これまで日本とオーストラリアでプロサッカー選手としてプレーしてきた藤本安之が、プロ契約を獲得すべくサッカー人生を懸けてアフリカ縦断プロジェクトに挑みます!サッカーで人生を、キャリアを切り拓く。新たなサッカー選手像を創ります!

プロジェクト本文


初めまして!

藤本安之(ふじもと やすゆき)と申します。

大阪府出身の29歳。現役サッカー選手です。



大学卒業後、就活はせず日本国内でサッカー選手の道に。しかし、ある時「一度きりの人生このままで大丈夫か」という疑問を抱きます。


・自分からサッカーを取ったら何が残るのか。
・実力的にJリーグで大活躍することは難しい。
・引退後は何がしたいのか、何が出来るのか。



そこで、24歳の時に海外へ行くことを決断。
行き先は、ワーホリが有効で且つ英語圏でもあるオーストラリア。

オーストラリアでは、サッカー選手としての日々を過ごしながら、現地レストランでマネージャーを経験したり、コミュニケーションを学ぶ為にアパレルショップで働いたり。

そうこうしている内に、気付けばオーストラリア生活も5年目を迎え、僕自身も29歳とサッカー選手としてベテランの域に突入しました。


そして


僕の次の挑戦の地は


アフリカです!!!!!!!




▼このプロジェクトで実現したいこと


このプロジェクトで実現したいことは、
アフリカでプロ契約を勝ち取ること。

2019年2月後半から1ヶ月、アフリカへ飛びます。
そして、アフリカでサッカー選手になる為に、プロチームのトライアルを受けます。

現地では、アフリカサッカーを良く知るコーディネーターに同行してもらい、東-南-西とアフリカを縦断しながら現地サッカークラブのトライアルを回ります。現状、3~4クラブのトライアルを受けることは決まっているのですが、それ以外のクラブもアフリカ特有のノリ(笑)で受けさせてくれるだろうとのことです。

そして、まず最初はジンバブエに上陸してトライアルを受けることが決まっています。

https://twitter.com/Fujimoto_0601/status/1087258557718749185


藤本安之、アフリカでプロサッカー選手になります!!!




▼プロジェクトをやろうと思った理由


なぜアフリカ?!

その理由は次の3つです。



①サッカー選手のキャリアをアップデートしたいから。


最近では、アジア諸国を始めとした海外クラブやJ3~地域リーグ等、
サッカー選手になれる可能性や選択肢は激増しています。
故に非エリート層の選手であってもプロになれる。
僕自身も非エリートのサッカー選手です。

プロになれること自体は良いことだと思います。
しかし、非エリート層のサッカー選手が選べるキャリアの選択肢が
多くないことも事実です。

オーストラリアで5年間プレーする間に、沢山の越境日本人サッカー選手に会いました。
しかし、彼らの頭の中に具体的なキャリアプランがあるかと言えば、そうではありません。

故に、海外でプレーしていることのメリットを活かし切れていない選手が多い。

僕はエリート選手ではありませんが、
これまでもサッカーを通してキャリアを築いてきたし、これからもそうでありたい。
だからこそ、5年過ごしたオーストラリアを離れ、チャレンジをすることにしました。


この挑戦を通して、非エリート層のサッカー選手のキャリアをアップデートすること、
そして何より僕自身のキャリアをアップデートすることにチャレンジします。



②今後、間違いなくアフリカのサッカー&経済が伸びるから。


身体能力抜群なアフリカ人に、フィジカル面では100%敵いません。
しかし、指導者不足が原因でアフリカサッカーはまだまだ文明開化前。
技術や戦術に優れた日本人選手の僕だからこそ発揮できる価値も沢山あると思うのです。
また、サッカー少年少女に対して技術や戦術等も伝えていきたいと考えています。

経済面でもアジアの次はアフリカ、と言われて久しいですが、
アフリカは間違いなくこれから経済が伸びていく地域です。
この経済成長期にアフリカに身を置くことには意味があると考えています。

ゆくゆくは日本とアフリカの架け橋になりたいと考えています。



③コーヒーが好きだから。


僕は尋常じゃなくコーヒーが好きです。
毎日、自分でハンドドリップをしてコーヒーを淹れています。
将来はコーヒー農園やカフェ、コーヒー豆の開発・輸入等を行いたい。
その為に世界屈指のコーヒー豆の産地・アフリカで実際に学んできたいと考えています。




▼これまでの活動


小学生から現在に至るまでサッカーに熱中し、サッカー中心の人生を送ってきました。

2005-2007 セレッソ大阪U-18

2008-2011 大阪産業大学

2012 福島ユナイテッド

2013 FC鈴鹿ランポーレ

2014-2018 Albany Creek Excelsior FC (オーストラリア)

2019- アフリカへ!!




▼資金の使い道


このクラウドファンディングで集まった資金は、主に移動費と現地滞在費に使用させていただきます。

① 日本⇔アフリカの航空券代

② アフリカ1ヶ月分の滞在費

③ アフリカ縦断にかかる移動費

④ 現地コーディネーター費用

⑤ 予防接種関連




▼リターンについて


金額に応じて様々なリターンを用意しました。
応援していただける方、面白がっていただける方は是非是非ご支援の程、よろしくお願いいたします!


★ サンクスメール

★ アフリカ縦断プロジェクト 報告会にご招待

★ アフリカ産の良質コーヒー豆をプレゼント

★ アフリカから持ち帰ったコーヒー豆を藤本がハンドドリップでご提供

★ アフリカで小口サンプリング~市場調査のお手伝い(法人向け)

★ 藤本によるサッカー個人レッスン




▼実施スケジュール


・1月後半~ クラウドファンディング

・2月後半  アフリカへ出発

・2月後半~3月後半 アフリカ縦断

・3月後半  帰国~報告会




▼最後に!


今回のアフリカ挑戦にあたって、まだ日本人が飛び込んだことのない地へ行くということで「なぜアフリカ?大丈夫なのか?」という意見を持つ人がいると思います。

実際に挑戦を決意した際に相談した際にも同じような反応が返ってくることが何度もありました。

ただ、誰もやっていないから実際は情報が入っていないので空想上でしか話ができないということが現状です。なので、まずは僕が行くことでアフリカの正確な現状を日本に届けたいと思います。

非エリートである僕が未開発の地アフリカでの挑戦を成功させ、日本とアフリカを繋げる橋渡し役になりたいと考えています。

この挑戦を、プロジェクトを通じて応援していただけると幸いです!



<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください