おてつたび(お手伝い+旅)を通して見えた、地域のお宿の魅力をエモーショナルな部分から丁寧につむぎ読み物に。料金や写真など表面的なものだけではなく、想いやこだわりなどを全面的に出した新しいお宿メディアを立ち上げます。

プロジェクト本文

この度は、素敵なプロジェクトが沢山ある中から、気に留めてくださりありがとうございます。株式会社おてつたびの永岡里菜と申します。

私たちは、「日本各地に眠る地域の魅力を価値に変える」をビジョンに、「誰かにとっての特別な地域を作る」をミッションに活動している会社です。

大学卒業後、約4年半の間ベンチャー企業で働く普通のサラリーマンだった私ですが、前職やプライベートを通じて地域の魅力に惚れ込み、「一見なにもなさそうに見えてしまう地域の魅力をもっと伝えたい」と一念発起し前職を退職。2018年7月に「株式会社おてつたび」を立ち上げました。現在は、”おてつたび”というお手伝いをしながら無料で知らない地域へ行き、気付いたらお手伝いを通じて地域の人と仲良くなっている、そんな地域の人と地域外の人のご縁を紡ぐマッチングサービスを展開しています。創業したばかりのまだまだヒヨッコの会社ですが、ビジョンに向かって熱苦しい想いと勢いは誰にも負けない、そんなチームで一緒に動いています。心強く最高な自慢のチームです。

半クローズドでの運営を経て、リリースしたβ版サイト。想いとこだわりがたっぷり詰まったものになっています(TT)!

一緒に走ってくれる心強すぎる仲間たち。走りながら考え、真面目に楽しく!をモットーに日々突き進んでいます。


「金額」「食事内容」「写真の見栄え」などの表面的なものだけではなく、もっと想いやこだわり、大切にしている事など内面的なものにフォーカスした、エモーショナルを部分を全面的に打ち出したお宿紹介メディアを制作します。「読んでいたら、ついつい此処に来ていた」そんな方々が続出するような、丁寧な物語を沢山作り出すメディアを一緒に作りませんか?

現在、「おてつたび」の受け入れ先は、旅館や民宿さんなどお宿が中心となっています。お宿の方々と沢山触れるようになり、数多くのヒアリングを重ねた中でお宿の魅力を知りました。でも、その反面でお宿が抱えている課題にも直面しました。旅館や民宿を選び際は、「金額」「食事内容」「写真の見栄え」など表面的な事が重視されがちであり、そこを基準に選ばれる事が多いという事です。

みなさんも旅館や民宿を選び際、そのような経験一度はあるのではないでしょうか。私もかつてはそうでした。表面的なもので比較し、「より手軽な価格」「より写真が綺麗なところ」を恥ずかしながら選んでいました。

でも…おてつたびを通して、沢山のお宿の方々と出会い自分自身も数多くのお宿のお手伝いさせてもらう中で、女将さんやオーナーの想いや、なんでお宿をはじめたのか、大切にしている事など、いち観光客として来ていたら決して見えなかった側面が見えるようになりました。「こんなに考えてくれてたんだなあ、、と」

現場好きなので私もお手伝いよく出かけます。

長野県のお世話になっているお宿でお手伝い中です。

もちろん、綺麗なお部屋の写真や、お料理の写真等も魅力ですし、ひとつひとつ取っても裏には見えないこだわりや、努力、徹底さなどもあると思っています。しかし、なかなかお客さんとして行くだけでは、裏側の想いなどに気づく事は難しいと思っています。(もちろん、おもてなしのお仕事なので、見せないようにしている、という事もあるかと思います。)
裏側の想いに気づく事ができないと、どうしても表面的なもので判断せざるを得なくなり、結果としてかつての私のように見た目が良いところやリーズナブルなお宿に予約する事になります。そんな私はおてつたびを通して、内面的、こだわりや想いなどが一番の地域の価値なのでは、と思うようになりました。

岩手県田老町(たろうちょう)にあるお宿の松オーナーさん。田老愛が溢れており、話しているだけで自分も気づいたら田老ファンに、、!


富山の黒部に行ってくれた学生。女将さんが毎朝、山までお花を取りにいき客室に生けているのを見て感動し、記事化。丁寧に紡がれています。

これは、一緒にお手伝いをしたからこそ知れた魅力です。この魅力の中には、お宿の方ご自身気づいていない、よそ者が一緒にお手伝いしたからこそ分かった魅力も沢山あります。そんなお手伝いを通してみえた魅力を丁寧につむぎ、ストーリー化して、ひとつひとつのお宿のキラッと光る良さがきちんと見える化できるものを作りたいと思っています。

不特定多数の人ではないけれど、刺さる人に刺さり、その方からまた輪のように拡がっていく、人や想いに寄り添った温かいメディアを目指し、もっともっとスポットライトが当たっていない素敵なお宿の方々の魅力を伝えていきたいと思っています。


魅力がない地域はない、という想い

私は三重県尾鷲(おわせ)市という、一見何もなさそうに見えてしまう地域の出身です。育ちは愛知県なのですが、幼少期の長期休みは基本的に尾鷲にいました。
東京から電車で6時間ほどかかる、尾鷲市の事を知っている人はどれくらいいるのでしょうか。おそらく少ないと思います、、(涙)何があるのかもあまりイメージされないかと思います。でも、、、!私にとっては尾鷲市はとても大切で魅力的な地域で、名前を聞くだけで嬉しくなってしまう、そんな特別な場所です。
「どうやったら、尾鷲市のような一見何もなさそうに見えてしまう地域の魅力を伝えられるんだろう」そんな事をずっと考えていたら、いても立ってもいられなくなり、1年半前にサラリーマンをやめました。

今でも尾鷲に住む祖父母

幼少期の写真


地域の人を通じて地域を好きになる、という信念

一念発起し前職を辞め、フリーランスとして生計を立てながら、稼いだお金を全て地域にいくお金に変え、日本各地の地域へ足を運び、自分の目で耳で肌で実情をみてきました。

そこでわかった事があります。一見何もなさそうに見える地域ほど、地域の方と仲良くなると見える景色が変わるという事を。自分の中でキラッと光る地域に変わっています。

仲良くなった地域の方からストーリーとともに地域の魅力を知ると、気づいたら知らないうちにその地域の事が好きになっている、魅力が自分にはわかるようになる、と思いました。これだと、と思いお手伝いを通じて地域の人と仲良くなれる「おてつたび」というサービスを作る事にしました。(おてつたびが出来るまでも長いストーリーがあるのですが、またそれは別の機会にお話しさせてください。)


地域の方と気軽に仲良くなれる、日本各地のニッチな地域に行きやすくなる世界を作りたかった

私たちは現在「おてつたび」という、地域の困り事をお手伝いをしながら無料で日本各地の知らない地域を旅できるマッチングプラットフォームを作っています。「お手伝い」という共同作業を通じて、地域の方と地域外の方が出会いコミュニケーションをとることで、気づいたら自分にとっての特別な地域になっている、そんな温かい世界を作りたいと思い活動しています。現在は、学生と地域の旅館・民宿さんの困りごとを中心に実施しておりますが、今後は農業さんやお祭りなどの地域イベント、アクティビティ等にも対応随時対応予定です。

*おてつたび@長野県阿智村(あちむら)動画


特徴としては3つあります。1年間試行錯誤した上に行き着いた私なりの答えです。こだわりと想いが詰まったポイントとなります。


◎おてつたびビジョン動画
チームメンバーが作ってくれた、おてつたびのこだわりと想いを話している動画です。


約1年間のヒアリング及びテストマーケティング・半クローズドでの試験運用を経て、おてつたびのβ版サイトをオープンすることができました。地域や地域の方と気軽に接点を持つことができ、日本各地のキラッと光る魅力に知れる世界を作りたいと思います。


おてつたびを試験運用して行く中で、悔しくて悔しくてたまらなかった事

私たちは、webプラットフォームとして、地域の人と地域外の人が出会える、ご縁を紡ぐことができればと思いサービスプラッシュアップを日々重ねています。実際に、何度も訪れるような地域ができたり、お母さんと一緒にもう一度訪問されていたり、、確実に普段の生活や、旅行だけでは出会うことができなかった素敵なご縁を紡ぐことができ始めているという実感を持っています。


お宿以外で実施した初めてのケース

ただ、おてつたびの試験運用を重ねていく中で、私たちの力足らずさが悔しくて悔しくてたまらなくなりました。何がかというと「発信力」の弱さです。なんで、こんなに素敵な方々が日本各地には沢山いるのに、素敵なお宿さんがいるのに、スポットライトが当たっていないんだろう、なんで見つけてもらえないんだろう、と。もっと、「こんな素敵な人いるよー!」と自慢して叫びたいのに、私の周りの方にしか伝えられない事実にストレスを感じ、もっと興味がある方に届けたいと思いました。

「金額」「食事」「写真」などの表面的な情報に加え、「想い」「こだわり」「人柄」そんな内面的な情報を掛け合わせ、もっとお宿の良さを第三者へ伝えていけないか、そう感じるようになったのです。


内容的な情報は、私たちはお手伝いをご一緒したからこそ見えた魅力です。これってもっと周りに発信していく必要性があるのではないか、と思うようになりました。

人をA地点からB地点へ動かす事はとても労力のいる事です。かつ私たちは、一見何もなさそうに見えてしまう地域への人の動きを増やそうと、より難易度の高い事に挑戦しています。だからこそ、ここで見えた、お手伝いを通してわかった、内面的なエモーショナルなお宿の魅力が価値になります。これはもっと伝える必要がある!そう思いました。


でも正直に言えば、、「こんなに素敵なお宿の方がいるんですよーーー!」と自慢したいだけなのかもしれません。「みんな、来た方がいいよーー」と、ついつい誰かを誘いたくなってしまうのが、お宿の内側を知り気づいたらファンになっている、おてつたびの不思議なところです。

といっても、、私たちもまだ私たちも仮設状態のものが多い状況になります。一緒に試行錯誤しながら、地域へ足を運びながら、一緒に読み物のように紡ぐお宿メディアを0から一緒に制作していきたいと思います。

「お手伝い」というツールは、私は凄く可能性に満ちていると思っています。そのお手伝いの可能性を最大に活かしながら、「読み物のように読んでいたら、行きたくなっていた!」そんなメディアを実現させます!

メディア開設に伴い、「おてつたびライティング講座」も開催予定です。地域関係や人にフォーカスを当てた講師の方に現在お声がけ中です。随時、発表していきますので乞うご期待!


◎参考記事
・LoveTechMediaさんにご取材いただいた内容です。(後半は1月27日リリース予定)
おてつたびが大切にしている事や、なんで創りたいと思ったのか、沢山失敗もしながら試行錯誤してきた内容の一部を丁寧に書いてくださっています。是非是非、こちらもご覧ください。
旅×お手伝い=おてつたび、地域との新たな関わり方が地方創生の特効薬となるか《前編》


・代表永岡のただ熱いだけのブログ
個人の想いをただただ熱く語っているだけのブログです。おてつたびのチームのことなど、雰囲気が伝わるエントリーもあるかと思います!ぜひ、ご覧ください。
"おてつたび"が目指したいこと


◎ご支援いただいた資金の使い道
応援いただいた皆様のお気持ちは全て、100%おてつたび飛躍にむけ大切に大切に使わせていただきます。そして、ぜひ今後もおてつたびの仲間として、一緒におてつたび成長にむけ関わってくださると嬉しく思います。
・メディア構築費
・コンテンツ制作費
・地域開拓費(交通費や滞在費)
・ワークショップ企画・運営の際にかかる費
・人件費
・手数料


◎スケジュール
2019年4月オープンに向け、コンテンツ制作や地域開拓を実施します。おてつたびライティング講座は4月〜6月を中心にライティングの仕方やコツを講師の方々から東京(オンライン可)で学び、7〜8月の夏休みに期間を使って実際におてつたびに行ってもらいます。



リターンを設定する際に意識したことは、ご支援くださった皆さんと一緒に作っていけるコンテンツを多くした点です。私たちは、おてつたびが掲げるビジョンに共感してくださる方々と一緒に創り上げていきたいと思っています。もし、私たちの世界観に共感頂く方は、ぜひ一緒に作っていけるような内容が書かれているリターンのご支援内容を選んで頂けると嬉しいです。是非、一緒にメディアの名前や方向性を決めたりしましょう。(「★一緒に作ろうプラン」をお選びください。以下のロゴを目印にしてください。)


日本にはびっくりするくらい愛おしくて胸がぎゅっとするような地域や事業者様が沢山、本当にいっぱい溢れています。でも、ただキッカケがない、タイミングが合わない、知らないだけ、そんな理由でたどり着けないことが沢山あるなあ、と思っています。サラリーマン家庭で育ったいたって普通の私ですが、ずっと「それでいいのかなあ」とモヤモヤした想いを払拭することができず、レールから外れて起業という道を突き進む決意をしました。これは私の人生のミッションだと勝手に思い込み日々ひた走っています。

地方創生というワードを聞くことも増え、地域に興味関心を持つ方も増えてきた昨今ですが、まだまだ道のりは長い大きな大きな社会課題だと思っています。ですので、そう簡単に私たちだけで解決できる問題ではないと強く思っています。より多くの方の想いや知見とともに、ビジョン達成に向け誰よりもワクワクしながら楽しく邁進していきたいと思っています!ぜひ、みなさまのお力をお借りできますと嬉しく思っております。ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

ここまで読んでくださった皆さま、本当にありがとうございました。

-----

株式会社おてつたび 代表取締役CEO
永岡里菜

  • Da2b1913 c794 45fd 8a2b eab723803f04.jpeg?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    日経ソーシャルビジネスコンテストで優秀賞頂きました

    2019/02/22 12:12

    なかなか活動報告をできておらず、すみません、、涙 ご支援いただいた皆様、本当にありがとうございます。気づいたらあっという間に2月後半ですが、必ず達成できるよう引き続き、頑張ります。---------先月の頭に最終審査会を行なった日経ソーシャルビジネスコンテストですが、本当にありがたい事に優秀賞...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください