自作のオリジナルボードゲーム、「ANIMAM(アニマム)」を制作して、遊んでもらいたい!ボドゲの制作資金を集めるプロジェクトです。

プロジェクト本文

初めまして!「ANIMAM(アニマム)」開発・制作の”ぜうす”と申します。

自作のボードゲームを皆様に遊んで頂くために、制作資金を募っております。

私自身、ボードゲームをはじめ正体隠匿系のゲーム、議論ゲームなどなど、みんなで机を囲んで遊べるアナログゲームが大好きです。



このゲームは動物のカードを使い、様々な部門で”百獣の王”を決める議論ゲームです。


人数:3~8人用(4人以上推奨)
プレイ時間目安:15~30分


■内容物(箱有り)
・動物カード 50枚
・お題カード 30枚
・説明書


■ルール(解説動画もございます。)
まず、プレイヤーには基本5枚の動物カードが配られます。(配る枚数は、人数や時間に応じて変えてOK。余ったカードは欠け。)
次にお題カードを山札にして、1枚めくります。
するとめくったカードの表には「お題」、山札の裏には「数字」が描かれています。
お題は様々な形容詞、数字は1~3です。
その数字は「この場の中で〇番目」という順位を示しています。
例えば、「かっこいい」「3」であれば、「この場の中で3番目にかっこよければ勝利」ということになります。


この場合だと、「この場の中で2番目に”おそければ”勝利」なので、手札の動物カードの中から、「この場の中で2番目に”おそくなれそうな"動物」を自身で選び、場に伏せて出します。
全プレイヤーがカードを伏せたら、準備完了です。


一斉にカードをオープンしたら、はじめに「追放のターン」を行います。
議論はせず、第一印象で「この場の中で最も”おそくない”動物」に一斉投票し、追放します。(このタイミングでは数字は関係なく、お題に対して最も不適な動物を追放。)
お題の数字が「3」だった場合などで、明らかに3番目を狙いにいってしまうと、議論にすら参加できない可能性があるためご注意ください。
しかし、これがメリットだったりもします。(後述)


いっせーのーせ!
この場ではうさぎが民意により追放されてしまいました。(2:2などの同数だった場合はジャンケン推奨)
追放されたプレイヤーは、追放された動物カードを手札に戻し、ここから議論のマスターとなります。
残っている中で誰が「2番目に”おそい”」のかを考えてください。


それでは、「プレゼンのターン」です。自分の動物を売り込みましょう!
議論はマスターの次の人から時計回りに進んでいきます。
最初のプレゼンターは不利な場合が多いので、追放する位置も重要です。
目安は「1人につきプレゼン30秒、他のプレイヤーは口出し禁止」でプレイすると、サクサク遊べます。


プレゼンが終わったら、マスターは最もお題に適していた動物と、良いプレゼンをしたプレイヤーを1人ずつ選びます。
良かった点・悪かった点などを発表しながら、各プレイヤーが納得出来るように番付しましょう。

この場では、動物はかめれおんが選ばれ、プレゼンはかえるが選ばれました。
かめれおんを出したプレイヤーは、かめれおんのカードを自分の手前にストックしておきます。(2pt)
かえるを出したプレイヤーは、お題カード(おそい)を自分の手前にストックしておきます。(1pt)
これが後にポイントになります。

選ばれなかった動物カードたちは捨て札となり、再度使うことができなくなります。
(ここで後述)最初に追放されてしまったプレイヤーはカードを手札に戻すため、次のお題では自分だけ手札が1枚多い状態で戦うことができるというメリットもあります。


これを繰り返し、誰かが手札を全て使い切った時に、最もポイントの多いプレイヤーが勝利となります。


■動物カード(表)


■動物カード(裏)

実寸:86×52mm

【登場する動物カード】(50種類)
あざらし、いぬ、いのしし、いるか、いんこ
うさぎ、うし、うま、おおかみ、おっとせい
かえる、かば、かぴばら、かめ、かめれおん
かんがるー、きつね、きりん、くじゃく、くま
こあら、こうもり、ごりら、さい、さめ
さる、しか、ぞう、たか、だちょう
たぬき、ちーたー、つる、となかい、とら
にわとり、ねこ、ねずみ、はむすたー、ひつじ
ひょう、ふくろう、ぶた、へび、ぺんぎん
やぎ、らいおん、らくだ、りす、わに


■お題カード(表)


■お題カード(裏)

実寸:86×52mm

【入っているお題カード】(30種類)
あたまがいい、あびない、うつくしい、うるさい
えらい、おおきい、おそい、おもい、かっこいい
かるい、かわいい、くさい、ごつごつ、こわい
ざらざら、ちいさい、つよい、つるつる、とげとげ
はやい、ひょろひょろ、ふさふさ、ぷにぷに
ふわふわ、ほしい、まるい、むきむき
めずらしい、もこもこ、やさしい



私は「人狼ゲーム(ボードゲームの一種)」が趣味で、人狼ハウス福岡店(最後に詳細あり)に勤務しております。
人狼に携われる仕事を通して知り合えた方や友人と日常的に色んなボードゲームで遊んでいます。
今、私が置かれている環境の中で、何か新しい”楽しさ”を、”喜び”を、自分で生み出すことができないかと考え、様々な自作ボードゲームを作っては、身近な友人にテストプレイしてもらったり、仕事の休憩中や空き時間でお客様にテストプレイして頂いたりしました。
そうしてやっと私の中で形になったものが、この「ANIMAM(アニマム)」なのです。



主にボードゲームの製作資金に使用させて頂きます。
その他に、宣伝・広告・リターンの製作費用・送料として使用させて頂きます。
プロジェクトで集まった資金の12%はシステム利用手数料、5%は決済手数料として、計17%が徴収され、別途消費税がかかります。



コースを9種類ご用意させて頂きました。
早見一覧表と、リターン欄をご参考にお好みのコースをお選びください。

※コース詳細はリターン欄をご覧ください。


リターンは5つご用意しております。

①感謝状、送料込み
ありがたいご支援に感謝の気持ちを込めて、感謝状をご住所宛てに送付致します。
1つのコースにつき1点となります。
全てのリターンについて、送料込みの金額ですのでご安心ください。

②ボードゲーム本体
本プロジェクトのメインになります。
どなたかの”楽しい”に、お力添えできれば幸いです。
(定価:税別1800円予定)

③サンクスクレジット
ボードゲーム本体に同梱される説明書に、スペシャルサンクスとしてお名前を掲載させて頂けます。
記載を希望しないことも可能です。

④拡張カードセット
CAMPFIREのリターンでしか入手できない、特別な動物カード10種類が追加されます。
(無くても遊べます。)

⑤全国で使える!人狼ハウス500円チケット
「誰でも気軽に人狼を遊べるスペース」”人狼ハウス”(最後に詳細あり)全店舗でご使用頂ける500円チケットが、なんと全リターンに無条件で付いてきます!!
1つのコースにつき1点となります。



3/15(金)~3/18(月)の期間より、本プロジェクトを始動致します。
5/26(日)までの2ヶ月間強、ご支援を募っております。


5/26(日)にプロジェクトが終了し、5/29(水)までに支援金の振込申請を行います。
本来であれば翌月末日の6/30(日)に着金ですが、日曜日のため翌営業日の7/1(月)が着金予定日となります。


着金確認後、すぐに発注を行い7/15(月)まで発送準備期間となります。
7/16(火)以降、順次リターンの発送を予定しております。

プロジェクト終了から発送までしばらく日が空きますが、ご了承ください。



当プロジェクトは「All-in方式」です。
目標金額に満たない場合でも計画を実行し、ご支援頂いた方にリターンをお届けします。

目標金額に到達した後でも、プロジェクト終了日までご支援を募り、ストレッチゴールとして、さらに豪華なリターンを追加したりできればと考えております。

初めての試みながら、精一杯頑張ります。

どなたかのお手元に、私が考えた”楽しさ”をお届けできれば、これ以上の幸せはありません。
どうかご支援を宜しくお願い致します。


■ご質問・ご相談
CAMPFIREのダイレクトメッセージをご利用頂くか、Twitterの「@zeus_jinroh」のダイレクトメールまでお問合せください。


■ 開発・制作協力
「誰でも気軽に人狼を遊べるスペース」人狼ハウス株式会社
URL:http://werewolf-house.com

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください