世界の祭典で、日本に観光に来る世界のイスラム教徒の方々に、大阪のソウルフードたこ焼きをハラールにして、おもてなしをしたい。彼らは宗教上の理由で何が入っているか解らない加工食品は食べれません。なので、宗教上の問題をクリアしたたこ焼きを彼らに安心して食べてもらって日本を楽しんでもらいたい。

プロジェクト本文

目次

▼はじめに ~中尾誠一の自己紹介~
▼ハラールってなに?
▼なぜ私がハラールのたこ焼きか?
▼リターンについて
▼最後に
▼FAQ

プロジェクトに関するお問い合わせをされる際は「▼FAQ」を必ずご参照いただきますようお願いいたします。

▼はじめに ~中尾誠一の自己紹介~
はじめまして、中尾誠一と書いて、なかおまさかずと申します。
仕事はマーケティング会社を経営し経営コンサルタントをしております。
自身のプライベートカンパニーとは別に、社団法人の理事を務めています。
1970年に神戸で生まれ、現在は東京と大阪で仕事をしております。
普通の日本人でして、特に宗教もしておりません。
そんな私がなぜハラールのたこ焼きか?不思議に思われるとも思いますので、
その経緯をご説明したいと思います。

はじめまして、中尾誠一(なかおまさかず)です。


▼ハラールってなに?
ハラールとは、イスラム教の教えのひとつで、「合法」という意味です。
ハラール=合法、つまりハラール食品とは宗教上食べて良い食品という事です。
では、ハラールでない食品の代表が、豚(豚由来の物全て)とアルコールです。
その他には、ハラール屠畜していない牛肉や鶏肉など、いろいろありますが、
私たちが日常で食べている物のほとんどがハラールなんですが、知識がないと、
少し複雑にも感じます。また疑わしき物は「シュブハ」といい。ハラールか否か、
解らない物は、避けるべきとの教えもあり、これはハラールですと、明示して
あげないと、ムスリムは選べないのです。


▼なぜ私がハラールのたこ焼きか?
私がイスラム教を信仰していて、ハラールの食品やお店が日本に増えるべきだ!
なら、すごく判りやすいのですが、実は私はイスラム教徒ではありませんし、
たこ焼き屋でもなければ、飲食店経営者でも勤務でもありません。
なぜ、私がハラールのたこ焼きを広めたいのか?

私がイスラム教徒の方と知り合ったのが、6年半前のマレーシアに訪れた時の事でした。
マレーシア政府が主催する商談イベントで、通訳として商談のサポートをしてくれたのが、
ラシディさん。敬虔なイスラム教徒で、その後、彼が日本に来る度に食事をしました。

その時にはじめてハラールについて詳しく知り、色々教わりました。
その後、私は年に2回ほどマレーシアに行くようになり、ムスリム(イスラム教)の
友人が増えました。今では、私の親友であるファズリーさんが、奥さんのマリアさんと
二人で日本へ旅行に来る事になりました。食べたいものは?と質問すると
答えは、「ハラール」の一言だけでした。
日本での3日間の食事をする為のお店を予約するのが大変でした。ハラールである事が大前提ですので、ハラールレストランを検索したところ、
マレーシア料理店が出てきましたので、連れて行きましたが、よくよく考えると、
私が海外に行った時にナンチャッて日本料理を食べるより、現地のものを食べたいと
思う様に、彼らもやはり日本の食を期待していたと思う。
日本食をハラールにする事は、そんなに難しくない。お好み焼き屋や天ぷら屋などに交渉。なかなか急に言って対応してくれるお店も少なく、かなり苦労しました。
日本食を代表するお寿司はハラール。でも生魚を食べる習慣がないので、食べれない方も。
せっかく日本に来ている彼らに、もっと日本を楽しんで欲しいと思いました。これが、私がハラールを日本人に伝えたいと思うきっかけです。
それから、ハラールの和牛やうなぎ、ラーメンなど、いろんなお店に協力していただき、
ムスリム(イスラム教徒)の方をもてなして来ましたが、たこ焼きなら、私にも出来る。
「私のハラールの知識×大阪のたこ焼き」これが、今私のやりたい事です。

▼リターンについて

飲食店にハラールメニューを増やしていくサービスのサポートさせていただきます。
たくさんの飲食店経営者の方に、ハラールを広く知っていただきたいので、ハラールに
関するセミナーや、講座の参加費。ハラールのメニュー作りやポスター作成などを支援いたします。

▼リターン内容

◆1000円:【お礼のメール】
遠方の方、リターンいらないので、その分頑張れ!という方のお気持ちをいただきます! ・心からの感謝の気持ちをメールで送らせていただきます。

◆2000円:【飲食店で少しの工夫でハラールに対応出来るセミナー YouTube 限定公開URL】
遠方で足を運べない方に向けて、飲食店で少しの工夫でハラールに対応出来るセミナーをYouTubeにて配信いたします。

◆5000円:【飲食店で少しの工夫でハラールに対応出来るセミナーへの参加 】
 
★開催場所は大阪になりますが、リアルなセミナーでしっかりサポートさせていただきます。
日時:2019年8月以降の2時間程度
場所:大阪市北区(セミナールーム)
*参加者の方の希望に合わせて開催日を決定したいと思います。

◆30000円:【ムスリムフレンドリーアドミニストレーター資格の試験対策講座&受験費】
★内容
私、中尾誠一が、代表理事を努めます、社)日本ムスリムフレンドリー協会のムスリムフレンドリーアドミニストレーターという資格の試験対策講座と受験費:合計37800円を、税込で30000円でご受講いただけます。(ディプロマ発行含む)
*試験合格後は、社)日本ムスリムフレンドリー協会より、正式にディプロマを発行させていただきます。
日時:2019年8月以降の5時間程度
場所:大阪市北区(セミナールーム)
 *参加者の方の希望に合わせて開催日を決定したいと思います。

◆100000円:【店舗限定 ハラールメニューの開発をサポート】
★内容
ハラールメニューの開発は主に材料選びが大切になります。
今現在提供されているお料理にもよりますが、2品〜5品程度開発のお手伝いします。
また、お店で使用するメニュー作成や集客の為のポスターなどの作成の支援をします。
サポート期間は、メニューやポスターの作成も含めて3ヶ月以内を目指します。


▼最後に

いきなりお店を開業出来るだけの資金が集まると思っていません。何度か繰り返し認知を
していただくことで、みなさんからのご支援が得られると思います。
できれば、世界の祭典(2020年)までに、遅くても大阪万博に間に合うように頑張りたい。
欲張れば、大阪万博までに数店舗。そして海外にも進出していければと思っています。
本物の大阪のたこ焼きを、ハラールにしてマレーシアやドバイの人たちに食べていただきたい。
大阪のソウルフードを通じて、平和な世界が訪れることを願っています。
みなさん、ご協力よろしくお願いします。

最後になりましたが、今回はじめてのクラウドファンディングの挑戦になります。
今回の挑戦では、飲食店さまにハラールメニューを取り入れて頂くサポートをして、日本に来られたイスラム教徒の方々が安心して食べて頂ける店舗を日本に増やし行きたいと思っております。
皆様から頂いた支援は、その活動に使わせて頂きます。

活動する事で、より多くの方にハラールを認知して頂き、そして、私自身も大阪万博までに、まずは1店舗を目標にして活動して行きます。
本物の大阪のたこ焼きを、ハラールにしてマレーシアやドバイの人たちに食べていただきたい!
大阪のソウルフードを通じて、平和な世界が訪れることを願っています。
みなさん、ご協力よろしくお願いします。


▼FAQ
Q.支援後のキャンセルやプランの変更はできますか?
A.サイトの仕様上、支援後のキャンセルやプランの変更はお受けできません。注意事項などよくご確認の上、ご支援ください。

Q.支援方法について
A.クレジットカード払い、コンビニ払い、銀行振込、Paidy払い、キャリア決済、PayPalがございます。
システムの仕様上、ご支援頂く際のお支払方法が7/29(月)18時以降より制限され、クレジットカード、Paidy、キャリア決済、PayPalのみのご支援となります。
(コンビニ払い/銀行振込が使用できなくなります)

また、複数支援は可能ですが、システム上まとめて決済ができませんので個別決済になります。あらかじめご了承の上、ご支援をお願い致します。
また決済毎に別途CAMPFIREシステム手数料(216円)が決済金額とは別で加算されますのでご了承願います。

Q.目標金額に達したら、もう支援はできなくなりますか?
A.目標金額達成後も、支援終了の【7/30(火)23:59】まで支援ができます。
目標金額を超えた部分の支援につきましても、更なる充実に充てさせていただきます。
支援後もプロジェクトの拡散に、ぜひご協力ください!

Q.ハラールのメニュー作りやポスター作成などを支援に関して
大阪などお近くの場合は、なるべくお伺いしてご支援いたしますが、遠方の場合はZOOMなどのウェブカンファレンスでのお打ち合わせとなります。ご理解よろしくお願いします。

Q.セミナーや講座などに参加できなかった場合はどうなりますでしょうか?
A.セミナーや講座の不参加等を理由にした支援キャンセルや返金等にはお応えできかねますので、あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください