上智大学ソフィア祭実行委員会、通称『ソ実』による初のプロジェクションマッピング企画です。今年は新たな試みとしてLIGHTMANさんにご協力いただき、プロジェクションマッピングに挑戦します!令和元年の前夜祭は一味違ったものになること間違いなし!

プロジェクト本文

【はじめに・ご挨拶】

この団体は、上智大学にて毎年行われるソフィア祭を一から作り上げる、学内最大規模を誇るサークル、通称『ソ実』です。この前夜祭では、

チアリーディングによるオープニングから、学内生モデルによるファッションショーサークルコラボの他、毎年豪華ゲストをお呼びし、本祭の前日の夜を盛り上げています。

(2018年度前夜祭より)

今年も豪華ゲスト登場予定です!!

今回私たちが担当する企画では、LIGHTMANさんのご協力の元、プロジェクションマッピングを実現させようと試みています。

この企画の概要は以下の通りです↓


【このプロジェクトでは・・・】

上智大学前夜祭にて大学内の7号館に映像を投影し、上智大学の演劇サークル「Masquerade」とコラボしてパフォーマンスを作り上げていきたいと考えています。

観客の皆さんに一体感感動を提供したいと考えております!


【きっかけ ~光のΣ企画について~】

この企画を行う7号館では、2017年度までソフィア祭前夜祭の恒例企画として「光のΣ企画」が行われてきました。7号館の窓からの光を利用し、「Σ」の文字やその年度独自の形を作り上げてきたのです。この企画は建物全体を使ったダイナミックなものということもあり、現役生のみならず、近隣の方々にも大変好評

で、昨年度行わなかった際にもたくさんの方々から復刻を望む声をいただきました。

写真提供:上智大学史資料室

そこで今年度はこの「光のΣ企画」を、時代の流れに合わせて昇華し、プロジェクションマッピングという形で復刻させたいと考えたのです!

コンテンツとしては、演劇サークルのみなさんとプロジェクションマッピングとがコラボするパートに加え、今までの上智大学の歴史を振り返り、二年ぶりに7号館にΣの文字を映像として投影することも考えております!

「光のシグマ企画」の復刻を望む皆様の期待に応えるべく、生まれ変わったΣの文字をお見せいたします!!

                                                                                                                    撮影:KEIGADO


【LIGHTMANの歩み】

今回のプロジェクトは、LIGHTMANさん の協力なしでは実現し得ない企画です。

LIGHTMAN とは、日本で最初のプロジェクションマッピングサークルとして、2013年に始まった、映像や光を使ったクリエーター集団です。

設立当初は早稲田大学表現工学科メディアデザイン研究室の有志によって設立され、現在では社会人や他大学の学生も参加しています。

学園祭から、市でのお祭り、そして個人の結婚式まで、幅広い場所に作品を提供しています。

(LIGHTMAN 公式Twitterより)

その他、過去のLIGHTMANの作品は、以下のURLからLIGHTMAN 公式Youtubeをご覧ください。
https://www.youtube.com/user/LIGHTMAN523


【演劇サークル「Masquerade」とは】

今回コラボする「Masquerade」は、2006年4月に上智大学の学生2名が主体となって創設したインカレミュージカル劇団です。

主に年に2回ミュージカルの上演を行なっており、全員が輝ける舞台をモットーに活動しております。

(第26回公演「Verona」より)


過去のソフィア祭などのパフォーマンスは、以下のURLからMasquerade公式Youtubeをご覧ください。
https://www.youtube.com/channel/UCFE1m1t-jexRihmVtAx71VA


【このプロジェクトで実現したいこと】

私たちソ実は、約200人で毎年ソフィア祭・前夜祭を1年かけて準備し、当日運営しております。

このプロジェクトは、資金を一から自分たちで集める必要があります。

今年は、私たちソ実だけでなく現役生やOB・OGのみなさん、そしてこの企画に興味を持っていただいたみなさんの力をお借りし、一緒に作り上げる前夜祭になればと考えております。

みなさんの協力なしでは実現できないプロジェクトなのです!

普段通っている、また通っていた上智大学がプロジェクションマッピングによって、感動的に演出される1日の実現にぜひ力をお貸しください!!

また、この企画に興味を持っていただいたみなさんにとっては、学生時代を思い出していただけるようなそんな素敵な瞬間になるよう努めてまいります!!


【資金の使い道】

皆様からご支援していただいた資金は、プロジェクションマッピングの映像を投影するためのプロジェクター等の機材費として使わせていただく予定です。

より大規模なプロジェクションマッピングを行うためには、多くの資金を集め、より高精度のプロジェクターが数台必要となります。

ご支援、拡散、応援のほどよろしくお願いいたします!!


【リターンについて】

①庄司、福居による直筆メッセージ入り、お礼のメールの送付(1000円) 


LIGHTMANによる、プロジェクションマッピングのご相談(3000円)


お礼のメールの送付、プロジェクションマッピングの映像に名前を入れる権利(4000円)


プロジェクションマッピングの映像に名前を入れる権利 + 前夜祭への入場整理券(5000円)


プロジェクションマッピングの映像に名前を入れる権利 + 前夜祭観賞用座席(10000円(先着15人))



【最後に】

最後までお読み頂き、誠にありがとうございました!!

この企画に興味を持っていただけたでしょうか。


この企画は上智大学前夜祭初の試みであるため、担当者である私たち自身も手探りしている状態ではありますが、実現へのやる気と熱意は誰にも負けません!!!

プロジェクションマッピングが成功した暁には、皆さんに感動的な前夜祭をお届けすることを確約いたします!


一から学生だけで企画し、作り上げていこうとする私たちの活動にご興味、ご関心を持っていただけると嬉しいです!

皆様からのご協力、心よりお待ちしております!

*本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください