2016年に熊本地震で被災した漫画家のウオズミアミが描く「ひさいめし〜熊本より3年〜備えあれば憂いなし、ときどき猫。」が2019年4月に単行本を刊行します。小学校をはじめとした学校に寄贈し、今作に触れることで、子ども達が災害に備えて知識を身につけ、有事の際の備えに繋がることを願った企画です。

プロジェクト本文

●ご挨拶●

数あるプロジェクトの中、こちらのページを閲覧頂きまして、誠にありがとうございます。主催のエコーズ株式会社です。
エコーズは【マンガで未来を面白くする】を合言葉に、日本最大級のマンガ投稿サイト・マンガハックを運営する、マンガに特化したITベンチャー企業です。


以前CAMPFIRE様でプロジェクトを募集させて頂きました『三日月とネコ』の作者・ウオズミアミの新作『ひさいめし〜熊本より3年〜備えあれば憂いなし、ときどき猫。』が2019年4月に発売されます。
熊本地震にて被災した著者が、被災時に役立つ実用的な知識を漫画・イラストでまとめ、有事の災に備え、多くの方に読んで頂きたいという思いを込め、制作しています。

今作を、小学校をはじめとした学校へ寄贈し、子どもたちが今作を通じて防災に興味を示すきっかけになる様に、また有事の際に役立つ知識を得ることが出来る様に、本プロジェクトを実施します。
未来ある子どもたちが今作に触れる機会を作るため、ご協力をお願いできましたら幸いです。

修復作業中の熊本城

●ひさいめし〜熊本より3年〜備えあれば憂いなし、ときどき猫。 紹介●

【作品説明】
熊本地震から3年ーー。 多くの人に伝えたいことがある。

2016年4月、熊本地震で被災したウオズミアミが描く、
今だからこそ語れる被災時の想い。
そして、たくさんの人に災害に備えて知って欲しい
「ごはんの炊き方」「重いものの運び方」 「備蓄品のおすすめ」「節水時にできたこと」
「被災時の食事」「余震への“具体的な”注意」 「猫との被災生活」など
備えあれば憂いなしな、実用的イラスト&コミック!

また、熊本県天草市出身で
映画「おくりびと」の脚本、くまモンの生みの親としても知られる
放送作家・脚本家の小山薫堂さんに
単行本帯の推薦コメントをご寄稿頂きます。

さらに今作は、取次を通さずに、エコーズと書店様をはじめとする店舗様が
直接取引をして刊行する作品となります。お取り扱いをご興味ある方は
ページ巻末のフォームよりお申し込み頂けますと幸いです。


【単行本情報】
定価:本体価格1,000円+税 判型:A5
ページ数:128ページ 発売日:2019年4月末 発売:エコーズ 
※単行本情報は現時点での仮情報のため、変動の可能性がございます。

【試し読み】
https://mangahack.com/comics/8949
●作者情報●

ウオズミアミ @amiuozumi

熊本市在住、調理師免許を持つ漫画家。
熊本在住の年齢も性別も恋愛も異なる男女3人と猫の同居物語『三日月とネコ』(エコーズ刊)、スパイスとハーブをテーマに女性同士の同棲生活を描いた『おいしいかおり』(マッグガーデン刊)、熊本地震での女性2人猫1匹の被災生活を描いたコミックエッセイ『ひさいめし〜熊本より〜』(マッグガーデン刊)の単行本が刊行され、全て熊本を舞台とした作品。
現在は「ねこぱんち」「ひとりごはん」(少年画報社刊)などで定期的に作品を発表しており、料理と猫の描写に定評のある、注目の作家である。


こんにちは、熊本在住漫画家のウオズミアミです。

私は2016年4月14日より相次いでに発生した「熊本地震」で被災しました。
その当時の様子を描いたエッセイ漫画『ひさいめし~熊本より~』(マッグガーデン)を
刊行したのが同じ年2016年12月。

あれから3年。

この3年の間にもいくつかの大きな地震や災害が全国各地を襲いました。

今回刊行する
「ひさいめし~熊本より3年~備えあれば憂いなし、ときどき猫。」は
いくつかの大きな地震のあと私の個人SNSで発表し多く反響をいただいた内容を
よりご覧いただきやすい形でまとめたものです。

「ごはんの炊き方」や「重いものの運び方」
「備蓄品のおすすめ」「節水時にできたこと」
「被災時の食事」「余震への具体的な“注意”」
「猫との被災生活」 など熊本地震で私が実際に体験し、
学んだこと、役に立ったことなどを、
より多くの方に読んでいただけるよう見やすく、分かりやすく、
実用的に描きました。

それに加え、
3年前に刊行した『ひさいめし~熊本より~』では描けなかったこと、
3年経った今だから言えること、なども描いています。

本震のあと、1ヶ月後に漫画の締め切りがせまり
避難先の屋外駐車場のアスファルトに座り
黄色いビールケースの上で漫画を描いてみたり。
半年経っても生活を立て直せず、
プラスチックの500円玉貯金ケースから
硬貨を4枚取り出し握ってスーパーに行ったり。

そういう、誰のせいでもなく、抗いようもなく
「ただどうしようもなかったこと」もいくつか描かせていただきました。


今回のプロジェクトは小中高校などの教育施設や図書館などに
この「ひさいめし~熊本より3年~備えあれば憂いなし、ときどき猫。」
を寄贈できるようスタートしました。

参加を決意したきっかけは、本書にも登場する同居人の一言でした。
「自分には母親しかいなかったから、母が仕事に行ってる間に地震がきたら
子どもの頃なんてどうすればいいか分からなかったと思う。
もしこういう本が学校や図書館にあって、
少しでも目を通す機会があったら、ずいぶんと
私と同じような子たちの役に立つんじゃないかな」

私が被災したのは熊本市中央区で比較的被害の少ない地域でしたが
経験者だからこその気づきや注意など、
できるだけ有意義な情報を
できるだけ分かりやすくと心がけて描きました。

災害時に限らず、日常から使える情報もあるかと思います。
一度見て、覚えていた知識や知恵の応用が、実際の被災生活でとても役立ちました。
より多くの方に届きますよう願いをこめて。

ご支援、ご賛同いただければありがたく思います。

熊本地震から3年

2019年 春 

  ウオズミアミ


実際に水を汲んでいた時の写真


●資金の使いみち●

●リターンの制作費用
●寄贈の費用
●発送費用


●ご支援頂く際のお願い●

●クレジット用のお名前(10文字以内、HN可)は必ず備考欄にご記載ください。
記載を忘れた方は、個別に2019年4月7日(日)の23時59分までにご連絡ください。
記載がない場合は、CAMPFIREのアカウント名をクレジットします。
●リターンで使用した単行本は売上として計上させて頂きます。


●今作をお取りあつかいご希望の店舗様●

今作は、取次業者様を通さずに、弊社と店舗様の直接お取り引きとなります。
【お取引形態】
「委託」「買切」と2形態あります。掛率は下記フォーム内に記載していますので、お手数ですがそちらよりご確認頂けますと幸いです。
【ISBN】9784991074004
【一次〆切】
2019年4月10日(水)までご連絡頂いた店舗様には、4月末の初回配本の際に発送させていただきます。
それ以降の注文の方は、在庫の状況により最速のタイミングで納品させて頂きます。
【売上のお支払い】月末〆、翌月末払い (を想定しております)
【お申し込みフォーム】 
https://goo.gl/forms/7Uv0zgD3UsySPBVK2 
※書店様だけではなく、販売可能なその他店舗様などもお取引可能です。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください