▼はじめにご挨拶

はじめまして。小川タカコと申します。

ミシンを縫う本人の視線から撮影する、動画解説をインスタグラムFacebookで絶賛動画配信。カリスマメディアにて、さらに詳しい解説を発信

 

▼このプロジェクトをやろうと思った理由

お母さんたちのミシンが苦手だという悩みは

動画で正しい手の動かし方、上手くいく方法など、ミシンを縫う本人からの視点で撮影して解説したら、すぐに悩みを解決できると考えました。

インスタグラムで発信し、すでに多くのユーザーから高い評価をいただいています。

 

 

▼このプロジェクトで実現したいこと

服を作ることを全く知らない人でも、すぐに素人の悩みから抜け出せ、満足の完成に至れる

【苦手を快感に変える、子供服の作り方 動画オンライン講座】を実現します。

 

私の講座内容

・特徴

15分前後の動画解説をメルマガで、毎日発信する1年コース。

丁寧に失敗例も含めて解説。非公開グループでの質疑応答もあります。

1年でお出かけ着や発表会、入学式レベルのものまで縫えるように基礎から教えます。


・既存の洋裁の問題点

独学で困っている事例に、ピンポイントで教えてあげられる場所がありません。

調べた情報が、そもそも正しくないことも多くあり、ユーザーは混乱し自分のせいだと《諦めて》います。

教室に通っても、縫う人と同じ視界で学ぶことが出来ず、もし手元を見れたとしても、記憶するだけなので正しい作業ができず、結局は身に付きません。

 

 


・私の講座は、既存の問題点を抜本的に解決

 


・利点
成功確率が格段に上がり、小さな成功体験を繰り返すことで、創作意欲にも火が付き自信を持てる。

・コミュニティーをすでに運営。
メンバー同士とコミュニケーションをオンラインサロンを運営、現在120名のメンバーが在籍。質疑応答をタイムリーに行い、失敗を成功へ 丁寧にお答えしています。

 


▼子供服を自作することの魅力

・子供のお気に入りの、世界に唯一無二の宝物になる子供服を、短時間で作れる

・生地から一緒に探す、デザインを話し合うなど、母子関係をおしゃれへの探求心で密接にします。

・子供の色への興味や関心を自然に深めさせ、色彩感覚やファッションセンスの教養を育てます。幼いうちに色やファッションへの強い関心を育てることは、お金では買えない価値のある贈り物です。

 

 

▼これまでの活動

・1992年イッセイミヤケと取引開始
 パリコレクションのショー用作品を一手に請け負う。

247着を3週間で完全に納品。PLEATSPLEASEの世界へ誕生させた歴史に残るパリコレの大成功に貢献

・カネコイサオワールド 6年間の取引があり、東京コレクションのショー用作品も多数手掛ける

 

・2011年 被災者支援のためにカタログハウス「通販生活」秋冬号掲載

   

・現在は、動画配信しながら講座の開講を目指しています。

▼資金の使い道

・インスタグラムの広告に資金を使う
 →私の生徒をもっと増やし、子供の服を作る面白さや楽しさを感じて欲しい。

・ワークショップの運営費
 →情報教材やメールではフォローしきれない細かい部分のアフターフォーローを行います。
  また、実際に教えながら1作品を作り、完成する喜びを知ってもらいます。

・新たな情報教材を作る為の材料費

・私の個人サイトの構築
→既に作り始めているサイトを、洋裁のことなら何でもわかる巨大サイトへ構築し、インスタからの誘導も行い、グループのメンバーと質疑応答などの情報アーカイブに使い、更新速度を上げSEOを強化します。

公開、非公開を使い分け、無料と有料の情報を詰め込み、服作りで悩める人を少しでも減らす目的です。

 

※広告の期間は、サイトが高いPVを保てるようになる、1年間の準備期間と
集客が安定する2年目の合計24カ月をご契約いただけます。

 

▼最後に

・物づくりが楽しむ、物を作る成長過程の日常をブログにして発信することが、収益としても有効であることを知ってもらうこと。

私のサイトやブログが、収益化していく仕組みをメンバーにも理解してもらい、真似をすることで波及的に、物販以外の収益の道を拓く。

 

被災の多い日本だからこその【洋裁支援基金を発足】

手に職があればミシンを動かし、それが収益になる。

ライフラインが回復したら、洋裁支援基金からミシンなど必要なものを届け、縫う人とそれを手伝う内職の人たちのグループを発足させ、その活動をメンバーで共感し支え合う。


その為に、全国各地に私の技術を継承させたメンバーが存在する意味がある。


被災地に近い地域の私の生徒と連携を取りながら、ハンドメイド作品の受注会、オーダー受付、販促などをして、復興支援に尽力したい。


災害にもしメンバーの地域があったとしても、ブログからの収益がきちんとして収益化出来ていれば、収入面で困らない。


迅速に次の手を打って、速やかに地域復興の足掛かりをつかむこと。
メンバー内の協力により、強い支援を行うこと。


ブログ発信において影響力を持つ事で、被災地からの強い発信になれば、現地からの確かな情報源となる。

マスコミが流す偏った情報ではなく、生の声を発信することで共感を得やすい。

風評被害を最小化することができる可能性も秘めている。

 

 


みなさん、お母さんたちがもっと幸せになることで、もっと子供たちがにこやかに育つ国を作りませんか。


その大きな目標の前に、物を作るという小さな礎を洋裁から始めたいのです。

私の動画のクオリティーと、それを見て勉強する人の再現性の高さを、どうか考えてください。


ハンドメイドは今時流にあります。
この波に乗って、日本を変えていく強いうねりを作りたい。


是非とも、パトロンとしてご協力ください。

よろしくお願いいたします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください