日本を変える新しいカルチャー《WACHILL》をコンセプトにしたゲストハウスの内装を完璧にしたい。

プロジェクト本文



まずはこちらをご覧ください...




いかがでしたでしょうか?
こちらが私たちのコンセプトです^^
まずは一個ずつこのWACHILLについて
紐解いていきましょう!








日本の文化である”和”
他の国にはない独特なものです。
例えば「おもてなし」と言う言葉がありますが、
これは日本ならではの
思考の象徴とも言われています。



相手が喜ぶことを考えて最大限の心遣いを行う、
優しさと思いやりを込めた気配り
どんな相手に対しても、心遣いを忘れずに
接することができるのが日本の心の一つです。



そんな和の文化ですが
現在日本で大変な問題を抱えています。



またグローバル化や外国人労働者の増加により
海外の文化が多様化するとで
より一層日本の文化の重要性が薄まり
和の文化が飲み込まれてしまう問題があります。

上記で説明した失われてはならない和の文化が
今、脅かされています。







皆さんはCHILL(チル)という言葉を
知っていますか?
CHILLとはもともとHIPHOP用語であり
今ストリートカルチャーで
流行している言葉です。

CHILL(チル)という言葉は
くつろぐという意味に似ていますが
ただくつろぐという意味だけではないのです。



この写真を見るとどこか楽しそうで
何かいつもとは違った雰囲気の中
いろんなことを話してそうと思いませんか?

このように
CHILL(チル)という空間は閃きを促進させたり
仲間意識が強くさせたり
心の内を明かせて話せるような
自発性を向上させる効果
があります。

自分の価値観や考え方をさらけ出して話した時
初めて価値観が合う
本当に仲間と言える人と出会えたり
自分の人生についての理想や夢を
再確認されるきっかけになります。


いつもとは違う何か非日常な場所が作り出す空間
それがチルという空間です!


※チルについてもっと知りたいという方は
面白い記事を用意しておりますので
こちらをご覧ください!


https://note.mu/shokoryuzaki/n/nba4b1cf2f486  
↑チルの言語化
http://happism.cyzowoman.com/2013/04/post_2160.html
 ↑チルが持っている力



友達や家族の前で自分のことを
熱く話したことはありますか?

自分の考えや人生観を伝えるのって
恥ずかしかったりしませんか?



このグラフから読み取れるように
近年日本人はコミュニケーションを
不得意として捉えている人が
多く見受けられます。

理由としては
自分をさらけ出す機会が
日本は極端に少ないからです。


ではなぜ、冒頭でも述べたように
日本には自分をさらけ出す機会が
少ないのでしょうか?



大きくこのような理由によって
CHILLという空間を
作り出す機会が日本には少ないのです。



そこで私たちはこの和の文化 と CHILLの空間を
融合した新しいスタイルを作りました!
それが・・・

#WACHILL

この WACHILL は上記で説明した
和の良さとCHILLの力を持ち合わせたものであり
和の問題とCHILL不足を解消するものです。


ここからは、もう少しこのWACHLLについて深く説明していきます。
















BONDS HOUSEは前述の
”WACHILL”をコンセプトとしている
ゲストハウスです。

BONDSとは繋ぐという意味で、
単に世界の人々を繋ぐだけではなく
多くの人々や価値観との出会いで
人生が大きく変わるきっかけになる
という意味も込められています。


"WACHILL"というコンセプトで和の文化の拡散と
chillな空間で自己分析を促進させることができる
それがBONDSHOUSEです。



↑フランスから来たゲストと
梅酒を飲みながらのCHILL



↑和の文化とCHILLを取り入れた
恵方巻きとシーシャのイベント



↑CHILLしながらWACHILLを
どのように広めていくか会議


↑地元の方と曳舟の街のことについてお話


↑和の遊びのけん玉を通して地元の方と交流


このように
BONDS HOUSEには日本人はもちろん
世界の人々が訪れ
WACHILLを体験してもらうこと
価値観や考え方と同時に
自分を見つめ直すことで新たな自分に気づき
これから先の人生の分岐点に立つことができる
存在であることを目標とします。




ボンズハウスは東京都墨田区東向島にあり、
最寄駅である曳舟は
とても風情のある街並みです。
スカイツリーも近く
徒歩圏内で浅草までいける距離にあります。

それではここで、BONDSHOUSE近辺の
曳舟の街並みを紹介します!

〜ボンズハウスの目の前に広がる鳩の街商店街〜

〜季節によって顔を変える隅田川〜


〜色々な店が並ぶ曳舟駅前〜




そんな古き良き街曳舟にある
BONDS HOUSEの完成イメージ図が
こちらになります!


1F 曳舟の甘味処(オープンスペース)


2F 着物屋を営む3人家族の部屋(客室用)

3F 江戸から曳舟まで旅をしてきた大名が宿泊する城の一室(客室用)



4F 昭和初期の路地裏にある秘密基地(オープンスペース)

ルーフトップ 昭和の路地裏を抜けた所にある、祭り屋台(オープンスペース)



上記のイラストがBONDSHOUSEの
”完成イメージ図”
ですがこれにはまだまだ
程遠い内観というのが現状です。

1F〜4Fの5つのスペースで
合計90万円のお金が必要になります。


そこでこの度は
皆さまのお力をお借りしたく
この度クラウドファンディングを

行うことにしました。

WACHILL”なゲストハウスを作るためには
内装を大幅に改装する必要があります。

目標金額は内装費用に必要な90万円です!

WACHILLで日本を超える。
どうか、BONDSHOUSEにご協力の程

よろしくお願いいたします!



今回我々BONDSHOUSEに
ご支援ご協力していただけるという方は
リターン一覧より商品を
お選びいただく形になります!

そこで頂いた支援金が
上記の内装の改装にあてられます

リターンの種類は以下の通りです!


この度は曳舟の特産品を
リターンに取り入れることができました!
是非曳舟を皆さまに知っていただきたいです。


まず一つ目は曳舟の駅前にあるSucreさん。
なんと店長さんはハンドドリップの日本大会で
優勝されたこともある
とても美味しいカフェです。
そんなカフェSucreさんのオリジナルブレンドの
コーヒー豆をご用意いたしました!
※1リターンにつき100gになります。

続きましてオリジナリル印刷煎餅を
製造している坂本せん餅さん。

昭和7年から続いている
歴史のあるお煎餅屋さんです!
今回坂本せん餅さんご協力のもと
世界に一つだけのBONDSHOUSE煎餅を
ご用意することができました!
※1リターンにつき3枚になります。


続きましてBONDSHOUSE
オリジナル商品であるステッカー。
こちらの商品は素材にこだわっており
和紙を使ったお洒落なアイテムとなっています!



続きましてBONDSHOUSE
オリジナル商品であるTシャツ。
こちらの商品はWACHILLを
わかりやすくデザインし、
素材にもこだわった商品になっております!




※Tシャツのサイズは以下の通りです

着物デザイン (L , XL)
松竹梅デザイン(M , L , XL)

サイズに限りがございますので
無くなり次第終了となります。

Tシャツのリターンをご選択される方は
希望デザインとサイズをご記入ください。



リターンは上記のもの以外にも
今後追加していく予定ですので
お楽しみに!



今後の活動は
インスタグラム、YouTube
などを通してお伝えさせていただきます!

インスタグラム↓
https://www.instagram.com/bondshouse

YouTube↓
https://www.youtube.com/channel/UC_82w2FwyZS57pdTy0KAaxg?view_as=subscriber



ご不明な点がございましたら、
下記のメールアドレスまで
ご連絡御願い致します。

lifebonds.house@gmail.com


  • 2019/05/03 22:55

    今回の活動報告は番外編として紹介させていただきたい方達がいます。「たもんじ交流農園」さんです!たもんじ交流農園は寺島と玉ノ井のまちづくりをされている協議会の方達が運営している墨田区唯一の農園です。今回のクラウドファンディングのリターンでもあるおせんべい屋さんの坂本煎餅さんにお話を伺った時にご紹...

  • 2019/04/24 19:26

    この度、追加リターンとして星畑ひかりさんがコラボしてくださいました!出会いは、日本舞踊のイベントに和の勉強をしに行ったとき。彼女も僕たち同様日本の和にフォーカスを当てた活動をしています!~星畑ひかり~「星畑ひかり より」として美術の短期大学を卒業後フリーランスとして様々な分野で修業しながら活動...

  • 2019/04/19 00:21

    今回の活動報告はこちら...畳のオーダーメイド導入!なんと今回2階に敷いた畳は浅草の老舗「金井畳店」様に作成していただきました。「金井畳店」さんは明治44年に創業され今も続くなんと100年を超える歴史を持ったお店です。私たちのコンセプトの一つである地域の交流、意味のある伝統的な和を広めるために...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください