「Linky(リンキー)」は折りたたんでリュックに収納できる電動ロングスケートボードです。

プロジェクト本文

リュックに”自由”を詰め込んで、冒険にでかけましょう!

「Linky(リンキー)」は、都市生活者、通勤者、旅行者にモビリティという自由を提供します。

私たちは、リュックに収まるポータブルな電動ビークルを発明しました。Linkyは乗っていて楽しく、初心者にもやさしく、コアなスケボーファンにも満足してもらえる、重量わずか5.5キロの電気で動くロングスケートボードです。

Linkyは誰のため?

キャンパスをLinkyで移動するだけで注目の的に! ボーナス:大学の狭いクローゼットやロッカーにも収納可能。

Linkyがあれば、仕事に行くのが楽しくなります! 折りたたむとコンパクトになるので、電車やバスで周囲に迷惑をかけることもありません。

自由を携えて見知らぬ土地を探検しましょう! Linkyはポータブル、コンパクトなうえ、空の旅にも連れていくことができます。

Linkyは誰でも簡単に乗り方を覚えることができます(もちろん子どもだって!)。友達と一緒なら楽しさもアップします。

革新的なテクノロジー

Linkyの革新的なテクノロジーは、旅行者たちのニーズから生まれました。Linkyは、軽量、急速に充電できる、航空機に乗せられる、ヴィンテージモダンなデザインと実用性を両立させたクールなバッグに入れて持ち歩きたい…。そんなニーズに答えるスケートボードです。

製品開発方法論「AGILE」を駆使して、膨大な数のプロタイピングを繰り返し、フェーズごとにテストを行いながら、2年の歳月をかけてLinkyを開発しました。

折りたたみ可能:特許登録された折りたたみ機構により、Linkyをすばやく広げたり、折りたたんだりすることができます。機能性と耐久性を確保するべく、この機構にはとくに力を入れて開発しました。

軽量:Linkyは重さは5.5キロで、電動スケートボードの中では最軽量のクラスに入ります。構造部分には重い金属部品のかわりに、自動車と同じ高強度ポリマーを使用、デッキにはカーボンファイバーと竹を使用しています。

ポータブルで楽しい:最高のスケートボード体験と軽さを両立させるために、素材の研究には時間をかけています。高速で走りながら鮮やかなコーナリングを決めるための剛性と、ゆるやかにカーブするための柔軟性を兼ね備えていなければなりません。ホイールサイズも、83mmの大型ホイールが荒れた路面でのロングボードライディングに理想的であることを示した研究結果を参考に決定しました。

エアーセーフ:当社の電源システムには、バッテリーパックの充電と放電を調整するBMS(バッテリ管理ソリューション)が搭載されており、良好なバッテリー寿命と総合的な安全性を実現しています。当社はバッテリーを、航空機内でのリチウム電池の輸送に関する現在のIATA規制に対応するように、較正を行っています。バッテリーはモジュール構造になっており、運搬時に取り外すことが可能です。そのためのツールとマニュアルも提供しています。

バッテリー:Linkyの革新的で長寿命なリチウムイオンバッテリーは、自動車産業のエンジニアとしての経験から生まれました。 (※付属の充電器を使うと3時間でフル充電できます)

パワフル:Linkyは永久磁石ブラシレスモータを搭載、100kgの荷重で勾配10%の坂を上ることができます。最高速度は30 km/hに達します。 安全のため、モーターはカバーで保護されています。 携帯性、重さ、スピードにおいて最良のバランスをとれるように最適化しています。

リモートコントロール:Linkyは、リモートコントロールでスピードを段階的に変えたり、停止したり、走行モードを変更することができます。リモコンにはバッテリー残量も表示され、bluetoothでボードに接続します。リモコンのリチウム電池は、プラグに接続するか、ボードの内蔵USBポートを使用してUSBケーブルで充電できます。

回生ブレーキ: Linkyのバッテリーは、ブレーキをかけるたびに充電される仕組みです。

USBポート:USBポートを使って、Linkyのバッテリーでスマートフォンを充電できます。

ヘッドライト:フロント部に搭載されたLEDヘッドライトで、夜のクルージングも快適です。 


リュックサックに収納できる


付属するリュックサック「デイリー・トラベラー」は、Linkyと15インチのノートパソコン(パッド入りの専用ポケットあり)を収納するようにデザインされています。(※今回のリターンは「黒」限定です)


開発チーム

Linkyのアイデアは私たちの実際の旅行体験に由来します。チームメンバーの1人Paoloが、スコットランドを2カ月間バックパック旅行しているときに、世界中の旅行者がグリーンなモビリティーソリューションを必要としている、というインスピレーションを得ました。それは、使わないときはしまっておけるような乗り物です。Fabioは、イスタンブールで歩きすぎてひどい腱炎になった後にチームに加わりました。Cristianoは、ブダペストで最終電車を逃し、徒歩以外に家に帰る方法があればいいのにと切望した経験があります。

Linkyチームのメンバーは全員、自分自身が使いたいがために、このプロダクトの開発に何年もの時間を費やしました(どうぞ自己中と呼んでください!)。Linkyこそ、私たちにとっての、理想の旅行体験をもたらすキープロダクトです。バックの中には、必要な衣類と、好きなときに好きな場所に行ける自由があれば十分なのです!


プロダクト仕様

パフォーマンス

・走行距離:18km(都市の路上)
・登坂:12%(荷重75kgで)
・最大荷重:100kg
・最高速度:30km/h
・走行モード:エコ、クルーズ、スポーツ、セーフティ(街では乗るときの推奨モード)

伝動機構

・バッテリー:リチウムイオンNMC18650セル、125wh、蓄積可能エネルギー
・モーター:ブラシレスDC
・MBS:バッテリーボックスに搭載
・高速充電:30分で85%、60分でフル充電
・バッテリー寿命:フル充電1000回以上

安全性

・バッテリー:SOA(セーフティ・オペレーテョング・エリア)によりバッテリーとモーターの電力を統合管理

プロダクト

・ホイール:83mm
・デッキ:6mmバンブー&カーボンファイバー2層構造、ソフトタッチ・ラバーエッジ
・フレーム:高強度テクノポリマー使用で独自設計
・トラック:180mm。重量を最小化し、パフォーマンスを最大化するために、高強度テクノポリマー使用で独自設計。
・折りたたみシステム:特許申請中
・USBコネクト:スマートフォンなどのUSBデバイスを充電可能

コントロール

・リモートコントロールが可能

サイズ展開時:
長さ 800 mm、幅 280 mm、高さ 150mm
重量 5.5kg

折りたたみ時:
長さ 400 mm、幅 280 mm、高さ 140mm


FAQ

Linkyの耐荷重は?

Linkyは100kgのライダーを載せることを承認されています。

折りたたみシステムの耐久性は大丈夫?

大丈夫です。心配する気持ちはわかります。ですので、事実関係を明らかにしたいと思います。折り返し点が必ずしも機構的な弱点になるわけではありません。また、この機構の開発は、私たちが最も力を注いだところでもあります。エンジニアリングの豊富な経験と、高強度プラスチックポリマーの採用により、折りたたみシステムを頑丈で軽量なものにすることが可能となりました。

Linkyはどの程度柔軟ですか?

Linkyは通常のロングスケートボードと同じぐらい柔軟です。フレックスを最適化するためのセントラルサポートを慎重に検討し、スポーティでありながら快適な乗り心地を実現しています。

走行中に折りたたまれてしまうことはありませんか?

ありえません。走行中はボードが展開された状態が安全かつ確実に維持されるように、ジョイントシステムを設計しています。

開閉は簡単ですか?

簡単です。開閉ができるだけスムーズかつ簡単にできるように、開閉メカニズムの開発に賢明に取り組んできました。2つのパーツは非常に楽にスライドして開くことができます。開閉はわずか数秒しかかかりません。


従来のスケートボードと乗り心地や乗り方は同じですか?

厳密にいえば違います。電動スケートボードは、電動機構がホイールにフリースピンを制限するため、電動でないスケートボードと同じ乗り心地とはなりません。とはいえ、違いは最小限です。一方で、足で踏み込まなくても、Linkyを自由に簡単に動かすことができます。従来のロングスケートボードとの形状のわずかな違いの1つは、多角形のフットエリアと折りたたみ機構で、その結果、足を置く位置がデッキエリアに限定されています。つまり、Linkyは従来のトリックやダンスには使えないということです(新しいダンスをぜひ発明してください!)。

Linkyにキックテイル/ハンドル/オフロードホイールがないのはなぜですか?

Linkyの物理機能に要望を持つユーザーのみなさんから、たくさんの素晴らしいフォードバックをいただきました。 (1)このボードにキックテイルがあったらクールになると言う硬派なロングボーダーの方々もいました。残念ながら、キックテイルはは折りたたみ機構に悪影響を及ぼす可能性があるため、見送ることとなりました。キックテイルはトリックやジャンプに有利ですが、Linkyは主に地面をまっすぐ走るためにデザインされています。(2)スクーター型のハンドルがあればLinkyがさらに快適になるとアドバイスをくれた人たちもいました。私たちはロングスケートボードのフィーリングを実現することを選択しました。Linkyの乗り方を覚えるのに時間はかかりません。試してみてください。ぜったいに楽しいですよ!(3)オフロードホイールを備えた素晴らしいボードがいくつかありますが、Linkyには搭載していません。どうして? 大きすぎてリュックに収まらなくなるからです。また、折りたたみ機構を妨げてしまいます。技術的には、自分でオフロードホイールを取り付けることは可能です。

Linkyは防水ですか?

防水です。電子部品は、ほこりや水が入り込まないOリング密閉コンパートメントに収納されています。つまり、雨の中で走行したり、水たまりの上を走っても大丈夫、電子機器は影響を受けないということです。もっとも、バスタブやプール、湖にボードを水没させることは決して推奨いたいませんが ;). また、Linkyがいくら防水だからといって、濡れた路面を走るのは危険ですのでお勧めいたしません。

バッテリーは交換できますか?

バッテリーは交換可能です。(交換用バッテリーは当社のウェブサイトで購入いただけるようにする予定です)。バッテリーコンパートメントを開けるにはボルトをゆるめる必要があります。バッテリーコンパートメントは防水Oリングで密閉されています。

保証書、マニュアルはつきますか?

あります。Linkyはバッテリーとボードに関して、標準的な2年間のメーカー保証が付いています。問題が発生した場合は、カスタマーサービスにご連絡ください。

また、スケートボードの部品の多くは通常使用でダメージを受ける可能性があります。ですので、ホイール、ベアリング、ベルトなどの部品のメンテナンス方法を記したマニュアルを提供しています。

何か安全上の勧告はありますか?

Linkyに乗るときは保護具を着用し、その場所の法律に準拠して使用することをお勧めします。

※注意:手荷物の安全性は各航空会社の責任です。 現時点では、Linkyを機内持ち込みではなく、預け入れ荷物にすることをお勧めします。


リスクについて

本製品は海外より販売、発送となる為、ご購入金額等によっては到着時に関税や消費税、その他通関手数料等が発生する場合がありますのでご注意ください。

 これらの点にご理解いただけない場合はお申込みをお控えください。

■ 特定商取引法に関する記載

販売事業者名:ジェイディジャパン株式会社

事業者の所在地:大阪府箕面市船場西1-3-6

事業者の連絡先:※こちらではお申し込みは受け付けておりません。お問い合わせは当ページの「メッセージで意見や問い合わせを送る」ボタンよりお願い致します。

リターン価格:

・商品内容に関してはリターン欄記載の通り。
・送料別途(各リターン毎に記載の通り)

申込期限:当ページ記載のプロジェクト終了期限通り

支払い方法:

・クレジットカード払い(Visa/Mastercard/JCB/Diners Club/American Express)

・コンビニ払い(全国の主要コンビニエンスストア)

・銀行振込(銀行ATM・ネットバンキング)/

・auかんたん決済/ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い/ドコモ払い

・Paidy後払い(毎月月末締め、締切日の属する月の翌月10日までにコンビニ、銀行振込または口座振替でお支払いください。毎月1日に請求書を発行し、3日までにEメール・SMS(ショートメッセージ)にてご案内いたします)。

※お支払いの手数料に関して

Paidyの口座振替を選択した場合はお客様のご負担はありませんが、コンビニ払いの場合 350円(税込)、Paidyでのコンビニ払いの場合 350円(税込)が、お客様のご負担となります。また、銀行振込、Paidyでの銀行振込をご利用の場合は、所定の振込手数料がお客様のご負担となります。

支払い時期:当プロジェクトは「All-in型」の為、目標達成の如何に問わず、ご契約が成立します。その為、お申込みと同時にご利用の決済方法に準じてご請求となります。

引渡し時期:各リターン詳細に記載の発送予定月を引き渡し時期とします。但し、開発・生産・物流状況によって遅れが生じる場合がありますのでその際は当プロジェクトページ内の「活動報告」または購入者へのメール等で連絡します。

 キャンセル・返品:当プロジェクトは「All-in型」の為、お申込み完了をもって契約が成立いたします。その為、お客様都合による返品・キャンセルはできませんのでご注意ください。

尚、製品到着後に破損や初期不良がある場合には交換させていただきますので「メッセージで意見や問い合わせを送る」から、または弊社連絡先までお問い合わせください。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください