近年若者の出会い系サイトによる悲惨な事件などとても深刻な現状になっておりそして高齢者による孤独死など連日ニュースなどで報道されている現状。そんな中安心安全に素敵な人に出会えその方が人生最高のパートナーと心から思えるお相手との出会いの提供をしたくプロジェクト致します。よろしくお願いいたします。

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

はじめまして株式会社アムール代表取締役社長 アビコ ユウイチと申します。

このたびはご覧頂ましてありがとうございます。

安心安全に素敵な出会いや人生の大切なパートナーを提供したく準備致しております。


▼このプロジェクトで実現したいこと

近年若者の恋愛離れや結婚率低下により悪質な出会い系アプリなどで悲惨な事件や高齢者による孤独死や出会いの場の提供場所が少なく恋愛をしたくても出来ない、もっと安心安全に出会いの場があれば孤独死率の低下を目指し、若者には恋愛は楽しく幸せなものだと実感し少子化問題に少しでも貢献し、来ていただいたお客様に安心かつ安全に素敵なパートナーを見つけて頂今までにない素敵な時間を過ごして頂くきっかけを提供していきたいと思います。

結婚離れは本当に深刻化しているの?

2015年の国勢調査によると、25~29歳の男性では、およそ3人に2人(72.7%)が未婚、女性は6割(61.3%)が未婚でした。30~34歳では、男性はおよそ半数(47.1%)が、女性は3人に1 人(34.6%)が未婚でした。30年前にさかのぼって1985年のデータと比べてみると、25~29歳の男性では60.6%が未婚、女性では30.6%が未婚(つまり女性の7割が20代で結婚)で、30~34歳となると、男性の未婚は28.2%、女性は10.4%でした。つまり30年前までは30代半ばまでに結婚する人が、男性では全体の7割、女性では9割だったのです。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

私自身も約8年前から街コンや婚活パーティーに参加するようになりました。

さまざまなイベントに参加させていただきましたが他社のイベント内容に疑問を持つようになりました。


着席方のイベント疑問点

1  1対1のトーク時間が短く、相手のことをよく知れない

(1人あたりのトーク時間約2~3分、自己紹介しか出来ない)

2  予約したイベント内容と当日行ったイベント内容が違う

(20代限定のイベントなのに30代や40代近い人がいるなどなど)

3  男女の比率があまりに違う

(男性12人:女性3人など)

などなどあげるときりがないのでこれぐらいにしておきます。


他のパーティーの疑問点もあり、これではせっかく参加してもお互いの事がわからなすぎて逃してしまったり、行くだけ無駄になってしまったなどの経験は私だけではないと思います。

ですのでせっかく着ていただきましたお客様にはしっかり時間を使ってお互いの事を知っていただく事を重視してより慎重に効率よく大切な人との出会いの場を提供したいと思うようになりました。



▼これまでの活動

約5年前に某大手街コン運営会社に企画書を持って行き、この方がお客様の満足度やカップル率も上がると企画交渉にも出向いたことがありますが利益重視の大手企業は耳を傾けてはくれませんでした。

その頃からもう自分でやるしかないと思い、さまざまな街コンイベントや婚活パーティーに参加しイベントの進行具合や男女の比率や曜日や時間帯の来店数の集計をし、どの時間帯ならお客様が来やすいかどの曜日に来やすいかなどを現場に行って調べてきました。

▼資金の使い道

街コン、婚活パーティーの1日の場所代(レンタルルーム、横浜駅周辺)

プロフィールカードの制作費

集客による広告費

皆様のご支援はこれからの日本の未来を支え、身近の大切な人の幸せの為に使わせていただきます。

どうかご支援ください。よろしくお願いいたします。

▼リターンについて

1000円:お礼のメール送らせていただきます+お名前を無期限で公式サイトに掲載させていただきます。※ 支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。 記入のない場合はCAMPFIREのユーザー名を掲載いたします。ご了承ください。

3000円:当社のイベント1回参加のご提供+お礼のメール送らせていただきます+お名前を無期限で公式サイトに掲載させていただきます。※ 支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。 記入のない場合はCAMPFIREのユーザー名を掲載いたします。ご了承ください。

5000円:当社のイベント1回参加のご提供(お友達1名までご一緒に参加もOK)+お礼のメール送らせていただきます+お名前を無期限で公式サイトに掲載させていただきます。※ 支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。 記入のない場合はCAMPFIREのユーザー名を掲載いたします。ご了承ください。

10000円:当社のイベント1回参加のご提供(お友達2名までご一緒に参加もOK)+お礼のメール送らせていただきます+お名前を無期限で公式サイトに掲載させていただきます。※ 支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。 記入のない場合はCAMPFIREのユーザー名を掲載いたします。ご了承ください。  

30000円:当社のイベント1回参加のご提供(お友達3名までご一緒に参加もOK)+お礼のメール送らせていただきます+お名前を無期限で公式サイトに掲載させていただきます。※ 支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。 記入のない場合はCAMPFIREのユーザー名を掲載いたします。ご了承ください。  

50000円:当社のイベント1回参加のご提供(お友達4名まで参加もOK)+お礼のメール送らせていただきます+お名前を無期限で公式サイトに掲載させていただきます。※ 支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。 記入のない場合はCAMPFIREのユーザー名を掲載いたします。ご了承ください。  

80000円:当社のイベント1回参加のご提供(お友達5名まで参加もOK)+お礼のメール送らせていただきます+お名前を無期限で公式サイトに掲載させていただきます。※ 支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。 記入のない場合はCAMPFIREのユーザー名を掲載いたします。ご了承ください。  

100000円:当社のイベント1回参加のご提供(お友達6名まで参加もOK)+お礼のメール送らせていただきます+お名前を無期限で公式サイトに掲載させていただきます。※ 支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。 記入のない場合はCAMPFIREのユーザー名を掲載いたします。ご了承ください。  

150000円:当社のイベント1回参加のご提供(お友達7名まで参加もOK)+お礼のメール送らせていただきます+お名前を無期限で公式サイトに掲載させていただきます。※ 支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。 記入のない場合はCAMPFIREのユーザー名を掲載いたします。ご了承ください。  

200000円:当社のイベント1回参加のご提供(お友達8名まで参加もOK)+お礼のメール送らせていただきます+お名前を無期限で公式サイトに掲載させていただきます。※ 支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。 記入のない場合はCAMPFIREのユーザー名を掲載いたします。ご了承ください。  


ご支援よろしくお願いいたします。


公式サイトはこちら

https://amourmatikon.amebaownd.com/

フェイスブックのフォローもよろしくお願いいたします。

https://www.facebook.com/profile.php



▼実施スケジュール

2019年5月頃に第1回目のイベント開催(資金が集まり次第早まる可能性あり、その際はメールにてご連絡いたします。)

場所

横浜駅周辺にて開催予定

▼最後に

◇結婚のメリット

多くの既婚・未婚男女を取材してきた印象で言うと、結婚するメリットは、以下の3つだと考える人が多いようです。

☆自分の家族ができる

「子どもがほしいので結婚したほうがいいのかなあと思う」(36歳・男性)と子どもを結婚の動機に挙げる人が大多数ですが、「将来のことを考えるとずっとひとりは嫌」(28歳・女性)という声も多いです。

☆一人前になれる

一昔前に言われていたような「結婚してやっと一人前」という世間的な評価というよりは、自分自身が「なんのために生きるのか、働くのかを体感できた」というようなイメージを言う人が多いです。

☆精神的に安定する

「家族がいる安心感は何物にも代えがたい」(36歳・女性)、「今までキリキリしていたのが嘘のように安定した」(37歳・女性)という意見に代表される「心の平穏」や「安心感」などのことです。

◇結婚のデメリット

続いてデメリットを見てみると、以下の3つがよく挙げられます。

☆時間の自由が失われる

「時間の自由」とは、「仕事で1日を費やして、土日は趣味や勉強をしたいけれど、結婚するとそれができなくなる」(25歳・男性)というように、「好きなことができなくなる」「自由に時間配分ができなくなる」ことへの怖れです。

☆経済的な自由が失われる

「趣味にお金が使えなくなる」(38歳・男性)「結婚したら都心に住めなくなる(通勤が大変になる)」(25歳・女性)という声のほか、「コスパ意識」から結婚を避けようとする人たちもいるようです。ただし、これらは「経済的に安定したら結婚したい」という思いの裏返しでもあって、「いつかは結婚したい」と考える男女が多いこともつけ加えておきましょう。

☆子育てが大変

結婚率が高かった時代に比べると、核家族化や女性の社会進出が進んだことから、「子どもを育てる大変さ」を挙げる人は相当数います。実は結婚したい理由のメインは、昔から「子どもがほしいから」が1位です。しかし、今どきは「子どもを育てる大変さ」をさまざまなメディアで見知っている人が多いだけに、「仕事を辞めなければならないかもしれない」が、「収入も多くはないし……」と子育てを結婚のデメリットととらえる気持ちが芽生えやすいのかもしれません。

◇今後の結婚のあり方とは

現実の社会状況を見ていると、結婚離れが進んでいくのは先進国に共通する大きな流れで、抗えるものではない気がします。ただ、結婚の形態や、結婚に代わる「つながりのあり方」を模索する人は増えてきていますし、その息吹も聞こえはじめています。たとえば、結婚の形態で言えば、何度も結婚する人が増えていたり(2015年の国勢調査では全婚姻数のおよそ3割が、片方または両方の再婚)、事実婚や同性婚を選ぶ人、未婚のままシングルマザーの道を選ぶ人たちも数を増しています。

また、結婚という形でなくても、単純に「人と暮らす」ということで言えば、シェアハウスはこの5年でぐんと増えてきていますし、ひとり暮らしを経た後に実家に戻るシングル男女も実は増加しています。
さらに、50代以上の結婚は未婚・再婚共に増えてきていますから、今後は、これまでの概念にとらわれない「つながり方」や「結婚のあり方」を選ぶ人が増えていくのかもしれません。


最後までご覧頂誠にありがとうございます。

ご支援いただきました方々に感謝と恩義を忘れず全身全霊で取り組み

来ていただきましたお客様にすばらしいパートナーとの出会いの場を提供できるよう

努力してまいりますので、何卒ご支援の程よろしくお願いいたします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください