Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

「慰安婦」についてのアートパフォーマンス「忘却への抵抗」を東京で行いたい!

現在の支援総額
305,000円
パトロン数
57人
募集終了まで残り
終了

現在90%/ 目標金額336,000円

このプロジェクトは、2019-04-13に募集を開始し、57人の支援により305,000円の資金を集め、2019-06-15に募集を終了しました

社会派アートグループ明日少女隊は、日本の若者の「慰安婦」問題への関心を高め、今も続く性暴力の被害をなくすため、アートパフォーマンス「忘却への抵抗」を東京で行いたいと考えています。

▼はじめに・ご挨拶

私たちは、社会派アートグループの明日少女隊です。
すべての人が自分らしくハッピーに暮らせる社会を作るために、若い世代へフェミニズムを届ける活動をしています。
明日少女隊はこれまで、アーティストとして性の平等などを訴える多くのアート作品やキャンペーンを展開してきました。
メンバーの住む地域や国籍も様々で、世界のいろいろなところの情報をシェアしながら、主に東アジアの女性にフォーカスを当てて活動しています。

(Photo by Yi Ma)

▼このプロジェクトで実現したいこと

日本の若い世代をターゲットにした、イベントとアートパフォーマンスを通して、「慰安婦」の問題を若い世代に伝え、この問題は私たちが日々直面している女性差別の問題と地続きであることを共有し、世代や国を越えた連帯やシスターフッドを実現させたい。また、まだ未解決の「慰安婦」問題を通して、今も世界中で続いている戦時下における性暴力の問題について考えるきっかけを作りたい。ビデオ作品、写真作品、ウェブサイト、ビラなども充実させ、様々な事情でイベントに参加できない若者にも、イベントとパフォーマンスの内容を伝えられるようにしたい。

イベントはこちらです。場所は東京です。ご支援いただいた方全員に、イベントのEチケットと詳細をお送りします。

7月8日夜:明日少女隊と話そう!明日少女隊レクチャー&日韓フェミニスト交流会 
9日午後:嶋田美子さんによる「慰安婦」問題を学んで表現するクラス 
9日午後:明日少女隊『忘却への抵抗』パフォーマンス


▼なぜ、若者が安心して学べる「慰安婦」についてのイベントが必要なのか

6月4日にツイッター上で、「慰安婦」について10代から20代の若者がどう思っているのかを調べるアンケートを実施しました。回答してくれた約180名のうち、8割を超える若者が「慰安婦」問題に興味がある、「慰安婦」について、知らないことを批判されずに安心して学べるフェミニズム講座などの場所が欲しいと答えています。(詳しくは活動報告か、こちらをご覧ください。)


▼若者の、「慰安婦」について知らない、わからない、話せない不安に寄り添う

多くの若いフェミニストが、「慰安婦」について興味を持っているにもかかわらず、その若者がなかなか信頼できる「慰安婦」の情報にアクセスできていない実態があるようです。

また、「慰安婦」について語るときの彼女たちの不安は、右翼からのバッシングだけでなく、友人や家族、他のフェミニストからの批判など、周囲からの反応への不安も大きいことがわかりました。

ほとんどの若者は、「慰安婦」について学校で学ぶ機会を得ません。彼女たちが「慰安婦」問題を知らないのは、彼女たちの責任ではなく、大人の責任ではないでしょうか。私たちは、彼女たちが「知らないこと」に寄り添って、一緒に手を取り合って「慰安婦」問題への初めの一歩を踏み出せるような、初心者向けの暖かいイベントを作りたいと思っています。


▼なぜ今、若い世代へ「慰安婦」問題を伝えることが大事なのか?

#metooが日本でも叫ばれるようになった今、若い世代は性暴力の問題に対してこれまでになく敏感になっています。明らかなレイプ事件、性的虐待に対して無罪判決が出るような社会に疑問を持ち、「性暴力や性暴力を軽視する文化は今に始まったことではない」と多くの若者が気づき始めています。そんな今だからこそ、過去に起きた性暴力について若い世代に学ぶ機会を作ることは、性暴力ない社会づくりのために欠かせないと考えています。

★このプロジェクトでは、たくさんの若手フェミニストたちと「慰安婦」をテーマにしたコラボレーションを計画しています。
プロジェクトの一環で、性のあり方やフェミニズム、性の知識や多様性についてのメディア『パレット』さんに、「慰安婦」問題を若い世代に伝えるための漫画を制作していただきました。「慰安婦」を知るきっかけを、たくさん増やしたいと思っています。⇨



▼プロジェクトをやろうと思った理由

明日少女隊は、2015年の立ち上げメンバーに日本人と韓国人の隊員がいたことから、両国のフェミニズムの重要な課題である「慰安婦」問題についてのアート作品を作りたいと何年もの間考えてきました。

▼「慰安婦」とは

「慰安婦」とは、1932年から1945年にかけて日本帝国により強制的に性奴隷にされた何百人、何千人もの少女たちのことです。慰安婦にされたのは、日本人を含むアジア各国の女性、また一部ヨーロッパの女性です。

日本では「慰安婦」問題について深く学ぶ機会がほとんどありません。
その上、「慰安婦」をめぐっては多くの場合、国家間のナショナリズムの議論に結び付けられて報道されます。昔の話で、すでに政治的に解決した問題、という認識の人も多くいます。

明日少女隊には、これまで何度も「慰安婦問題とネットで調べようとしたけれど、どの情報が信用できるのかよくわからなかった」という声も届いています。

実際に、ネット上で「慰安婦」と検索しても、歴史修正主義のもと「慰安婦」の女性の声をないものにしようとする情報などが溢れており、信頼できる情報にたどり着くことが難しい現状があります。

(「慰安婦」の情報についてはこちらのページをおすすめします。)

私たちは、「慰安婦」問題を韓国と日本の間での政治的なかけ引きの道具として扱うべきではないと考えます。

何人もの「慰安婦」サバイバーの女性たちは、ご自身の経験を若者に伝え、また世界中に存在する戦時性暴力の被害者のために活動しています。

彼女たちの究極の望みは、性犯罪を根絶し、彼女たちのような被害者をこれ以上出さないことなのです。

そして私たちの想いも、彼女たちとともにあります。

東アジアの女性たちがどのような経験をしたか、日本軍がどのように女性たちを傷つけてきたのか。

アートパフォーマンスを通して、私たちが住む国の歴史について、若い世代が学ぶきっかけを作りたいと思っています。

ロサンゼルス、グレンデール市の少女像のある公園での明日少女隊と嶋田美子さんのパフォーマンス 2018.2.  Photo by Qianwen Jiang)

▼アートパフォーマンス「忘却への抵抗」について

このパフォーマンスは、明日少女隊と、日本を代表するフェミニストアーティストの嶋田美子さんとコラボレーションとなります。

5月1日には韓国のソウルの水曜日デモの中で、また7月には東京でのパフォーマンスです。(日本のパフォーマンスの詳しい情報は、ご支援いただいた方にメールでお知らせします。)

第一回目のパフォーマンスは、2018年の2月に、ロサンゼルス、グレンデール市の少女像のある公園で行われました。ロサンゼルスでは多くの若者が参加し、好評のうちに終わりました。今回は、それと同じパフォーマンスを、ソウルと東京で行う企画です。

“私たちは、これまで沈黙を余儀なくされてきた「慰安婦」と、
今現在軍事力の拷問・暴力にじっと耐えている女性たちに正義をもたらすため
ここに団結し集まっています”

これは明日少女隊が、2018年2月、ロサンゼルスのグレンデール市にある少女像のある公園で、「忘却への抵抗(against forgetting)」というパフォーマンスを行ったときに朗唱した言葉です。

このパフォーマンスを通して、1932年から1945年にかけて日本帝国軍により強制的に性奴隷にされた何百人、何千人もの「慰安婦」に捧げ、今現在世界で起きている戦時性暴力の問題について意識を高めたいと考えています。

また、嶋田美子さんのパフォーマンス『日本人慰安婦像になってみる』は、日本人慰安婦の銅像にアーティスト自らがなるというものです。

慰安婦の一部は貧しい日本人女性でしたが、このことはよく知られていません。

彼女らを動員した日本政府が、その強制連行の事実を否認しているからです。

訴える場所がないところで、日本「慰安婦」には沈黙が強いられています。

私たちはパフォーマンスを通して、過去に起こった悲劇を忘れず、戦時性暴力の被害者の方に連帯することを目指します。
また、今も世界中で起こり続ける性暴力に反対します。

明日少女隊は、日本の若い世代と一緒にこの問題を学ぶきっかけを作りたいと考えています。
そのために韓国人と日本人のメンバーで協力し「忘却への抵抗」のパフォーマンスを東京とソウルで行います。

(Photo by Weng San Sit)

私たちが、このパフォーマンスで訴えたいのは

「求めるのは誠実な謝罪」
「忘却への抵抗」
「彼女たちと共に」

というメッセージです。

日本軍が行なった性暴力について学び、その被害にあった女性たちに想いを寄せ、そして今も続く性暴力をなくしたい。

このパフォーマンスを日本で行うことで、日本の若者の「慰安婦」問題に対する関心を高めたいと考えています。

注)東京でのパフォーマンスは嶋田美子さんのオーガナイズによるものですが、嶋田さんご自身のパフォーマンスはありません。当日は明日少女隊によるパフォーマンスのみとなります。以下、嶋田さんご本人からのメッセージです。ご一読ください。

嶋田美子からのメッセージ

「これまで私は「日本人慰安婦像になってみる」を日本では歴史的な場(靖国神社、国会前)においてゲリラ・パフォーマンスとして行って来ました。今回は日本の若者にアピールということで明日少女隊からの提案がありました。しかしながら日本での「慰安婦」問題に対するタブー視、教育の欠如、右翼の脅迫などを考えますと、若者を巻き込んだゲリラ・パフォーマンスはリスクがありすぎるのではと感じます。日本ではまず安全な教育の場で情報を共有することが第一だと思いますので、今回は私のパフォーマンスはせず、共有の場と情報を提供することにしました。ご理解いただければと思います」

(今年5月1日、韓国ソウルの水曜デモでの明日少女隊のパフォーマンスの様子)

資金の使い道

多くの日本人にとって近寄りがたいテーマである「慰安婦」問題を若い世代に伝えるには、これまでにない工夫が必要です。私たちは、日本の若い世代をよく知るアーティストを集め、写真やビデオ、アートパフォーマンスやグラフィック作品を通して若者とコミュニケーションを取りながら「慰安婦」問題を伝えます。そのために必要な金額がこちらです。皆様の応援を、どうぞよろしくお願いいたします。

プラカード制作費:約20,000円
パフォーマンスの備品(ひまわり・布・その他):約9,000円
デザイナー(ウェブ・プラカード・グッズなどのデザイン)約57,000円
フォトグラファー(パフォーマンスの撮影のみ):約20,000円
イベント設営費(3つのイベント分):約30,000円
現場スタッフ交通費(3つのイベント分)約45,000円
動画3本分 編集作業代:約90,000円
グッズ代:約15,000円
CAMPFIREへの手数料:約50,000円(14%)


リターンについて

ご支援いただいた方全員に、パフォーマンス・トークイベントEチケットをお送りします。
このチケットで、明日少女隊が7月前半に東京で企画している、

7月8日夜:明日少女隊と話そう!明日少女隊レクチャー&日韓フェミニスト交流会 *
9日午後:嶋田美子さんによる「慰安婦」問題を学んで表現するクラス 
9日午後:明日少女隊『忘却への抵抗』パフォーマンス

にご参加いただけます。詳しい日時と場所については、Eチケットを見ていただくか、こちらにお問い合わせください。
i.sata(at)ashitashoujo.com (東京イベント担当:佐多)
(*7月8日のイベントにはバーがあります。ワンドリンクのご購入をお願いしております。)

3000円 パフォーマンス・トークイベントEチケット

5000円 パフォーマンス・トークイベントEチケット+特大ステッカー2枚セット(No Means Noと忘却への抵抗)

5000円 パフォーマンス・トークイベントEチケット+ピンバッジ

5000円 パフォーマンス・トークイベントEチケット+トートバッグ(連帯)

5000円 パフォーマンス・トークイベントEチケット+トートバッグ(忘却への抵抗)

7000円 パフォーマンス・トークイベントEチケット+ピンバッジ+特大ステッカー2枚セット

7000円 パフォーマンス・トークイベントEチケット+トートバッグ(連帯)+特大ステッカー2枚セット

7000円 パフォーマンス・トークイベントEチケット+トートバッグ(忘却への抵抗)+特大ステッカー2枚セット

8000円 パフォーマンス・トークイベントEチケット+Tシャツ+特大ステッカー2枚セット

10000円 パフォーマンス・トークイベントEチケット+日本・韓国・アメリカでのパフォーマンス時の写真データ+トートバッグ2種類(連帯・忘却への抵抗)+ピンバッジ

15000円 パフォーマンス・トークイベントEチケット+日本・韓国・アメリカでのパフォーマンス時の写真データ+トートバッグ2種類(連帯・忘却への抵抗)+ピンバッジ+特大ステッカー2枚セット

20000円 パフォーマンス・トークイベントEチケット+日本・韓国・アメリカでのパフォーマンス時の写真データ+トートバッグ2種類(連帯・忘却への抵抗)+ピンバッジ+特大ステッカー2枚セット+Tシャツ1種類

★明日少女隊のオリジナル特大ステッカー2枚セットについて

1:忘却への抵抗ステッカー
今回のパフォーマンスで使用するプラカードをステッカーにしました!
(181x75mm)3つのイメージが繋がってプリントされています。切ってご使用ください。


2:No Means No ステッカー (約横10cm)
”ビリーブ・マーチ”で使用したプラカードがステッカーになりました!ニューヨークのアーティストOasa Duverneyのデザインです。


★明日少女隊のオリジナルSolidarityピンバッジについて

Solidarityとは、日本語では連帯と訳され、力を合わせるという意味です。今回のプロジェクトでは、国境や世代を超えて連帯(solidarity)を呼びかけることを目的としているので、このモチーフの新作を作りました!日本語、英語、韓国語での表記となっています。
ダークシルバーの土台、3色、サイズは28mm x 25.78mm。



★明日少女隊のオリジナルトートバッグについて

忘却への抵抗トートバッグ
忘却への抵抗プラカードのデザインで、日本語、英語、韓国語での表記となっています。
サイズ(390mm x 340mm、マチ10cm、コットン素材、アイボリー色、ポケット付き)


連帯トートバッグ
バッジと同じ連帯のデザインで、日本語、英語、韓国語での表記となっています。
Solidarityとは、日本語では連帯と訳され、力を合わせるという意味です。今回のプロジェクトでは、国境や世代を超えて連帯(solidarity)を呼びかけることを目的としているので、このモチーフの新作を作りました!
サイズ(360mm x 400mm、コットン素材、紺色)


★明日少女隊のオリジナルTシャツとセットについて

各デザインとも、世界に50枚ほどしか存在していないオリジナル限定Tシャツ!
ネットで手に入る最後のチャンスです!
Tシャツはこちらの3点から1点お選びいただけます。

my body my rule(白)はM,L (ゆったりとしたシルエット、コットン50% + ポリエステル50%)
Girls Power(ピンク)はS,M (タイトなシルエット、コットン100%、サイズM残りわずか!)
No Means No(黒)はS,M,L (タイトなシルエット、コットン100%、サイズM、L残りわずか!)

からお選びいただけます。サイズに限りがありますので、ご注文はお早めに!
Tシャツのモデル着用写真一覧はこちら

モデルは身長155cm

左:Girls Power (女子力) モデルはSサイズ着用
中央:No Means No (嫌なものは嫌) モデルはSサイズ着用
右:my body my rule (私の体 私が決める) モデルはLサイズ着用。Mサイズの用意もあります。 

応援メッセージ



これまでの活動
嶋田美子

アーティスト、フェミニスト・アクティビスト。60年代オルタナティブ文化研究。「現代思潮社・美学校」研究で英国キングストン大学より博士号取得。現在東京大学教養学部非常勤講師。一般財団法人「松澤宥プサイの部屋」理事。 嶋田の作品テーマは第二次世界大戦の文化的記憶とジェンダーである 。作品は、2017年ソウル市美術館「Asian Divas」展、2015年テルアビブ大学付属美術館での「Beyond Hiroshima」展はじめ、2002年の光州ビエンナーレなどで国際的に展示されている。主な展覧会は「愛と孤独、そして笑い」(東京都現代美術館2005)、「ファンタスティック・アジア」(ソンゴク美術館、ソウル、2005)、「アティテュード」(熊本市現代美術館、2002)、「セックス アンド コンシューマリズム 」(ブライトン大学付属美術館他、英国巡回2001)、「ダーク ミラーズ フロム ジャパン」(デ・アペルファンデーション、アムステルダム、2000)、「ジェンダー:記憶の淵から」(東京都写真美術館、1996)など。

明日少女隊

(Photo by Nanyi Jiang)

様々な性別の第4世代若手フェミニストによる社会派アートグループとして2015年結成。「男性、女性、いろんな性、 みんなが平等でHappyな社会を」をモットーに 展覧会やパフォーマンス、レクチャー、SNSでのコミュニティー作りなどを社会運動の一環と捉え、幅広く活動する。

個展に「ashita shoujo tai」(Firstdraft ギャラリー、シドニー、オーストラリア、2018)、グループ展に「Dangerous Art」(ハイファ美術館、イスラエル、2017年)「 Feminist Climate Change 」(アルス・エレクトロニカ、オーストリア、2017年)「ソーシャリー・エンゲージド・アート展ー社会を動かすアートの新潮流」(アーツ千代田3331、2017年)、パフォーマンスでは「Girls Power Parade 」(表参道、2016年)、「ビリーブ・マーチ」(国会議事堂・東大赤門前、2017年)、「忘却への抵抗」(ロサンゼルス、2018年)など。レクチャーは「Panel Participation at Gucci Chime for Change conference」(グッチ・ファンデーション、ミラノ、イタリア、2019年)、(オックスフォード大学、イギリス、2019年)、「Exposed Bodies: Feminism and Art in Japan」(カリフォルニア大学ロサンゼルス校、2018年)、「AMSEA上映会|living togther #2『日常對話-Small Talk』」(東京大学、2018)「保育園落ちた!選挙攻略法2016」(上智大学、2016年)など。

最後に

戦時性暴力の問題は、決して過去のものではありません。
歴史を学び、繰り返さないこと、そして今ある性暴力をなくしていくこと。

それは東アジアに生活する私たち、さらに言えば日本に住む私たちが考え続けなくてはいけないことだと思います。

日本の若者の「慰安婦」に対する関心や意識を高めていくため、ぜひ私たちのプロジェクトにご協力ください!


(Photo by Yi Ma)

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

明日少女隊についてもっと知りたい方はこちら

<日本語>
ホームページ:tomorrowgirlstroop.com
ブログ:ashitashoujo.com
フェイスブック:www.facebook.com/ashitashoujo
ツイッター:@ashitashoujo
インスタグラム:instagram.com/tomorrowgirlstroop
ニュースレター・寄付(英語):www.patreon.com/tomorrowgirlstroop
クックパッド:cookpad.com/kitchen/17049537

<English>
Journal, monthly donation: www.patreon.com/tomorrowgirlstroop
Web: tomorrowgirlstroop.com
Instagram: instagram.com/tomorrowgirlstroop
Face Book: www.facebook.com/tomorrowgirlstroop

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください