今、介護中だったり、育児で家から出られなかったり教室が家から遠くて等、本当はプリザーブドフラワーを習いに行きたいけど通えない方の為に、ムービーレッスン(通信講習)で家に居ながら24作品を作って頂き、1つ1つの作品を私が添削させて頂きますので、全て24作品をクリアーした暁にはディプロマを発行致します。

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

初めまして。大田区の石川台で、プリザーブドフラワー教室を自宅兼教室として賃貸マンションで細々と営んでいる小島眞理子と申します。私は、どこからも借り入れせずに、自分の全ての貯金をはたいて、教室をオープンさせました。私には、銀行からお金を借りれない、担保となる物が何もないです。国金も考えましたが、相談したところ難しいとの事。でもどうしても、私の考えた、家に居ながらでも24作品を動画を見ながら作って頂き、忙しい中でも、心を安らげるお花の世界に身を置く事で心が私はとても癒され、とても元気になれました。私自身、父を19才の時から7年間の介護をしていました。月日が経つにつれ、心が疲れ果てて、私自身が死にたいとか早く父が亡くなってくれないかなぁとドンドン心が追い詰められて行きました。そんな経験もあり、だからこそプリザーブドフラワーは、生花に近く何年も持ち、手触りは本物の花だからこそ、癒しの効果が高い事に自分がプリザーブドフラワーを習っていた時に気づきました。作品を作っている時は「無」になれるんです。だから今、私は、色々な会社に動いています。しかし資金がない。私の教室は、2018年の11月1日にOPENしたばかりです。しかし、何とGoogleの検索ワードで、1位や3位を取っていたのです。そのお陰で、福利厚生サービス会社の大手企業様からウチの教室の掲載のお声がけを頂きました。そこに教室に来れない方の為の通信講座も掲載OKを頂いています。

▼このプロジェクトで実現したいこと

24作品を動画を使い、作品を1つ1つ作って頂き、私が出来上がった作品の動画を生徒様より送って頂き、添削して行きます。プリザーブドフラワーの作品を作る事で、心を癒して元気になって頂き、またディプロマを最終的には発行致します。なので問屋さんのご紹介や私の様に開業するやり方もレクチャーさせて頂きます。私は協会に属していないので、ディプロマ取得後も年間費や月会費も入会代も一切頂きません。とのかく一人でも多くの方に、心を癒し元気に笑顔になって頂きたいです。そして特に女性が資格を取る事により少しでも自立の道のお手伝いが出来ればと願っています。


▼プロジェクトをやろうと思った理由

自分が19才から7年間、父の介護経験から心がくたびれ果てて、何か自宅でできる癒しが欲しいと当時思っていました。そして私は、プリザーブドフラワーと巡り合い、心を癒すパワーがプリザーブドフラワーにある事を知りました。なのでこれだ!と直感で感じました。なのですぐに教室をオープンさせました。しかし通える方に限界がある事に気づき、考えだしたのが、通信を使ったムービーレッスンです。


▼これまでの活動

先ずは、自分の教室に1人でも多くの生徒様に来て頂くために、ポスティングやありとあらゆる宣伝活動をして来ました。その努力が短期間で実り、Googleの検索ワードで、1位や3位を取り、幸運な事に福利厚生のサービスをご提供する会社(1000社以上が利用している)からお声をかけて頂けるまでになりました。私の教室が掲載とムービーレッスンの掲載はすでに決定致しました。


▼資金の使いみち

●動画を撮る会社に支払う費用 60万円  

●通信会社に支払う2年間の縛り代金 170万円

●福利厚生サービス会社に掲載代(2年間の縛り有)90万円

●規約の作成代(弁護士)30万円



▼リターンについて

5万円以上、ご支援を頂いた方にボトルクラフトのブリザーブドフラワーを1瓶お届け致します。例えば10万円の方は、2瓶です。





▼実施スケジュール

1月30日に、ムービーレッスンの撮影。

福利厚生サービス会社様と打ち合わせ1月18日。

実際に福利厚生のサービス画面に掲載予定が4月上旬です。

弁護士との規約の打ち合わせが1月23日です。


▼最後に

もうプロジェクトは、動いています。

なので今更、引き返す事は出来ません。

私は、自分の信念を貫きます。

自分の家財を全て売ってでも、どんな事をしても、私の様に苦しんでいる方や心に癒しが欲しい方に、お花のパワーをお届けしたい!笑顔になって頂きたい!心が元気になって頂きたい!ただそれだけです。

どうか今までに無い、新しいプロジェクトのプリザーブドフラワーの通信講座の実現にお力を貸して下さい。

お願い致します!


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください