「広島県道251号線」(福山グリーンライン)は美しい瀬戸内の海を楽しめる約15kmの観光道路です。私たちは沿線に千本の桜を植えて、「桜街道」を作ります。あなたも一緒に15kmの桜並木、桜のトンネルの夢を見てください。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

(特非)グリーンラインを愛する会は、広島県道251号線(通称、福山グリーンライン)の環境の改善・保全を通して、地域の活性化を目指して2000年に創立しました。
これまでにも不法投棄のごみの回収、捨てられ犬の保護、松枯れ木の伐採、暴走族の抑止などの活動や、沿線に公園を整備したり、観光案内看板を設置したり、桜の植樹を進めるなど、多様な活動を行ってきました。
おかげさまでグリーンラインは多くの方に来ていただける場所になりつつあります。トライアスロンのコースになったり、33年ぶりに二輪車の通行禁止が解除されたり、活動の成果が花開き始めています。
これからも福山市の観光スポットとして、市民の憩いの場所として、大勢の方に愛されるように、頑張ってゆきます。


このプロジェクトで実現したいこと

これまでに沿線の公園などに、500本以上の桜の植樹を行ってきました。そして昨年、道路を管理する広島県との合意の下で、沿線への桜の植樹がスタートしました。「今後10年で千本」を目標に沿線への植樹を進めます。桜が成長する2050年頃には15kmの道路が文字通りの「桜街道」になります。このプロジェクトを通して、一人でも多くの方と夢を共有したいと思います。


私たちの地域のご紹介

広島県福山市は瀬戸内海のほぼ中央に位置し、「新幹線の駅のすぐ前にお城が有る」「100万本のバラのまち」「鯛網や仙酔島などで著名な鞆の浦のある町」として知られています。


「広島県道251号線(通称、福山グリーンライン)」は、福山市の東南部「沼隈半島」にある観光道路です。福山市街地から山並みを縫って「鞆の浦」や「阿伏兎観音」などの観光地を結びます。


プロジェクトを立ち上げた背景

広島県道251号線(通称グリーンライン)には、開通当時には数千本の桜が有ったそうです。しかし、その多くは枯れてしまい、私たちが活動を始めた2000年当時には数百本に減少していました。
その後私たちは「善意の植樹運動」により、数百本の桜を公園などに植樹しました。グリーンラインが文字通り「桜街道」になり、多くの観光客や市民に愛される場所になることを願っています。


これまでの活動

私たちが過去19年行ってきた活動を、ここで全てご紹介することは不可能です。本会公式サイトやフェイスブックをご覧ください。



資金の使い道・実施スケジュール

支援金はすべて苗木代として使用します。その他の経費は本会の一般会計から支出します。
毎年夏ごろまでに植樹場所を決定し、必要な行政手続きを終え、10月~3月の間に植樹します。
支援金が目標額に達しない場合でも、必ず事業は実施します。
(不足の場合は本会一般会計から補填します)


リターンのご紹介

支援額に応じて「オリジナルステッカー」「オリジナルボールペン」「記念看板へのお名前の掲示」等をさせていただきます。支援金が目標額に達しない場合でも、必ず事業は実施し、リターンもお送りします。
(「記念看板へのお名前の掲示」のリターンを希望される方は、支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。記入のない場合はCAMPFIREのユーザー名を掲載いたします。ご了承ください。)


最後に

「桜街道251プロジェクト」で植樹する場所は道路脇の林地です。
今まで私たちが沿線の公園で行ってきた「善意の植樹」の様にいつでも見に行ける場所ではなく、記念のプレートを付けることもできません。
「それでも一緒に桜街道実現の夢を見たい。」そう言ってくださる方のご支援をお願いします。
一人でも多くの皆様のご協力をお願いいたします。


<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください