ネクストチャレンジを達成しました!
こんばんは!プロジェクトの残りがいよいよ「5時間」となりました。

開始28日目にして、先日設定したネクストゴールを達成することができました!
みなさまのご支援、応援、本当にありがとうございます。

「福島県の応援団」福ももネストカフェ福島県の魅力をもっと伝えていけるように頑張ります!

残りわずかな時間ですが、福島県の復興の一助となれるよう、ネクストゴールに挑戦します!

新たな目標金額は、50万円

この金額は福ももネストカフェに関する以下の取り組みに使用させていただきます。

■『福ももネストカフェ』のパンフレットやホームページで使用する写真の撮影

福島県の桃の魅力をもっとたくさんの方に知っていただけるよう、地元福島県桑折町の農家さんの写真や、桃のイベントの写真、また桑折町で頑張っている方々の姿を写真撮影し、全国の方に知っていただけるように写真を使用していきたいです。

パンフレットにつきましては、昨年度も参加致しました、物産展「ビジネスマッチ東北 」や「ふくしまフードフェア」、「Foodex Japan」などで配布したいと考えております。
また、昨年11月、レンタルスペースつくばカーサで行いました、「福島・茨城まごころマルシェ」を今年も11月に開催したいと計画しております。

福島県の良い物を皆さまに知っていただける機会を少しでも作らせていただければと思っております。

 

引き続きみなさまのご支援と応援にこたえられる様にますます精進いたします。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

▼追記(2019/6/25)

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

こんにちは!

今年の福島県の桃は、雨が少ないことで、とても甘くなりそうと先日伺いました。
今年の「福ももの酢」もどのような味になるか、楽しみです!

さて、6月1日、プロジェクト開始からちょうど1週間で、目標金額30万円を達成しました!
ご支援くださったみなさま、本当にありがとうございます!

残りの日程は、福島県の復興の一助となれるよう、ネクストゴールに挑戦します!

新たな目標金額は、40万円
以下の目的のために設定しました。

■『福ももネストカフェ』のパンフレットやインターネットページなどの制作

福島の桃を使った『福ももの酢』を昨年よりもっと多くの人に、より良い形で知っていただけるよう「福ももネストカフェ」のパンフレットを制作し、既存のレンタルスペース等のお客様へお配りしたいです。

また、弊社インターネットページに「福ももネストカフェ」のページを作り、福島県桑折町の献上桃をはじめとする四季折々さまざまな農産物や、イベントなどを広く発信していきたいと思っております。


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

こんにちは、鶴町伸子と申します。

わたしのプロジェクトをご覧くださり、本当にありがとうございます。

結婚のため茨城県在住で、
レンタルスペースの経営をしていますが、
わたしは福島県桑折町で生まれ育ちました。

桑折町公式インスタグラム @koori_official より

福島県桑折町は自然豊かな町で、
種類豊富な果物が採れます。

そんな中でも特に桃は、毎年皇室にも納められているほどの
上質な桃ができ、町は「献上桃の郷」と呼ばれています。

昨年7月に、そんな故郷の桃をどうにかしてみなさまに知っていただきたいと、
1件のプロジェクトを立ち上げました。

前回のプロジェクトページへ


「福ももの酢」は本当にたくさんの方々の支えがあり、無事に製造。
お酢を販売するT plus creationという会社を立ち上げ、
製造した本数を完売することができました。

そして今年、今度はさらにたくさんの人に”福島の桃”について知ってもらいたい、
味わってもらいたいと、今回のプロジェクトの立ち上げを決意しました。


福島県と茨城県をつなぐ、「福ももネストカフェ」をつくりたい!

レンタルスペースつくばカーサに、福ももの酢を味うことができるスタンドカフェをつくりたいと思っています。

また、ライブカメラを配置して、福ももネストカフェのお客様にも私の故郷福島県桑折町の桃の様子をリアルに知っていただきたいと思っております。

福ももネストカフェの”ネスト”とは英語で”巣”のこと。
巣は鳥たちが集まる場所です。
みんなが集う場所という意味を込めて、福ももの酢をきっかけに、みんなが集い「みて」「ふれあって」「楽しい」空間の提供ができればと思っています。

つくばカーサは現在レンタルルームとしてセミナーや会議をされる企業さまやヨガ教室をされている講師の方、謝恩会やお友達の集まりの場として幅広い方々にご利用いただいています。

私は以前から、食と健康に興味を持っており、酢ムリエ講座に通って、全国各地のいろいろなお酢を試飲しておりました。 

お酢は「健康に良い」と昔からよく聞きますが、フルーツビネガーとして、美味しい桃を使ったお酢を飲んでもらうことができたらうれしく思っております。 

「福ももネストカフェ」では、ミーティングの前のビジネスマンやつくばカーサに隣接している茨城県土浦市の乙戸沼公園でウォーキングやジョギングを楽しむ皆さまに、健康的な習慣としてお酢を飲んでいただけたら、良いなと思っています。

また、「福ももの酢」は当初、福島県産の食べ物を使い、お醤油がごとき、食卓に自然に並ぶような調味料を作りたいという想いと私の得意分野を掛け合わせて作ったお酢です。

保存料や添加物を使用しないことにこだわって作った「福ももの酢」は、爽やかな酸味と材料である桃"あかつき"の品の良い甘みが特徴です。

昨年は、販売を重ねるたびに、
「炭酸水で割るととても美味しい!」
「料理に使うだけじゃなくて、飲むのも美味しいわよね。」
結果としてこのようなご感想をいただくことが増えていったので、今度はあえて飲み物として手軽に試していただき、福島の桃の認知度を高めていければいいなと思っています。

現在の構想は、つくばカーサにカフェスペースを増築すること。
公園でお散歩やランニングを楽しんでいる方も気軽に来られるような、「福ももネストカフェ」専用のスペースを2020年春までに作りたいという考えがあります。

ただ、現実には、つくばカーサは本当に建物が増築できるような構造であるのかや、人の問題など様々な課題があります。

このプロジェクトが成功した暁には、カフェスペースの増築を目標にします。
ただ、どうしても物理的に実現不可能である場合は、曜日を限定させていただき、つくばカーサの営業時間前の例えば6時から8時半まで、つくばカーサ内の一室イベントホールで軽めのモーニングを提供しながらお酢を提供する、または、レンタルスペースの定休日に「福ももネストカフェ」を開く、などをして、実現させていきたいと思っています。


昨年、「福ももの酢」を製造するとき、プロジェクトを支援してくださった方々をはじめ、福島県の多くの方のご協力を得てここまでやってきました。
そのとき感じたのは人の「あたたかさ」でした。人の気持ちを動かすのは人の気持ちだと思っています。
昨年は他の今まで知らなかった人たちの気持ちに自分の気持ちが動かされるという出来事が数多くありました。
そんな経験をして、「福ももの酢」は、ただ商品としてお届けするだけではなく、わたしの原点である”福島県のために何かをしたい”という想い伝える商品とするべきだと思いました。

また、昨年からプロジェクトをやっている中で、
「次は何をやるのですか?教えてください。」
「茨城にいる女性が頑張っているのだから私たちも頑張らなきゃ。」
こんなあたたかい言葉を福島県の桑折町の方や農家の方に言っていただくことがありました。
とても、とても、嬉しかったです。

一方、平成史上、最も大きな天災のひとつである、東日本大震災。
福島という言葉が全国、世界から遠ざけられている現状は今なお、あまり変わってはいません。

前回のプロジェクトは、とあるお料理教室で
「福島と名のつく食材は都内では学校給食に使われていないよ」
と聞いたことに、とても悲しくなり始めました。

皇室にも納められている美味しい桃と農産物が無条件にさけられる、そんなもったいない現状に、美味しい桃、農家の方の想いを“伝える”努力をしていくことが必要だと感じたことがあったのが今回プロジェクトをやろうと思った理由です。

つくばカーサは、茨城県の土浦市とつくば市の間くらいに位置しています。
沼を囲む桜が有名な土浦市の乙戸沼公園に隣接しており、花見時期には大勢の人でにぎわいます。 周辺は自然の宝庫で、冬はたくさんの渡り鳥を見ることができます。
季節ごとに違った風景を味わいながら、楽しめるコミュニティスペースを目指しています。

ご利用いただいている方々や公園でお散歩されている方がふらっと来て、気軽に桃を味わうことができる環境を作りたいと思っています。


昨年はじめてお酢を作るにあたって、
福島県、茨城県の方々にとてもお世話になりました。

お酢を製造する前の段階。
桑折町の伊達果実農業協同組合の佐藤邦雄組合長をはじめみなさまに、ブランド桃の”あかつき”を600キロも集めていただきました。

集めていただいた桃は佐藤武朗町議が自分で運転して茨城県まで持ってきてくださいました。

その桃を茨城県の野村醸造さんでお酢に製品化していただきました。

その後も福島県の方々においては、個人だったにもかかわらず、
たくさんのお力添えをいただきました。



お酢を作った後は、2018年11月開催、レンタルスペースつくばカーサ主催の「福島茨城まごころマルシェ」に伊達果実農業協同組合の佐藤邦雄組合長、桑折町振興公社の佐藤克彦前局長、桑折町の佐藤武朗町議がお越し下さり、福島のリンゴやあんぽ柿などの名産品を販売してくださいました。



桑折町振興公社のご厚意で、東北最大級のビジネス展示・商談会 「みやぎビジネスマッチ2018」 、食の商談会 「ふくしまフードフェア2018」 、アジア最大級の食品・飲料専門展示会「FOODEX JAPAN2019」に出展スペースをお貸しいただけるという機会をいただき、一緒のブースに立たせていただきました。

はじめてのプロジェクトを立ち上げてから約1年、
本当にたくさんの方々に支えていただいた「福ももの酢」。

福島県のために何かやりたいと思ってはじめたプロジェクトでしたので、
今度こそわたしがそんな方々のために美味しい桃の味をさらに広めたいと思っています。


福島の桃をリアルに知ることができるカフェを作りたいです。

ドリンクバー利用券を持ったお客さまがお酢を自由にサーブできるジュースサーバーを置き、同じ場所に桃畑の様子を観察できるようモニターを設置したいと思っています。

①ライブカメラ3台
②モニター
③お酢のサーバー
④福島県桑折町の桃を応援する動画

そこでこの4つを準備したいと思っています。


福ももドリンクバー回数券とグミのセット 2,000円

ももたっぷり お酢とグミのセット 2,000円

お得 お酢とグミのセット 3,000円

オリジナルカレーとソルベのセット 3,000円 or 5,000円

オリジナルラタトゥイユ・ベーグルとソルベのセット 3,000円 or 5,000円

オープニングセレモニー招待券 3,000円

福ももドリンクバー利用券 オープンから1年飲み放題 10,000円

レンタルスペース利用券
 ・ルーム②(24㎡) 6時間分とお酢、酵素ドリンクのセット 10,000円
 ・ルーム①(54㎡) 8時間分とお酢、酵素ドリンクのセット 20,000円
 ・イベントホール(144㎡) 8時間分とお酢、酵素ドリンクのセット 50,000円
 ・イベントホール(144㎡) 16時間分とお酢、酵素ドリンクのセット 100,000円

野菜が美味しくなる平山式低温調理鍋とお酢のお料理セット 34,000円


最後に やっぱり福島の桃は美味しい。
昨年お酢を作って、実際に飲んで、改めてそう思うことができました。

故郷に元気を届けたいと思ってはじめたプロジェクトで、 たくさんの支えを得てここまでやってきています。 

福島の美味しい桃を求めて、たくさんの皆さまにきていただけるようなお酢専門スタンドカフェを作りたいと考えております。


■レンタルスペースつくばCASA


つくばCASAのポリシー

食と健康を考えるお店です。

食品の安心・安全はもちろん、ゆったりと心地よい時間を過ごしていただきたい!

そんな想いを込めて皆様をお迎えします。

つくばカーサのこだわり

① 添加物・化学調味料は使いません。

② お米は「無農薬米」です。

③ 日本伝統の発酵食品や乾物を使います。

④ 「野菜・肉」はすべて50℃洗いをします。

⑤ トランス脂肪酸を含まない、圧搾有機油だけを使います。

店舗情報
店名 レンタルスペース つくばカーサ
住所 茨城県 土浦市中村西根12-1
最寄り駅 JR常磐線荒川駅
道順 乙戸沼公園となり

〇お車でお越しの方
・常磐自動車道「つくば牛久IC」から約3分
・常磐自動車道「桜土浦IC」から約5分

〇公共交通機関でお越しの方
・JR常磐線荒川沖駅西口4番のりば発
「つくばセンター行」「筑波大学中央行」乗車
「関鉄ニュータウンつくば」下車
・つくばセンター(TXつくば駅)4番のりば発
「荒川沖駅行」「阿見中央公民館行」乗車
「関鉄ニュータウンつくば」下車
電話番号 029-843-4312
定休日 日曜、月曜
営業時間(レストラン) 11:30 ~ 14:00
営業時間(レンタルルーム) 9:00 ~ 18:00

※その他のお時間は要相談となります。
駐車場 駐車場あり
ランチについて ※ランチは完全予約制となります。

※クレジットカードのご利用は¥10,000以上からとなります。

 □詳細□
HP:http://tsukuba-casa.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/fukumomonosu/
Instagram:https://www.instagram.com/fukumomo__project/

〇その他

レンタルスペースつくばCASAでは、いろんな用途に使えるレンタルスペースとして運営しており、さまざまなジャンルの方が訪れる場所となっております。

まだ未定ですがレストランの厨房もありますので、こども食堂や女性や主婦の勉強会、地域のお母さま達の勉強の場として活用していきたい夢があります。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください