国内有数のインバウンド観光地・山ノ内から発酵食文化を発信している「HAKKO」が、クラウドファンディングに挑戦!発酵製品のひとつであり、店長・濵田が愛してやまない「クラフトビール」の魅力を国内外の方々に知ってもらうため、生ビールタップ設置の費用を募ります。

プロジェクト本文


「三度の飯よりビール好き!」
どうも、HAKKO beer&resataurant 店長の濵田祐輝です。

「は?濵田って誰やねん」という方も、「お、はまちゃんだ」という方も、この挑戦に興味を持っていただき、誠にありがとうございます!

突然ですが、皆さんはビール好きですか?私は大好きです!
大手メーカーのビールから、ご当地のビールや海外のビールなど、日本だけでみても100社以上、海外のビールを含めると300種類以上のビールが飲めるという、今の時代に生きられて、本当によかったー!!!と毎日噛みしめる日々です。

…そんな私が今回、皆様と一緒に挑戦したいと思っているのは、愛すべきクラフトビールの業界をより一層盛り上げていくこと、そして何よりクラフトビールをもっと皆様の身近なものにしたいため、お店に生ビールのタップを設置することです!

その理由や想いについて説明する前に、まず私が働くHAKKOというお店について紹介させてください。


こちらが、私が店長を務めている HAKKO beer&restaurant です。『信州発酵文化を世界へ』をコンセプトに、国内外の方々へ発酵食品をベースとした料理を提供しています。

HAKKOがある長野県・山ノ内町は、『パウダースノー』の聖地である志賀高原の麓に位置しています。昔ながらの温泉地で親しまれるこの町は、『スノーモンキー』と呼ばれる温泉に浸かるお猿さんが海外を中心に話題を集め、日本有数の外国人観光地として国内外からたくさんの観光客が訪れます。

県内外はもちろん各国から山ノ内へ観光に来た方で日夜賑わう『HAKKO(ハッコー)』。その店舗名は、長野県で昔から続いている “発酵食品” “発酵文化” をインバウンド客で賑わう山ノ内から世界に向けて発信したい!という願いから名付けられました。

長野の銘柄鶏を地元の塩麹でマリネした『塩麹漬け信州ハーブ鶏のグリル』や、山ノ内産のしいたけと地域の郷土食である醤油豆を組み合わせた『山ノ内産しいたけのグリル 醤油豆のせ』など、発酵食品と地域の食材を掛け合わせた料理を提供しています。

こうしたお料理とぜひ一緒に楽しんでもらいたいと思うのが、私の愛すべきクラフトビールなんです。


そもそも「クラフトビールってなに?」という方も多いかと思います。明確な定義はありませんが、クラフトビールについて自分なりに紹介させていただくと【大手のビール会社ではなく、小規模で、地域に根ざした醸造場がつくるビール】といったところでしょうか。

(最近では大手も趣向を凝らし、より良い品質、多様なビールの可能性を模索しているので、こんな紹介もいつかはしなくなるのではないかなと思います。)

長いあいだ親しまれている大手の造るビールも美味しいですが、それらとはまた違った『味』や『香り』が楽しめるクラフトビール。使う原料にこだわり、その配合や入れるタイミング、会社としての哲学を貫き通したその味の表現に、造り手の顔・想いを見ることができることが、私の思うクラフトビール最大の魅力です。

私の住む山ノ内町には『玉村本店』という、クラフトビールと地酒を醸す会社があります。ホップの効いたパンチのある味わいは、数多くのビール好きを唸らせるほどです。私自身、玉村本店の「Africa Pale ale」というビールを飲んでから、すっかりファンになってしまいました。

そんなこだわりのビールを造る方々と、HAKKOで一緒に飲んで語り合い、ビールの味や香り、そこに込められた造り手の想いに触れる瞬間が、自分にとってはかけがいのない時間です。

こうしてクラフトビールの魅力に取り憑かれていくうちに、

「造り手の想いの詰まったビールを、もっと伝えたい。表現したい。」
「ただの『地ビール』という認識では終わらせたくない」

という想いが自分の中で強くなっていきました。

そのためにも、いろんな種類のビールを実際に飲むだけではなく、時には生産・製造の現場へ自ら足を運ぶように。まだまだ少ないですが、各地の造り手さんに直接お会いできることも増えてきました。

造り手さんの想いや、ビールの飲み方、造り方、また未来への展望をお聞きすることで、自分自身のビールへの理解や、感じ方、それにかける思いは変わってきますし、お客様への提案の仕方も変わってきます。まだお世辞にも大きいとは言えない店舗ですが、しっかりとお話をしてくれる造り手の皆様には感謝の思いでいっぱいです。

こうした多くの出会いを経て、HAKKOでは現在、全国各地のビールをボトルで入れさせていただいております。改めてにはなりますが、関係者の皆様、本当にありがとうございます。


全国各地のクラフトビールが味わえるお店としてお客様に楽しんでいただいておりますが、以前より課題に感じていたのが、クラフトビール用のサーバーがないこと。

クラフトビールはどの造り手さんもパッケージのデザインからこだわっていらっしゃるので、ボトルや缶での提供も面白さのひとつではありますが、お客様としてはやはりお店で飲むからには『生』でいただきたいところ。何より、私もサーバーから注がれたビールを飲みたいと思います。

サーバーを入れることで、今まで以上に選ぶビールの種類に幅ができること、注ぎ方も私たちで一番美味しい方法で入れられるようになると思います。そして、現状ではボトルビールが用意できない、新設ながらも想いの詰まったブルワリーのビールも提供できるようになるのです。(ビール製造機材の導入には自分たちでは想像ができないほどのコストと、時間やスペースが必要なのです・・・!)

お客様に知ってもらう一つのきっかけになれば、とても嬉しいですし、ビールを自分たちで購入することが微力ながら、一番の応援になると私は思っています。

地元・山ノ内で作られているビールはもちろん、全国各地のビールを、もっと身近に・もっと気軽に美味しく楽しんでもらいたい!

そんな想いから、この挑戦に取り組もうと決めました。


最後になりましたが、ここまで自分の想いや挑戦についてお付き合いくださいまして、本当にありがとうございます!!!このプロジェクトを立ち上げるなかで、皆様と一緒にこの挑戦を成功させたいという想いが本当に大きくなってきました。

HAKKOで共に生ビールを!
大きな声で乾杯を!
皆様と杯を交わすことができる日を楽しみに、
達成に向けて精一杯取り組んでいきます!
この3週間どうぞ皆様お付き合いください!

それでは皆様、、、

乾杯!


【 資金用途 】

今回のクラウドファンディングで集まった資金は、HAKKOへ生ビールタップを設置するための費用(設備本体費、工事費、クラウドファンディング実施手数料など)に使わせていただきます。

【 スケジュール 】

4/6(土) クラウドファンディング開始
4/27(土) クラウドファンディング終了
5/31(金) みなさまからいただいたご支援金が入金
6月 設備設置 , 生ビールの提供スタート

【リターン】

ご支援いただいたみなさまには、生ビールチケットや山ノ内の宿泊プランをはじめ、HAKKOにお越しいただけない方や濵田を構ってくださる方も興味を持っていただけるプランをご用意しました!そのなかでも、リターンの準備・提供にご協力いただいた方々をご紹介させていただきます。


● HAKKOオリジナルTシャツB
この3周年の節目に合わせて「発酵」をイメージしたHAKKOオリジナルキャラクターを作っていただきました!こちらがプリントされたTシャツをクラウドファンディングにて先行販売します!

ロゴデザイン:清水皓介
1996年山梨県生まれ。グラフィックデザイナー/編集者。武蔵野美術大学基礎デザイン学科卒業。デザイン専門総合雑誌『MdN』編集部に休刊まで在籍。グラフィックデザイナーとして、ロゴデザイン、キャラクターデザインなども手がける。
URL:https://kosuke-shimizu.tumblr.com/
E-mail:kosuke.shimizu0103@gmail.com


● 山ノ内の宿「AIBIYA」宿泊チケット
HAKKOから徒歩2分の宿「AIBIYA」の宿泊プランもご用意しました。せっかくHAKKOで飲むなら山ノ内を満喫したい!という方は、こちらのプランをぜひお選びください!

AIBIYA | 信州湯田中温泉 アイビヤ
旅好きオーナー夫婦が世界で集めてきたアイディアを形にしている宿です。訪れる度に変わる空間といつでも変わらない居心地の良さがここ、AIBIYAにあります。
URL:https://hostelaibiya.com


● 志賀高原ビール詰め合わせセット

志賀高原の麓で作られる玉村本店さんの「志賀高原ビール」9種が楽しめる詰め合わせセット!ご自宅で飲み比べをしたい方におすすめです!

玉村本店
志賀高原の麓で約200年にわたり酒造りを行なう、清酒「縁起(えんぎ)」の蔵元。2004年より「自分たちが飲みたい個性あるビール」をコンセプトに「志賀高原ビール」を醸造開始。酒造りで培ったこだわりをビールにも活かし、クラフトビールファンから絶大な支持を得ています。
HP:http://www.tamamura-honten.co.jp


【 備考 】

・本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

【 店舗情報・問い合わせ先 】

HAKKO beer&restaurant
長野県下高井郡山ノ内町平穏3010
Lunch:11:30~14:30L.O
Dinner:18:00~22:30L.O
Closed:Monday

Tel / Fax:0269-38-8500(担当:濵田)
お気軽にお問い合わせください!

  • 2019/07/24 13:05

    皆さん、こんにちは!HAKKO beer&restaurantの店長 濵田です!サーバーができてからというものたくさんのビールをつなぐことができました!当初想定していたよりも早いペースで樽が変わっていくのでなかなか挙げられておらずすみません!今回皆様にお知らせさせていただくのは来たる8...

  • 2019/07/01 17:59

    【火曜からのラインナップ】記念すべき最初のビールは・・・・志賀高原ビールを造る地元玉村本店の『Africa Pale Ale』にしました。ボトルであるのに!限定を入れれば?と多くの方に言われました。自分でも確かにそう思いますね・・・ただ、このビールのことは山ノ内の町中、いや日本中で一番熱く、面...

  • 2019/06/30 02:29

    夜分遅くに失礼します。この感動を届けたくて、こんな時間ですが投稿を・・・ついに・・・!ついに・・・・・!サーバー設置完了しました〜〜〜〜〜!!!やったーーーー!応援してくださった皆様、本当に本当にありがとうございました・・・!工事の様子もお伝えしようと思ったのですが思っていたよりもかなりスムー...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください