私達は子ども食堂を創り運営を行い、子ども達の健やかな育ちと幸せな家庭つくりに貢献致します。私達の長い長いボランティア活動の中で、いろいろな問題を抱えている家庭と子ども達がたくさんいる事に気が付きました。そこで全国の保育園に子ども達の居場所創りを広く呼びかけ少しでも住みやすい社会創りに役立ちたいです。

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

フレンドキッズ保育園は開所から今年で10年になります。保育園が「子ども食堂・居場所創り」の運営を行うケースは少なく、非常にめずらしい事です。私達は乳幼児の「深刻事故の防止とそのシステム開発、子育て保護者支援」に特に力を入れてまいりました。これから始める「子ども食堂・居場所創り」の運営の中で、地域の皆さんの気持ちと事実に接しながら、少しでも子ども達の健やかな子育ちと幸せな家庭つくりにお役に立ちたいと考えています。また、私達の考えに少しでも興味をお持ちの全国の保育園に強く呼びかける計画も立てております。

フレンドキッズ保育園の施設長 鈴木寛さんは、ボランティア活動歴がとても長い方です。鈴木寛さんのボランティア歴についてご紹介します。

■倒産110番・倒産防止支援の中で、その家族や子ども達の心のケア ボランティアを行う。(H2年~H22年)

■PR活動としてNHKテレビ「生活ホットモーニング」「社長たちの七転八起」(1996.4)や、テレビ朝日「ザ・スクープ―失業倒産、その時あなたは」(鳥越俊太郎キャスター)等の番組に参加しました。

■その他、月刊誌掲載として「ビッグトモロー」(1996.4)・「企業塾」(1997.3)・「週刊TOP」(1997.10)・「サクシーオ」(1992.9)・下野新聞「生きがい感じてますか」(1988.7)等、月刊誌にボランティア活動について掲載して頂きました。

■その後、DV被害者支援・障害児支援ボランティアや子ども虐待防止・こども性同一性障害の家族支援も行っています。

■その後、大手学習塾の運営をしておりました。

■最近、栃木県宇都宮市のFMラジオ局「ミヤラジ」の「みんなっがけぷちラジオ」50分生トーク番組に参加しました。


※子ども食堂の運営には行政からの補助金の対象には、まったくならないのです。


▼このプロジェクトで実現したいこと

フレンドキッズ保育園は「もうひとつのおうち」「もうひとつのかぞく」「笑顔をモットーに10年間、運営してまいりました。

子ども達の安全、健康、なによりも深刻事故防止のためのシステム開発にも取り組んできました。

平成29年、平成30年度の市役所からの「保育施設立ち入り調査」では、文書による改善要請と注意事項はありませんでした。この結果は、とても嬉しい通知でした。

現在、フレンドキッズ保育園の運営はとても順調です。

地域の皆様からも「手の届くような保育をやってますね」や、子育てやご家庭に悩みをお持ちの方からは「相談しやすいところですね」等の嬉しいお話を頂いております。

一人一人の方と向き合いたい!
一人一人の方に寄り添いたい!


それが私達の思いです♪

私達の熱い熱い願いです♪

「子ども達の居場所」「子ども食堂」を創り、運営し、地域と家族の皆さんが「ゆるりん」とくつろげる 空間と「場」をどうしてもどうしても創りたいのです♪


皆様、宜しくお願い致します。


私達が考える具体的な子ども食堂「ごはん」は、次の様な雰囲気です。



【名称】

●こども食堂「ごはん」

(画像はイメージです♪)

★ゆるりんお食事★

ごはんをお腹いっぱい食べて「ゆるりん」してもらうための美味しい「お米」でごはんを炊きます。

(栃木県鹿沼市と山形県山形市の農家さんから「産直米」を応援して頂きます)

お天気の日には、屋外の園庭テラスで食事も出来ますよ♪



【学習教室のイメージ】
★ゆるりんお勉強タイム★

まず、ゆるりんして笑顔でノートに向かう雰囲気をつくってから始めます♪

サポートスタッフとして、優しいお母さん、お姉さん、おじさん達がいます。

図書館からリサイクル資料として

物語・知識本・絵本等をたくさん提供して頂いております。リラックスして、ゆるりん読書をしてみませんか♪

(写真は以前、フレンドキッズ保育園で運営していた大手学習塾当時のものです)

※現在は運営しておりません。


★食欲アップ器★

お食事の器は、とても使いやすく、良質のものを使っています。食欲アップです♪


★園庭で ゆるりん のんびり★

晴れの日は園庭で、ゆるりんして皆さんの子ども時代の事を思い出して下さい♪

そして、心の元気を出して下さいね♪(椅子もあります)


★自然・生き物とのふれあい★

子ども食堂「ごはん」の日曜日には、たくさんの鳥達が集まってくると思います♪

虫や蝶々、トンボ等もたくさんいます♪

川魚の水槽や川魚飼育の小プールもありますよ♪


★紙芝居、この指止まれ♪★

紙芝居は30セットあります♪

誰か「この指止まって」くれる方いませんか?

自由にパフォーマンスしてみませんか?

電子ピアノも使用できますよ♪


★ご遠方の方や地域の皆さん、是非、ごはんを食べに来て下さいね♪★

地域の おじいさん、おばあさん達にも是非、美味しい「ごはん」を食べに来て頂ければとても嬉しいです♪

いろんな団体やサークル、町内の皆様を積極的にお誘いしてみたいと思います♪

ご遠方の方も、観光や用事で宇都宮にお越しの時は、是非、お立ち寄り頂ければ大感激です♪


★私達はプライバシーポリシーを厳守致します★

子ども食堂「ごはん」にご来場、ご登録された皆様のプライバシーの保護を厳守致します。



【スタッフさん】

●調理師資格者・保育士資格者さん 67歳(女子)

●学習スタッフさん 33歳(女子)

●食品衛生責任者認定資格者さん 73歳(男子)

●ボランティアスタッフさん 募集中です♪


【居場所・食事開所時間】

●AM11時~PM19時(毎月2回予定)


【料金】

●入場料 無料

●食事 当面無料 (約1ヶ月位の計画です)


▼プロジェクトをやろうと思った理由

フレンドキッズ保育園の施設長の鈴木寛さんは、ボランティア活動が長く、たくさん経験を積みました。これまでの長いボランティア活動の経験をいかして、更に広く皆様に呼びかけ、ご提案をさせて頂きたいと思ったからです。

そして、こども食堂「GOHAN」をこの町、この場所に創って、のびのびと気持ちの交流や情報交換、そして一人での思いの時間を過ごしながら、癒しの空間溢れる「GOHAN」で生きる勇気と自信を少しでも養って頂きたいという思いを、どうしても実現したいからです。


▼これまでの活動

これまで長い期間、子ども達とその家庭に寄り添うボランティア活動をしてきました。

母子家庭で働きながら子育てをしているお母さんと子ども、生活保護の受給を受け生活の立て直しをしているお母さんと子ども、DV等の被害を受けて、ひっそりと人生の立て直しをしているお母さんと子どもや、その他一生懸命頑張っているお母さん、お父さんとたくさん出会いました。(相談ノートも厚さ5cm相当の記録量です)

そして、現実的なわかりやすい内容の「要支援家庭チェックシート」を開発しました。(東京都の「子ども・家庭支援センターガイドライン」を参考にして、大幅に追加、変更をして作成しました)

現在、保育園の運営に癒しの空間溢れる場としての機能を少し取り入れて運営しておりますが、これを大きく育てる計画を立てております。


▼資金の使い道

・調理設備、器具備品・トイレまわり修繕代 80万

・当面の運営、消耗品代 40万

・HP基本設定、制作若干代 10万

・食器代・食事用品等 10万

・看板・案内版代 20万

・駐車場整備代 15万

・子ども食堂創りの全国PR代 30万

・手数料・その他 45万

・園庭、備品用品、書籍、遊具、学習教材等は現在所有しているものを使用します。

※ 合計 250万(計画)



▼リターンについて

こども食堂で使うお米は、とても美味しいお米を使っています。そのお米をリターンとして、ご支援頂いた皆様にも味わって頂きたいと思います。

また、子ども食堂で使用できるお得なお食事券も用意しております。



【公開希望時期等について】

▼実施スケジュール

★2/12~3/15★ 募集期間

★3/18~3/25★ 工事改修期間

    ①調理場・トイレ改修工事

    ②駐車場整備案内標示版完成・取付

★2/25~3/15★ 食材等提供契約完了日

★4/1~4/5★ 献立・調理工程作成・調理トライアル

★2/11~3/31★ 広報開始

   ①Twitter等(2/11~3/15)

   ②フレンドキッズ保育園のブログ(2/11~)

   ③ダイレクト発送(3/11~3/31)

★3/1~3/10★ リターン方法・書類・用品の準備と

                           マニュアル作成

★4/3~4/6★ オープン準備作業

★4/7★ 子ども食堂「ごはん」オープン♪



▼最後に

中学生、高校生、20歳未満の働いてる青年の皆さんは、幼児期に保育園や幼稚園での生活を経験しています。特に私達保育園は、子どもと青年の皆さんと、もっとも身近なところにあると思います。

全国の保育園の皆さん、子ども達と青年達の居場所を創ってみませんか?手続きや法律の問題もあると思いますが、この社会を少しでも子ども達にとって生きやすい場所にしてみませんか?宜しくお願いします。

フレンドキッズ保育園では、とても元気な子ども達の他、母子家庭や生活保護家庭、夫婦での自営業の家庭、心の様子が少しボーダーライン上の子ども、不安定な家庭で生活してる子ども達を開所以来、10年前からすすんで受け入れてまいりました。保育スタッフは長い方で9年、短い方でも3年間働いて頂いてます。それに、保育士さんに小さな子どもさんがいても、子どもさんと一緒に働けるんですよ♪


【フレンドキッズ保育園へのアクセス】

〒320-0833
栃木県宇都宮市不動前5丁目2番8号



※子ども達の写真や動画は、プライバシーの保護の立場から掲載を控えさせて頂きたいと思います。


【川魚がたくさんいる水そう】
(金魚類より川魚のほうが子ども達の反応が大きいようです。その他、ナマズ、ザリガニ、おたまじゃくしもおります。)

【庭で見かけた小動物(いきもの)】

(細いビニールテープの上にいた超小さな小さな赤ちゃんカマキリ)



※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。

目標金額に満たない場合も計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください