2ヶ月で腰の痛みを0に!?元海外プロサッカー選手が編み出した『ボントレ』

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

はじめまして。髙塚捺生(タカツカナツキ)と申します。

埼玉県出身の1990年生まれの28歳です。

〈 経歴 〉

東京ヴェルディJrユース-東京ヴェルディユース-流通経済大学-FKBOKELJ-(モンテネグロ)-KSV1919(オーストリア)

プロサッカー選手を引退後、大手パーソナルトレーニングジムに勤め、その後独立。

現在は『MAČKAボントレ』代表として、腰痛で悩んでいる方々を助ける為に活動中。

▼ボントレが生まれるまで

私は独学で『ボントレ』を編み出しました。

2013年(6年前)モンテネグロ在住中、サッカーが上手くなりたいという一心で身体の研究をしていた時に1つの『感覚』を覚えました。その感覚が『ボントレ』の生まれた最初の瞬間です。

その感覚を全身に広げていくと、中学生時代から悩んでいた腰痛がなくなったのです。

この時思ったことは、いつかこの感覚を、腰痛で悩んでいる人に伝えなくてはいけないということです。

▼挫折

サッカー選手を引退後、すぐさま取りかかかったのはこの感覚を人に伝えることです。家族や友人など様々な方にこの話をしました。

しかし、「それはあなただからできる」「誰にでもできることではないだろう」という言葉ばかりが返ってきました。

自分の中で確かな感覚があっても、それを言葉で人に伝えることは難しいことだと痛感しました。

志半ばで、この感覚を伝えることを断念し、会社に就職をしました。

▼転機

会社に就職してからは営業活動に専念していましたが、身体の研究はずっと続けていました。

ある時、人生一度きりだから自分のやりたいことをやろうと思い立ち、大手パーソナルトレーニングジムで働くことに決めました。

そこで働くことによって、最先端の知識と考え方が学べ、私の感覚がこの世界でどこまで通用するのかを確認をしたかったのです。

そのジムで、年間を通じて10代〜60代の方まで合計で100名様以上の方を見させて頂きました。お客様の身体の使い方を見ながら、身体の動き方について深く研究をしました。ジムでの経験はとても有意義な時間となりました。

▼努力が実る

ジムとは別に、『独自の感覚』を人に伝える練習をしていたのですが、腰痛が改善される人が現れ始めました。

ジムで経験を積み、身体の構造について勉強することで、ついに、自分の感覚を言葉で人に伝えることが出来るようになりました。

その結果、ジムでの経験+私の経験を融合させ、今までになかった新たなトレーニングを生み出すことに成功しました。

▼これまでの活動

2017年5月

独立を決意し、大阪府大阪市中央区にて『MAČKAボントレ』をオープンしました。

現在、身体本来の動かし方をトレーニングする『MAČKAボントレ』として、レンタルトレーニングジムをお借りして運営しております。

MAČKAボントレ HP

▼実績

□腰痛改善

□首痛改善

□肩こり改善 (四十肩、五十肩)

□坐骨神経痛改善

□ダイエット

□脚痩せ

□手首痩せ

□平行二重

▼資金の使い道

設備費:約40万円
人件費:約24万円
広報費:164,000円
CAMPFIRE掲載手数料 : 12万円

CAMPFIRE決済手数料:約5万円

消費税 : 13,600円

▼最後に

腰痛で悩んでいる方は全国に大勢いらっしゃると思います。

 私は中学時代から腰痛を患っていましたが、毎週の様にマッサージや整体院通いをしながらサッカーを続けていました。痛みが酷くなったりギックリ腰になる度に、腕の良いと言われるお医者さんを探して様々な所へ行きました。車で3時間かけて治療をしに行ったこともありましたが、改善されることはありませんでした。

しかし、そんな私でも、今は腰痛の心配をすることもなくなりました!

私と同じ様に腰痛で悩んでいる多くの方々に、悩みから解放され痛みのない生活を手に入れて頂きたいと思っています。

今後も、自分に出来る限りの事は精一杯頑張ります!

1人でも多くの方にこのボントレを知って頂くために、皆様のお力をお借りできれば幸いです。

ご協力宜しくお願い致します!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください