子供に「スマホ」「パソコン」をもたせるのが怖い。どうしてそんな事になってしまっているのか??それは、親もスマホの正しい使い方を知らないからです。元職業訓練講師の僕ができることは、本当の楽しさとリスクを伝えること。ネットの本来の楽しさ、正しい使い方を学べる場を作ります!!

プロジェクト本文

◆はじめに・ご挨拶

中田 一と申します。愛称は
「かずちゃん」で通っています。
青森県生まれの生粋の青森県民です。
どうぞよろしくおねがいします。

昭和55年3月生まれ(おひつじ座のA型)
街角の勉強会「For You act」代表
地域ではPTA会長もしてます。
2017年ドリームプラン・プレゼンテーション青森大会プレゼンター

仲間と夢を語り合ったり、ただお茶したり、そんな中で生まれた妄想を具現化したり。
そんな楽しい仲間と活動しています。

元職業訓練校師です。


◆このプロジェクトで実現したいこと

「ITで子どもたちを家族と世界に繋ぐこと。」

①インターネットの正しい活用法を親と子で一緒に学ぶことのできる講座の開催。

 ご家庭にお邪魔させていただいての家族で学ぶパソコン教室です。
 訪問させていただき、何人でもOK!たとえご近所さんが一緒でも料金は変わりません!
 行った先がホームパーティーだったというオチも経験済みです!
 (プロジェクターで家族写真や運動会のビデオを放映しました。)

 内容は、②の内容、家族動画の制作、オフィスソフトの使い方、SNSの利用についてなど
 ご要望にお応えします。
 対象:1家庭?料金は時間単位で人数制限なし

家族でユーチューバーになっちゃおう!!


②家庭での決まりごとの作成支援(講座・家庭教師)

 スマホやPCを購入した際、あるいはこれから購入する際の決まり事の作成や導入部分の設定を
 させて頂きます。スマホの制限設定や有害サイトのブロックなどの設定も代行します。
 対象:保護者の方とお子様


③パソコンの資格取得支援(講座・家庭教師)

 ワードやエクセルなど、社会に出てから必要になる必須スキルの習得を支援します!
 家庭教師として中学生以上の方の資格取得までを支援します。
 対象:中学生以上ならどなたでも。


④高卒の新人社員へのパソコン研修

 高校卒の新卒社員のパソコン基本操作と、御社様に合ったスキルの習得の
 お手伝いをさせていただきます。
 人事担当だった私も実感がありますが、高校によってはタイピング程度でしか
 習得されていない状態で社会に出る新卒の方も多いです。
 しっかりと社会人として最低限の技術を身につけて頂きます。
 対象:一般企業新入社員様・事務員様


◆プロジェクトをやろうと思った理由

サラリーマンの僕は、現在仕事を休職中の身で、恥ずかしながら
「うつ病」にかかってしまいました。
休職中とは言いながら、おそらく現場復帰は難しいでしょう。

僕には夢があります。
子どもたちが垣根なく、制限なく、そして、お互いがお互いのことを思いやれる社会。
僕はPTA活動やドリームプラン・プレゼンテーションの活動を通じて
その夢のカタチの片鱗に触れることができました。
その片鱗を、片鱗では済ましたくない。
子どもたちは、誰とどことでもつながることができて、その可能性は無限なんだ。
サラリーマンをこなしながらもその夢を封じ込めて、情熱に蓋をしていました。
そして、人事担当のサラリーマンの仕事の中でも、矛盾と戦っていました。

「こんなのは人財育成じゃない!!」

「この子達の可能性はこんなもんじゃない!」

「もっとたくさんのことを伝えたい」

この気持は届くことなく、私は「現実」に幻滅し疲弊していく日々でした。


◆これまでの活動

僕は職業訓練校師をし、その後現在の会社に入社しましたが、
頭の中は常に人の成長に関わることでいっぱいでした。
職業訓練講師がきっと僕の天職だったと思っています。

様々な職種を経験し、職業経験を活かし、キャリアコンサルも行ってきました。
その関わった受講生の皆さんが社会で活躍していることが僕の誇りです。
その道を今度はしっかり自分で切り開いていきます。

◆資金の使い道

①講座用貸出PC等購入資金
②移動資金
③教材作成費・購入費・公開講座会場費
④人件費

◆具体的な日程について

2019.5~6月 公開講座実施 (YouTubeにて配信予定)✕3回
2019.7月    クラウドファンディング終了
2019.10.1 随時リターン履行
2019.12   公開講座実施

やがては研修施設や学校の建設を視野に入れて、夢を夢で終わらせない覚悟で挑みます。

◆最後に

事業のイメージがつきにくいという方は動画もご覧ください。
2017年のドリームプラン・プレゼンテーション青森での僕の発表動画です。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください