プロジェクト本文

『楽しいホームレス生活~10キロ太って、嫁もろた~』
という題名の本を出す為のプロジェクト。

▼ホームレスだけど、本を出したい!

1

どうも!ホームレス小谷です。

現在僕は、SNSホームレスという肩書きで活動しています。
本当に僕には家がありません。
日々の生活は「SNS」と呼ばれるTwitter、Facebook、LINEで
人と繋がり、ホームレスになってから10キロも太り、Twitterで知り合ったフォロワーのもんちゃんと結婚までしました!

どんなに、どん底でも考え方一つで状況を楽しむ事ができる
という事を体現してきた僕はホームレスになってからの生活や考え方を
本にしたいと思い、このクラウドファンディングを始めようと考えました。

僕はホームレスです。1円もお金がありません。
本を出す為に、皆さん支援をお願いいたします!!!

▼本を出すに至った経緯

2

2013年の4月に10年芸人として活動していた大阪から上京し
キングコング西野さんの家に居候させてもらう事になりました。

しかし、2ヶ月家賃を滞納してしまい『ホームレス』になったのです。
西野さんからは

「このまま普通の芸人として活動するより、路上生活をSNSでリアルタイムでお届けする
『SNSホームレス』として活動した方が絶対に未来がある」

と言われ、嫌々ながらもホームレス生活を開始しました。
最初は本当に嫌だったホームレス生活も過ごしていく中でドンドン楽しくなり
今までの人生が詰まらなく感じてしまうほどに、最高の人生を過ごしだしたのです。

今、僕がこうして楽しく幸せな日々を過ごせているもの
嫁のもんちゃんを始めとする沢山の方が僕の事を助けてくれているからです。

SNSで繋がった色々な方と実際にお会いした際に悩みや、生きていく事に疲れてしまったという相談を聞く機会が増えました。
落ち込んでいる人の話を聞き、悩みに触れる中で僕の『生き方の価値観』を伝えると
「元気になった!」と笑顔になってくれる人が増えたのです。

僕はどん底にいながらも、考え方一つで今の状況を楽しむ事を覚え
その楽しみ方を沢山の人と共有すれば笑顔の人が増えるんではないかと思った時に
僕の価値観や体現してきた事実を知ってもらう事が1番だと考え本を作りたい!と強く思いました。

ただ、僕には「文才」がありません。
現にこの文章も僕以外の人が僕の話を聞いてまとめてくれています。

そこで、今回の本は僕がホームレスになるキッカケを作ってくれ
ホームレスになってからの事を見守って来たキングコング西野亮廣さんに書いてもらおうと決め
「お願いします!」と頼み込んだところ、快く『いいよー!』と返事を頂きました!ありがとうございます!!!

☆ホームレスになって実現してきた事

8

・BASEにてネットショップ開設(自分の1日を50円で売り始める)
・フォロワーもんちゃんと結婚
・クラウドファンディングで結婚式費用を150万円以上を集める
・フィリピンで支援活動の一環として被災地の小学校でお祭り「フィリピンジャパン」を開催
・TBS「オトナの!」にて生きる現代アートとしてホームレス小谷が紹介される
・今年12月26日に音楽フェス天才万博を主催し開催予定

写真9

ホームレスになってからの1年で僕が実現してきた事は
10年間の芸人生活の中で1度も実現することの出来なかった事でした。
正直に言います、僕はホームレスになってからの方が圧倒的に楽しく幸せな人生を送っています。

ホームレスは人生のどん底だ!!

と考える人は多いと思いますが僕は、そのどん底を最大限に利用して
人生を楽しみ「俺の人生最高ー!」と大声で言える僕の考え方や価値観をぜひ知って欲しいです!
是非こんな僕に本を出させて下さい!!

▼必要な資金

本を500冊印刷するのに必要なお金を集めたいと思います。
印刷代+諸経費で50万円必要です。

50万円以上の資金が集まった場合や
売り上げなどその後のお金の流れも全て明確に致しますので支援をお願い致します!

▼リターンについて

4

500円
巻末に入れるクレジットの「special thanks」に名前表記

2000円
巻末に入れるクレジットの「special thanks」に名前表記+完成した書籍にサインを入れてお送りします。

10000円
巻末に入れるクレジットの「special thanks」に名前表記+
完成した書籍にサインを入れて手渡しでお届けし、そのまま1日働きます。
※僕の交通費・食費もこの金額に含まれています。日時や場所はご相談ください(基本的には国内。離島や海外については別途ご相談):有効期限2015年1月から半年間

5

20000円
完成した書籍にサインを入れて手渡しでお届けし、そのまま1日働きます+
背表紙に名前を載せる。「大きさ2cm」(縦2cm×横12cm)
※僕の交通費・食費もこの金額に含まれています。日時や場所はご相談ください(基本的には国内。離島や海外については別途ご相談):有効期限2015年1月から半年間

6

30000円
完成した書籍にサインを入れて手渡しでお届けし、そのまま1日働きます+
背表紙に名前を載せる。「大きさ3cm」(縦3cm×横18cm)
※僕の交通費・食費もこの金額に含まれています。日時や場所はご相談ください(基本的には国内。離島や海外については別途ご相談):有効期限2015年1月から半年間

7

50000円
完成した書籍にサインを入れて手渡しでお届けし、そのまま1日働きます+
背表紙に名前を載せる。「大きさ4cm」(縦4cm×横24cm)
※僕の交通費・食費もこの金額に含まれています。日時や場所はご相談ください(基本的には国内。離島や海外については別途ご相談):有効期限2015年1月から半年間

▼最後に…

西野さんが書いてくださった本の入り口です。この感じで物語を綴っていただきます。

++++++++++++
僕がホームレスになった日

僕は、キングコング西野さんの家に居候させてもらっていた。
大阪で芸人を10年続けたが、てんで売れず、ラストチャンスで東京に来て、西野さんの家に転がり込んだ。
実は西野さんは「昔からお世話になっている先輩」というわけではなく、東京進出前に僕が勝手に西野さんの独演会(一人のトークライブ)を観に行って、ワガママを言って打ち上げに参加させてもらい、「東京に進出しようと思うんですけど、住む場所がなくて…」と相談したところ、「じゃあ、来週から俺の家に住む?」と、その場で居候が決定した。
周りにいた芸人は「小谷みたいなクソ人間を住ませちゃダメですよ!」「こんな奴にラクさせちゃダメっすよ!」と西野さんの説得にかかったが、当人は「ギャハハ」と笑ってばかり。
「なんて大きな人なんだろう」と思ったが、後から聞いたら「お前みたいなクソ人間が家にいたら、話のネタに困らなさそうやん」とバッサリ。
そうだった。この人はいつだって自分のことばかり考えている、鬼ナルシストだった。

「家賃4万」という条件で西野さんの家の大きな部屋を一ついただいた。
西野さんは作業部屋からほとんど出て来ないから、僕はむちゃくちゃ広いリビングと、むちゃくちゃ広いバルコニーも我がものとし、「むっちゃラッキーや~ん」と東京ライフを謳歌した。
しかし、最初の月に家賃滞納。
怒られはしなかったが、「お金で関係が壊れるほど悲しいことはないから、そこだけはキチンとしな。次、滞納したら追い出すね」と軽く釘を刺された翌月、再び滞納してしまった。自分でも信じられない。
家賃を支払う前々日にとても可愛い女の子と知り合ってしまい、そのまま呑みに行ってお金を使ってしまったのだ。僕はそういう男だ。

頭を丸めて、玄関で土下座を決め込み、西野さんの帰りを待った。
帰宅した西野さんに僕はひたすら謝った。2ヶ月連続で家賃を滞納してしまったこと、西野さんを裏切ってしまったこと。
西野さんは、ほんの5、6秒、すっと考えた顔をして、言った。

「お前、今日からホームレスになりな。その方が絶対に上手くいくから」

あまりにも突然だった。目の前では西野さんがゲラゲラ笑っている。
「ホームレスになった方が上手くいく」の意味がまるで分からなかった。ホームレスは人生のドン底じゃないのか? 失敗を繰り返した人間のなれの果てじゃないのか?
驚く僕をよそに、西野さんはポケットから自分の携帯電話を取り出して、ツイキャスで生配信を始めた。
「え、なんすか?」
「ホームレスの生活をライブでお茶の間にお届けした人間って、地球が始まってから一人もいないから、お前が人類第一号」
西野さんは相変わらずゲラゲラ笑っていた。
2013年6月1日のことだ。

++++++++++++
この続きを読みたい!と思って下さった方は、支援して下さい!!!
宜しくお願いします!!!

  • 活動報告

    本の表紙撮影!!!

    2015/04/02

    本のデザインが出来上がり、後は表紙撮影を残すのみとなり 写真家のワタナベアニさんにとある公園で表紙撮影をしてもらいました! これで、後は印刷するだけ!…

  • 活動報告

    第2回、打ち合わせ!!!

    2015/01/29

    ノートにびっしりの文字。 ホームレスの割にはしっかりと打ち合わせの為に準備しておりました(笑) 2回目の打ち合わせは本に掲載する『写真』について。 …

  • 活動報告

    打ち合わせ開始!!!

    2015/01/10

    1月8日に本のデザインをして下さる加藤さんと打ち合わせをしてきました!!! 本のカバーや中身の写真の事など色々な事を打ち合わせ。   加藤さ…

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください