愛知県愛西市の薬局で【地域密着型の薬局】をテーマに開業して、今年の7月で10年目を迎えます。2018年より私に経営者が変わり、より気軽に立ち寄って対話や相談のできるお店を作っていきます。

プロジェクト本文

▼地域密着型の調剤薬局です。


はじめまして、愛知県で薬局を営んでおります、
まちかた調剤薬局の大曽根健矢と申します。
数あるプロジェクトの中からこのページを見て頂いて、ありがとうございます。

まちかた調剤薬局は平成21年に営業を開始いたしました。
そこから9年以上地域の皆様に支えられて今年の7月で10年を迎えることができます。

↑いつもこちらで多くの患者様とお話ししております。


【まちかた調剤薬局について】
所在地 :愛知県愛西市町方町三角110-2
アクセス:藤波駅より車で5分 (名古屋駅~藤波駅:約25分)

*お店の周りは田んぼや山も近くに見えて、のどかな場所にあります!

▼プロジェクトをやろうと思ったキッカケ

みなさまは薬局やコンビニなど、どのようにお店を選ばれていますか?
現在、薬局はコンビニよりも多く存在しています。
                                     
自宅から近いから病院の近くだから混んでいないから・・・など、

様々な理由で選ばれているかと思います。
現在ではインターネットやSNSにて様々なことが検索・知識の共有が可能となり、
ある程度の質や情報はどのお店に行っても変わらなくなってきているなと感じています。

もし取り揃えている商品や価格があまり変わりがないのであれば、

誰かわからない人の所へ行くよりも自分の事を色々わかってくれていて
世間話や困ったときに親身に話を聞いてくれるところがいい。


薬局に関しても、、、


"ただ単に説明をされて、薬を渡される" から

"あのお店にはあの人がいるから行ってみよう!"


・・・そのような理由でお店を決めることも選択肢のひとつなのでは?
・・・このようなお店が周りにあったら最高なんじゃないかな?

このような思いを抱き、
現在のお店を10年目という節目に生まれ変わらせたい!!
と思ったのがきっかけです。

▼このプロジェクトで実現したいこと

・座ってゆっくり話せる場所を増設
→もっと一人一人と話せる時間を設けて、折角来ていただいた方の時間を、
無駄にしないようにしたい。

・市販薬や健康食品の買い方や相談、病気についてなど医師に聞きづらいこと、
世間話など様々なことを話せれるよう薬剤師の増員

*今後、地域の方だけではなく、今回のプロジェクト等で興味持たれた方など、
Face bookなどのSNSやアプリを用いての相談の場を設けていけたらと考えております。

▼資金の具体的な使い道

・対話スペース増設するため、机や椅子などの購入費

・薬剤師を増員するため、求人サイトへの掲載・仲介手数料など諸経費
(より相談できる機会を設けるため、薬剤師を増やしたいと考えております)

*プロジェクトに関しましては、目標金額に関わらず実行致します。

自己紹介


OneKey株式会社 代表取締役 大曽根健矢
愛知県出身。

~経歴~
城西国際大学 薬学部医療薬学科 卒業 (薬剤師免許取得)

Bayer薬品株式会社にてMR(医薬情報担当者)として勤務

埼玉県の個人経営 一正堂薬局第二支店にて勤務

2018年に地元愛知県に戻り、まちかた調剤薬局を引き継ぎ、
代表者兼薬剤師として勤務し現在に至ります。

▼リターンについて

リターンをいくつかご用意しております。

ご支援者様のお名前掲載場所

*リターンにございます、お薬の相談に関しまして
法令に基づく医療、診療行為ではございません。
効果には個人差がございますことを予めご了承ください。
また、あくまで薬剤師としてのカウンセリングであり、
処方を強要するものではございません。

▼最後に

"あそこの薬局はいろいろと話を聞いてくれる"
"ついつい余計なことまで話してしまう"

そんなおしゃべりで気さくな薬局があってもいいのかなって思います。

10年目という節目を迎え、改めて地元の方に寄り添い、
気軽に立ち寄って相談できるお店にしていけたらなと思います。


”最後までお読みいただきありがとうございました”

まちかた調剤 大曽根健矢

  • 活動報告

    活動経過報告

    2019/05/13 11:26

    プロジェクトが終了し、実際の活動に使用した内容・費用をご報告致します。薬剤師求人料:マイナビ広告・コンサル料:33万、新聞広告  :4万地域情報誌 :4万相談用 机・椅子購入代:2万計:43万数多くの閲覧及びご支援をいただきましてありがとうございました。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください