日本の【当たり前】をぶっ壊せ!! 支援が行き届かないところへ支援をしたい!! 困っている動物がいても日本の公的機関は【当たり前】のように何もしてくれません。 その場にすら来てくれない。正確に言えば何もできない体制なのでしょう。 それなら助け合うしかないでしょ!!

プロジェクト本文

はじめまして。

川岡心太郎です。

小さい頃から変な奴のレッテルを貼られてきました。

僕に見えてる目線で活動できることはないか??

まず一歩を踏み出すために動物愛護団体あめたろ(任意団体)を設立しました。

今現在目標としていることは、団体をNPO法人化して老人ホームのような施設をつくり、そこで同時に保護活動もしたい。と思っております。

様々な理由で世話ができなくなってしまった飼い主さま、世話をしてもらえなくなった家族を助けたい。

その目標への「ハジメノダイイッポ」として今回のクラウドファンディングにチャレンジしました。

僕は現在、犬を2匹飼っています。

犬以外の家族含めて飼育歴31年です。

小さなことからコツコツと

ただのさえないサラリーマンの。僕の。「ハジメノダイイッポ」


▼このプロジェクトで実現したいこと

団体としての活動を本格化させて目標にむけて進みたいです。

①支援を必要とする支援が行き届かない方への物資支援アドバイスサポートをします。

インスタグラム、フェイスブック、ツイッター、様々なSNSで困っている方頑張っている方を見かけることが多々あります。
インターネットを通じて繋がる!今の時代だからできるとても現実的な支援だと思います。

②動物保護活動、ボランティア、啓発活動、保護・介護・愛護の為のセミナー、に参加します。啓発活動は主にについて発信します。

参加方法は、日本NPOセンター団体会員広島NPOセンター会員、になっておりますのでそちらのネットワークを利用して全国どこでも積極的に参加します。



▼これまでの活動

現在進行形でセミナーやボランティア活動に参加しています。

インスタグラムの個人アカウントで、困っている方達へメッセージを送り、活動をご理解頂き支援を求めている方への支援を今はまだ個人として行っています。


▼プロジェクトをやろうと思った理由

行動にうつしたきっかけは、数週間前のある出来事でした。

あるお家の駐車場につながれているワンちゃんがいたのですが、そのワンちゃんがおかれている環境がとても違和感を感じるものでした。

目もろくにみえなくなり同じ場所をクルクル回っている老犬だったのですがリードが足に巻き付き、立てなくなっていました。

段ボールが無造作にひかれ、水もおいてなく自分のおしっこをなめていました。

家をみるとあきらかに人がいたのでチャイムを鳴らしたのですが無視されたので、どうしたらいいのか分からず、まずは保健所に連絡しました。すると動物管理センターに電話しろと言われ、そこで事情を説明したところ、このおうちで柴犬を飼っている情報はあるがリードにつながれているので何も出来ないと言われました。

何も出来ないってすごくないですか?

日本ってこうゆうとこがホントにダメだと呆れました。

子供が困っている動物を見つけ警察に連絡すると、警察や消防が駆けつけて対応する。

そんな国もあります。そうゆう社会であるべきです。

結局はほっておけなかったので巻き付いたリードをほどいてあげてタッパーを買い水をいれてあげました。

それから毎日見に行くのですが2日間はワンちゃんが相変わらずほっておかれてました、その後はその場所にはいません。タッパーは無造作になげてあります。

何かできる事はあるはず、、、と考えました。


▼資金の使い道

①支援物資調達資金

フード、トイレシート、その他必要に応じて。

直接会ってサポートできる方には持っていきます。

②動物保護活動、ボランティア、啓発活動、保護・介護・愛護の為のセミナー、に参加するための資金。

参加費、交通費、その他準備物などの、諸経費。


なお、目標額を達成した後の資金は寄付金として寄付ができるので、超えた資金はすべてではないですが寄付する事に利用します。


▼リターンについて

①LINE@のURLをお送りします。

そちらで活動をすべて報告します。

個人メッセージにも必ず対応します。

②会費、年間費無料の動物愛護団体あめたろの入会案内をお送りします。

金額に応じてオリジナルグッズを送ります。

支援金額は支援者さまが支援を申し込む際に、任意で引き上げることが可能です。

この機能を有効に活用して下さい。


▼実施スケジュール

このプロジェクトで実現したいことを速実行します(現時点している)。

目標にむけその後も活動を続けます。


▼最後に

何もしなければゼロです。

何かすればゼロではないです。

広い視野でみると些細な活動に見えるかもしれません。

ですが無意味ではないのです。

僕に皆様の想いを伝えてほしいです。

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 活動報告

    残り30日

    2019/01/30 23:31

    一日に数十人の方が見てくれています。とてもありがたいです!ありがとうございます。メッセージだけでも構いません。プロフィールからInstagramにとんで私がどんな人間か観察するだけでも構いません。繋がりたいと思っております。

  • 活動報告

    募金箱

    2019/01/27 21:52

    募金箱近所の子供達が協力して作ってくれ、うちまで持ってきてくれました!感激です。前側にカードが入れれるようになっていました。決して上手とは言えない改造です。でもとても嬉しかったです。大人だから考えてしまいます、材料費ばかにならなかったはず、親の力もあったはず、皆に感謝です!急ピッチで表紙の作成...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください