プロジェクト本文

▼お茶の製造メーカーのキャラクターです!

お茶屋のキャラクターふちゃきちの3Dモデル(MMDモデル)制作をします。
このMMDモデルは非商用利用であれば、誰でも使用できます。
この3Dモデルを使い、日本茶の製造現場をMMDや漫画でコミカルに表現します。
多くの方に身近な日本茶の知識や、製造現場を知ってもらいたいです。

▼ご挨拶

1

ふちゃきちは静岡市で150年続く老舗のお茶製造メーカーから生まれました。
茶農家や茶問屋では馴染みの30kgある大海(だいかい)を軽々担げます。
新茶の時期には茶師見習いとして朝3時から、仕入れをしています!
その後、製茶工場では仕入れたお茶の火入れを担当。
「技術は見て盗め」ってホントにあるんですね・・・

▼これまでの活動の紹介とプロジェクトをやろうと思った背景

2

これまで4コマ漫画、粉末緑茶ふちゃきち(商品)、LINEスタンプと様々な活動をしてきました。
近年、3Dプリンタ、AR技術の進歩、ニコニコ動画でのMMDの盛り上がりから
今までの2Dの世界から新たに3Dの世界へ飛び出したいと考えました。
今後、3Dモデルの先には声優さんの声を吹き込んだりしたいと思います。

▼プロジェクトで何を実現したいか?

プロの3Dモデラー様の力を借りて
クオリティの高い(肌や服の質感、顔の可愛さ)妥協しない3Dモデルを作ります。
人気のMMDモデルと市販アニメのフィギュアの造形を参考にします。

参考(可愛い、綺麗、表情モーフ等)にした有名MMDモデルは10体以上。

145cmのロリ体系!
標準ボーンと準標準ボーンを搭載
一般的な表情モーフの他に演出用のモーフなど、その数80種類!
(可愛い顔からギャグ顔、ゲス顔までできるようにします!)
髪はTda式のような綺麗なグラデーションと、きめ細かい物理演算。
服と肌はそこに存在するかのような質感。
顔は造形の一番美しいフィギュアを参考に・・・

以上の条件と画像資料を元に、
現役のプロが十分な予算と十分な時間で3Dモデルを作ったら・・・
・・・いったい、どんなクオリティのものができるでしょうか。
ぜひ、実現させて下さい!

▼具体的になぜ資金が必要なのか?その資金がどう使われるのか?

3

3Dモデルの実現に向け、プロのモデラー様と交渉した結果
クオリティに妥協したくない為に資金が必要となりました。
資金は3Dモデル製作に当てられます。
皆様に愛されるキャラクターに育てていただくと同時に
お茶の製造メーカーだからこそ
教科書のような正確な情報と、漫画のような面白さで
日本茶に関わる知識を広めていければと考えております。

▼支援のお願いとイメージ付きでリターンの説明

リターンは以下になります。
・お礼のメッセージ
(感謝のメッセージを送らせていただきます!)

・生みの親(スペシャルサンクス)への記載
(3Dモデルの付属テキスト、または配布先のHPに記載させていただきます)
※HPに関しては、プロジェクト終了後から1年間掲載します。

・ふちゃきちの設定集 誕生秘話
4

初期の設定集(今とは絵柄も雰囲気も全然違います)
どういう経緯で生まれたか(ドラマがあります)
今まで公表する事がなかった資料をメールでお送りさせていただきます。

・3Dモデルの商用利用許可
商用利用にお使いいただけます。
3DモデルはMMD対応形式とFBX形式で配布します。

▼最後にプロジェクトにかける思いやページを見てくれたひとへのお礼のコメント

5

ふちゃきちの生みの親になって下さい!
皆様のご支援をお待ちしております!

  • Default image l da671d394b3f9fc866ab67dc2120460e7ef1e7b521ebfff2b6c6437c3e33cbd0.png?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    初日!

    2015/02/10 09:42

    メディアに取り上げられて宣伝してもらいたいな~と 思いながらゴロゴロする。。。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください