プロジェクト本文

 

▼ご挨拶

私たちフィロソフィーのダンスは2015年8月にお披露目を行い2016年11月20日に原宿アストロホールで初のワンマン・ライブを行えるまでになりました。

でも私たちのゴールはここではありません。

いつかはきっと武道館、トーキョー・ドームでのワンマン・ライブを成功させ、日本を代表するアイドル・グループを本気で目指しています。

そんな私たちの記念となる初のワンマン・ライブの映像を何年後に見たとしても伝説になる高いクオリティーで制作したいと思っています。

そのためには皆様のご協力がなくてはなりません。

ファンの皆さんにも納得して楽しんでいただけるリターンもご用意させていただきました。

熱いご支援をお待ちしています。

 

▼お金の使い道

撮影、録音、編集、パッケージの制作費。プロモーション経費

リターンの制作費、会場費に使用させていただきます。

*金額によってはさらなるリターンも検討させていただきます

 

▼プロフィール

2015年 ウルフルズ、氣志團、ナンバーガール、ベースボールベアー、相対性理論、寺嶋由芙などを手がけたプロデューサー、加茂啓太郎が画期的なアイドル・グループを作るためオーディションでメンバーを集め、さらにシンガーソングライター、バンドで活動していたメンバーをスカウトし、2015年8月にお披露目ライブを行う。

配信、会場販売限定でリリースされた楽曲はアイドルとは思えない音楽性の高さと歌唱力で マーティー・フリードマン氏、ライムスター宇多丸氏、平成ノブシコブシの徳井健太氏などに高い評価を受ける。

またリーダーの奥津マリリはトーキョー・アイドル・フェスティバルと週刊プレイボーイが合同で行ったグラビア・モデル・オーディションで「ナツイチ・クィーン」に選ばれた。

11月23日、初の全国流通のファースト・アルバム「ファンキー・バット・シック」をリリースした。

 

 

 

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください