36年愛されてきた喫茶店を私が受け継ぎ営業したいです。

プロジェクト本文

はじめまして。先月までスポーツ施設で社員として働いておりましたが、おじが病気で急遽引退をしたいと相談をうけました。現在はそれに向けて珈琲をたてる練習をしたりメニューを作成したりと、準備を進めている段階です。


▼このプロジェクトで実現したいこと

開業してから36年、地元の方に愛されてきたお店を継ぎ、これからも地元の方にステキな時間を提供したい。


▼プロジェクトをやろうと思った理由

今年の始めに、我々甥姪世代が集まりそこで話題になったのがこの店舗のことでした。お婆ちゃんの代からスタートし、長年愛されてきたこのお店を、我々の代で無くしたくないという話になり甥の私が継ぐことにいたしましたが、私の資金では、細かい備品を揃え、家賃等の初期費用でいっぱいいっぱいだったためご協力を頂こうと決めました。

▼これまでの活動

珈琲を含め全ての工程は先代よりご指導頂いていたため、味などを再現出来るよう、現在練習中であります。簡単なチラシを作成しリニューアルオープンとして地域の方々に宣伝も行っている段階です


▼資金の使い道

テーブルや椅子などの備品はとてもきれいで継続利用できそうですが、阪神淡路大震災の影響で入口のドアが歪んでいたり、トイレの便器にヒビがあったり冷蔵庫も故障しておりましたので、それらの修繕、購入金額に当てさせていただきます。

入口の歪みによる取替え

約18万

トイレを洋式へ変更

約23万

営業初日の仕入

約3万円

初月人件費

約10万円

CAMP-FIRE 利用料

約8万円

その他新聞図書や宣伝費等約5万円程度を予定しております、

▼リターンについて

ものづくり等でない分、大きなものはお返し出来ないですが、当店の珈琲豆を大切にお包みし、スタッフ一同からの感謝の手紙を添え心を込めてお届けしたいと思っております。

▼実施スケジュール

営業開始を4月を予定しており、2月半ばから修繕工事開始し、3月頭には準備が全て揃うというけいかです。そのためには来月の末には継続営業する手続きとお支払いを済まさないといけないので、期日を来月の末までとさせていただいております。

▼最後に

地元にある商店街が廃れていくのを肌で感じており、なんとかこの逆風の中皆様からのお力を頂戴し、おじから残されたこのお店を大切にしたいと思います。ぜひともよろしくお願いしますっ



本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けしいたします


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください