岡山県北部の限界集落を舞台に、電気・ガス・水道全てのインフラを使わないオフグリッドな自給自足拠点を作ります! 畑を耕して作物を作ったり、鶏を飼育したり、焚き火で暖を取ったり、自然と共に生きていける僕らの秘密基地!!

プロジェクト本文

こんにちは!

岡山県北部でオフグリッドな自給自足生活を送っている『カナモ』と『花太郎』です!

僕たちは2019年から、カナモの実家である岡山県真庭市(まにわし)に、「NatureBase真庭(ネイチャーベースまにわ)」という秘密基地を作り始めました。


掲げたテーマは『オフグリッドな秘密基地で自給自足』です!


オフグリッドとは電力会社の送電網に頼らないことを指しますが、僕たちは電気だけでなく、ガスや水道などのインフラも使わず、全て自然の力を利用して生活したいなと思っています。



当プロジェクトの目的は、大きく分けて3つあります。


1つめは『気軽に自給自足体験』です。

最近高まりつつある自給自足生活の需要ですが、土地や家屋の調査や購入、田畑の整備、設備投資、周辺住民との交渉など、個人で活動するにはたくさんのハードルがあります。

そんな障害を全部取っ払って、好きなときに好きなだけ滞在できる自給自足拠点があれば素敵だな、と思ったんです。


日帰りで楽しむも良し、少し滞在して畑を耕すも良し、ガッツリ開発に関わるのも良し。

そんな場所を作りたいと考えています。

※NatureBase真庭は、オンラインサロン「Survivor'sGuild」の会員に開放しています。


2つ目は『こんな生き方もできる』というのを、色んな人に知ってもらいたいということです。


カナモは28歳の時に諸事情あって勤めていた会社を辞め、ブロガーとして生きるようになりました。

それまでは文章を書いて生きていけるなんて微塵も思わず、ストレスと折り合いをつけながら社会で生きていくしかないと半ば諦めていました。

でも今の生き方を手に入れてからというもの、本当に幸せだと感じるようになりました。

昔のカナモと同じように、理想と現実のギャップに苦しんでいる人も少なくないと感じてます。

そんな人達に、NatureBase真庭の活動を通して、新たな選択肢や可能性を見出してもらえればと思っています。


要するに、今の生活に疲れてしまった人の駆け込み寺みたいな存在になれればいいなと。


最後の目的は『地域活性化』です。


真庭市って、とても素敵な場所なんです。

温泉郷、城下町、ジャージー牛が有名な高原、落差100超の滝、巨大な桜の木、コスモス畑などなど、自然を満喫するスポットが盛りだくさんで、他のどんな場所にも負けない魅力があると確信しています。

しかし都会での生活に憧れる若者は地元を離れ、高齢者の増加も相まって山間部では少しづつ空き家も増えてきています。


NatureBase真庭の活動を通して日本中の人たちに真庭市の魅力を発信し、少しでも興味を持ってもらいたいと思っています。

僕たちの活動が少しでも真庭市の活性化に繋がるのであれば、こんなに素敵なことはないです。


年間降水量が日本で1番少ない"晴れの国"岡山県の北部に位置し、個人所有の自給自足拠点としては規格外の広さを誇っています。

・倉庫(体育館くらい)

・倉庫横の事務所(約20畳)

・田んぼ:6枚(休耕地)

・畑:3枚(休耕地)

これら全てが、NatureBase真庭の敷地なんです。

なんなら山とか竹林もあります。


カナモの実家が1年ほど前から無人の状態になっていて、親族から『お前が管理しろ』というお達しを受けていました。

実家には母屋、長屋、田畑、墓、山など、田舎らしい広大な所有地があります。

それに加えて自営業の建築屋を営んでいたので、体育館レベルの広さの倉庫や、簡単な事務所もあります。

せっかくの機会なんで、現状維持ではなくここをもっと面白い場所に変えようと決めました。


そこで思い至ったのが『オフグリッドな自給自足生活』です。

サバイバル等のアウトドアを仕事にしているカナモにとっては、原始的な生活力こそが生きていく上で最も必要だと考えています。

それをみんなで体験できる場所があれば、きっと最高の秘密基地になるだろうと思いました。




しかし、現実は甘くありません。

『あかん、カオスや・・・』


これが現在のNatureBase真庭です。

ただの廃倉庫&ゴミ溜め事務所です。

残念ながら、現状ではとても人の住めるような場所ではありません。


これから何ヶ月もかけて片付け、設備を整えていく必要があります。

ソーラー発電システム、家畜や植物の種苗、開拓に必要な道具、コンポストトイレ、移動手段など、揃えなければならないものが山ほどあります。


開拓は既に始めてはいるんですが、僕たち2人の労働力と資金力では限界があります。

もっとたくさんの人にこの活動を知ってもらい、ご理解とご支援をいただき、みんなで力を合わせて作り上げていきたいです。



チェーンソーも草刈り機も動かないので、今は人力で畑を耕しています。

文明の偉大さを痛感しているところです。


尚、NatureBase真庭を運営するに至ったキッカケや、現在までの活動に関しては、カナモが運営するブログにてご確認いただければと思います。

『世捨て人「カナモ」』https://kanamo.jp



28歳からブログで生計を立てているブロガーで、アウトドアインストラクターでもあります。

最近では「無人島サバイバル体験」「無人島社員研修」など、サバイバルや無人島関連のサービスを提供しています。

今回の舞台である「NatureBase真庭」の持ち主です。


自由な暮らしを求め自給自足をする自由人となった、文章の苦手なフリーライターです。

動画編集やYouTubeもやってます。

カナモと共にNatureBase真庭を開拓しています。


集まった資金の使い道は、以下の通りです。

・ソーラー発電システムの構築

・コンポストトイレの設置

・家畜の購入と維持費

・移動用自転車の購入

・農作物の種苗購入

・薪ストーブ購入

・他雑費

支援者様へのリターンについては、以下の通りです。

補足:詳しくは以下URLにて。

https://kanamo.jp/?p=6205



・2019年6月 クラウドファンディング終了

・2019年7月 リターン実施(スポンサークレジット、オンラインサロン、ブログ広告枠)

・2019年8月 リターン発送(カードケース、ウォレット)


2人の男が2本のクワで始めた小さな小さな自給自足プロジェクトですが、ありがたいことに少しづつ興味を持ってくれる人が増えています。

そしてこの度のクラウドファンディングでさらなる飛躍を遂げると僕たちは確信しています。


子供の頃に夢見た秘密基地と、大人になって興味を持った自給自足生活。

その両方を叶えられる場所にしたいと思いながら、今日も元気にクワを振るっています。


皆様のご支援よろしくお願い致します!!


※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2019/06/08 11:28

    設計図もなしで適当に作っていた鶏小屋ですが、まる1日かけて遂に完成しました。倉庫の角に置かれていたメタルラックを軸に、木材で壁と屋根を作り、金網を巻き付け、寸法を間違えたドアを固定して完成です。テンションがおかしいことになったんですが、そのままの勢いで記念撮影。左からジョナサン・ジョースター、...

  • 2019/06/04 21:41

    自給自足に欠かせないのが鶏です。鶏の卵や肉は、貴重なタンパク源です。当然ながら、NatureBase真庭でも鶏を飼育する予定なんですが、まずは小屋作りからはじめました。今日は大阪から友人が泊まりで遊びに来てくれたので、3人で作業しました。倉庫に眠っていたメタルラックを骨組みにして、それに木材で...

  • 2019/05/31 00:20

    ままで人力で畑を耕してましたが、やっと耕運機(管理機)が手に入ったので、畑の作業効率は格段にアップしました。体感的には、20倍くらい早く耕せるようになったと思います。但し、長いこと放置してたせいで土がガッチガチなんで、管理機でも相当疲れます。この調子でどんどん開拓を進めていきたいと思います。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください