以外に、ワンドリンク代が別途必要となります。

●公演場所
代アニLIVEBASE西麻布 B2F(ホームページ
東京都港区西麻布1-10-11 セソーラス西麻布 B2

MAP
会場マップ


▼ チケット入手&ご支援の流れ

まずはCAMPFIREへの登録が必要です。
右側「ログイン」をクリック


「新規会員登録はこちら」をクリック(登録無料)


メールアドレスを入力→「確認メールを送信」をクリック
    or
   Facebook や Twitterを利用して新規登録→⑤へ


CAMPFIREから送られてきたメール内の「メールアドレスを保証する」をクリック

※メールが届かない場合は、迷惑メールをご確認いただき【support@camp-fire.jp】からのメール受信を許可してください。


「プロジェクトを探す」から再度、”舞台多動力”を検索


「このリターンを選択する」をクリック
ご希望のリターンをお選びください。
舞台チケットが含まれていないリターンもあるので、ご注意ください。


支援金額を入力

チケットの基本的な代金は3,500円です。
そちらに、お気持ちを上乗せしてご支援もいただけます♪


お支払い方法の選択&入力

クレジットカード払い/コンビニ払い/後払い/銀行振込/キャリア決済※1月26日18:00以降はクレジットカード払いとキャリア決済のみとなりますので、ご注意ください。

これで申し込み完了!!


▼最後に…(株)演劇2.0について

私たちは、「すべての人に演じる感動体験を!!」をモットーに、”演じるコト”をみなさんに楽しんでもらえるよう「演劇をもっとラフにする!」そのために、新しい演劇の形をエンタメとして届ける活動をするべく、イノベーションを行っています。

キャッチコピーは「カラオケよりエンゲキ」

演劇に新しい価値を生む取り組みをしているのです。
その第一弾が今回の舞台。

〜 プロジェクト第一弾 〜
舞台「多動力」アリス・イン・ブラックカンパニー

そもそも2018年2月までは、私たちも演じることに関して未経験者でした。しかし、縁あって5ヶ月後の2018年7月に初公演を行い、すっかり演劇の世界にハマったのです!

そこで、その興奮冷めやらぬ中、終わってすぐに「舞台」をやることだけを決め、堀江貴文さんのオンラインサロンで発表したところ、堀江さんに「多動力を舞台でやってよ」と言って頂き、「私たちが「多動力」のメッセージで人を勇気づけられるなら、なんて最高だろう」と思い、今回の舞台が誕生しました。

さらに、その流れで、堀江さんに直接背中を押して頂き、9月の会社設立にまで至ります。演劇2.0の活動として、舞台を0から作るプロジェクトの挑戦は、“見切り発車は成功のもと”の「多動力」をまさに体現したものなのです。

私たちは、大げさではなく“エンゲキ”に関わることで、人生がより豊かになる人を増やせると確信しています。


▼もっと知りたいという方はSNSをチェックしてくださいね♪

●Facebook
https://www.facebook.com/engeki2.0/

●Twitter
https://twitter.com/engeki2_0

●Instagram
https://www.instagram.com/engeki2.0/



▼資金の使い道

■金額が満たない場合

万が一クラウドファンディングの資金が目標金額に達しなくても,公演に必要な経費は劇団で負担をして,公演は必ず実施いたします。

■金額が上回った場合

一般的な舞台のほとんどは、制作者が経費を負担しながらつくっています。赤字になった場合は主催者やキャストが補填します。それに対してギャラはほとんど払えていない世界。ご支援が大幅に上回り、経費がすべてまかなわれた場合は、各パフォーマーや関係者のギャランティー、今後の演劇2.0の活動費とさせていただきます。


ぜひぜひ私たちの舞台を観に来てください!!
応援、よろしくお願いいたします!!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください