昭和・平成の古物を扱う古物商を始めます!時代は令和、昭和の古物がさらなる古きものとなっていきます。それを愛でる人たちのために古物を集めます。

プロジェクト本文

地面か、木か、人間か作ったものかわからなくなっている古物が好きです。世は平成から、令和になるところ。過去のものとなっていく平成・昭和の面白さや趣を伝える古物商を作ります。

ルカと言います。山梨県北杜市と東京都三軒茶屋を行き来する、二拠点居住のデザイナーです。クラフィックをメインにWEB制作や、ブランディングの仕事をしています。母の実家が石川県輪島市にあるので、漆や和菓子に小さい頃から親しみがあります。大学では漆や素材加工、デザインの勉強をしていました。

古物商を始めようと思ったきっかけは、フリーランスになって3ヶ月となった今、今よりさらにいろんな人といろんな物を共有し、一緒に遊べるような関係を作っていきたいと考えたからです。


私は広い意味の古いものを愛しています。

地面に落ちていたり、人の手を渡り歩いたりして、然るべく傷を受けたり、風化したりして、最初より格好良く(主観である)なっているもの。それは人工物であっても、自然物であっても構わない。場合によっては、同一のものではなく習って作られ、引き継がれているものでも良い。あるいは、年をとっていく人間自体も同じ感覚で好きだと思っています。

2014年、黒曜石を入手・分類し、削っては金箔を貼り、炉にかけて反応を確かめて作品を作っていました。(写真撮影は友人)


2015年、鹿角を加工した作品を作り、写真を撮影したものを卒業制作として、提たしました。この時は、何をやっているんだとよく言われました。(撮影は友人による)


2017年、地域ブランディングの一環として、和菓子におけるビジュアルデザインを研究し、大学院を卒業しました。

写真は金沢、吉はしの上生菓子。私の尊敬するお菓子屋さんです。この菓子の名前は「漁火(いさりび)」。 夜、漁夫が魚やイカを寄せるために焚く火のこと。ゼリー部分に包まれた餡が仄かに透けて見えます。ただ、吉はしの菓子の美しさは、黒文字を通した先にあるのです…

美しい赤と黒に金箔が映える。夏の夜の海上に浮かぶ炎が目に浮かぶよう。こんなに金箔を綺麗だなと思うことがあるだろうか…


2019年、自らが住む三軒茶屋のシェアハウスにて、蚤の市のイベントを開催しました。昭和の人工物と鹿角・黒曜石・縄文土器などが、ごたごたと並ぶ空間を作った。正直、並べただけでうっとりでした。


3月に、自身で撮影したポートレイト。平成の面白さとは、こういったびかびかしたゲーセンの感じに見られるようなものだと思っています。

改めて思う。世は平成から令和になり、平成・昭和の面白さも過去に近づく今、魅力を伝える古物商をやってみたい。もし、共感いただける方がいらっしゃいましたら、どうぞご支援お願いいたします。


海外・国内問わず、昭和・平成の古物を愛する人たちに向けて、古物の物販を行います。まずは、漆物・反物の二種類をメインに、オンラインでの物販から始める予定です。


資金の使い道

200000円:初期費用(最初にかかる仕入れのためのお金)
150000円:営業所設営費
50000円:古物商許可申請費

※ 本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


実施スケジュール

5月末:プロジェクトを締め切る
6月中:古物を集める
7月中:古物商オープン


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください