な、な、なんだこれは!? 衝撃の『爆笑カードゲーム』いざ見参!

プロジェクト本文

ゲーム業界の異端、宇賀神雅史が新作アナログカードゲーム「クレイジー・ウィザード」を提供いたします

▼自己紹介

東京出身のゲームデザイナー(兼・油彩画家)。
ひたすらゲームをつくり続け、気が付けばこの道20年以上が経過していました…

▼これまでの活動とプロジェクトをやろうと思った背景

ある時は〝家庭用のゲーム機では絶対無理〟と嘲笑されるなか「ウイイレ」を立ち上げ、またある時は〝バカバカしすぎる〟と呆れられながら「ポイッターズポイント」を立ち上げ、常に「お前はおかしい」と笑われ続けてきた私ですが、それでもゲームをつくり続けてこられたのは、「ゲームが好きだから」という、只それだけの理由からでした。
そんな私が昨今のゲームやゲーム業界に対して感じる事。それは、哀しきかな、一種の「あきらめ感」や、「内容より利益優先」という制作姿勢に対する「不信感」です。
十数年前は、「面白ければOK」という理由で、「車がホッピングして他の車をつぶしながら進むレースゲーム」や「なぜか車から〝トリモチ〟状の煙?が出て、それに他の車をくっつけちゃうゲーム」、「ただひたすらトラックボールを転がしてゴールに走り込むサッカーゲーム(トラックボールと筐体の隙間に『手の皮』がはさまって、リアル負傷する)」等、本当に〝キテレツで自由気ままなゲーム〟が世の中には沢山存在しました。
たった十数年です。たった十数年で、業界では当時予想もしなかったビックマネーが動きだし、私達の大好きだった「おもちゃ箱(面白カオスBOX)」は、規格でギチギチの「キレイなおもちゃ」で整頓されてしまいました。

画像データ¥01

何よりも辛いのは、かくいう私自身が、業界で存命する為に「SNS」ゲーム分野で、日々「KPI」を気にした「ゲームつくり」に参加せざるをえない状況であったりする事です。
今回、オリジナルのアナログゲームブランドを立ち上げた経緯は、そういった自己矛盾と真っ向対峙し、しがらみの一切ない状況で「面白さ第一」をスローガンに、世に胸を張って出せるゲームをつくろう、と小さな決意をしたからに他ありません。

▼プロジェクトで何を実現したいか?

現在、あまり一般には多く知られていませんが、アナログゲーム業界では、「自分たちで資金を出して、自分たちの好きなゲームをつくろう」という主旨でイベントに作品を展示し、これを販売するという人たちが急速に増えています。
今回、私がこの「クラウドファンディング」という仕組みを活用しようと思ったのは、もちろん、「面白いゲームをつくって提供する」という事が第一の目的ですが、こういったプロジェクトが実現化する事自体が、資金問題で諦めてしまっていたゲームアイデアを持つ人達の気持ちを再燃焼させる「キッカケ」にもなるんじゃないかと思ったからです。
つまり、「キテレツゲームの逆襲」を、大真面目に目論んでいる訳です(アナログ・デジタル問わず)。

画像データ¥02

▼当ゲーム「クレイジー・ウィザード」について

『クレイジーウィザード』は、2人用の対戦カードゲームです。
以下、おおまかなゲームの進め方について説明いたします。

①適当な体力値を設定します。

②プレーヤーは互いに7枚の「手札」を持ちます。
 手札は、表面と裏面が、それぞれ
 『攻撃カード(黒い魔法使い)』と
 『防御カード(白い魔法使い)』に
 分かれており、7種類の攻撃と7種類の防御ができるようになっています。

③どちらが攻撃で、どちらが防御を行うかをジャンケンで決定し、
 そのカード面を自分の方に向けて手札を持ちます。

④互いに手札から好きなアクションを選択し、同時に場の中央に提示します。

⑤カードの上部に書かれた記号を読み取り、これに合致するカードを
 「結果カード」の山から抜き取り、表向きにします。

⑥「結果カード」の表には、2人のアクションの「結果のイメージ画像」が
 描かれており、結果的に、どちらにどんなダメージが与えられたかが、
 示されます。

⑦結果カードと手札を元に戻し、
 今度は、攻守を入れ替えて④以後を繰り返します。

⑧上記を繰り返し「ゲーム開始時に設定した体力値」が「0」になった方が負け。
 という、大変シンプルなルールのゲームです。

▼なぜ資金が必要なのか?資金はどう使われるのか?

とはいえ、少数のオンデマンドのカードゲーム制作の場合は、当然、印刷代が高額になり、通常の市販ゲームと同等の価格で販売すると、ほとんど利益はあげられません(むしろ作るほど赤字になったりするケースも多いかと思います)。
既に去年末に、今回のカードゲームとは別種のカードゲームを作成しましたが、結果的には、刷った分全部が売れても、純粋な経費と売り上げはほぼトントン。その上、一つの商品を作り上げるための作業時間は、どんなに急いでも1.5ヶ月程度はかかるという始末…
「無償で1.5ヶ月働いた上に、ポケットマネーで印刷代を出し、印刷代だけ回収する」という、フタを開けてみると、とんでもない「SMプレイ」になっていた訳です。
そんな状況を打破する為、当プロジェクトの存続と発展を目的に、最新作「クレイジー・ウィザード」の増版資金援助を集ってみよう、という決断に至りました。

▼リターンの説明

支援協力くださった方々へは、額面に応じて以下のリターンをご用意させていただきます。
・「CAMPFIREメッセージ」にて、お礼のご挨拶をお届けいたします。
・お礼のご挨拶をメールにてお届けします。
・「クレイジー・ウィザード」クラウドファンディング仕様スペシャルパッケージ(※特別カード同梱版)を増版完了タイミングで贈呈いたします
・ゲーム内に同梱する〝特別支援者リスト〟に、開発協力者としてお名前を掲載させていただきます
・増版版完成後、制作者主催の記念イベント(お食事会)を開催いたします。こちらの招待券をお届けいたします(※開催地:東京。2015年8月下旬~9月上旬に実施予定)
・「支援者様専用特性デザインカード(トランプ)」を制作者宇賀神雅史が個別にデザイン。カード完成後、8セット(末広がり数分)をパッケージングし、援助のお礼としてお届けいたします。

(※プライベート写真を資料として拝借し、カード内のJoker2枚、もしくは全絵札「J×4,Q×4,K×4,Joker×2」計14枚分に割り当て、オリジナルカードとして描き起こす『世界に1種類だけのカード』。制作期間を少しいただきますので、お届けは9月下旬~10月頃となる予定です)

▼最後に

つたない長文、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
「ナゼそんな儲かりもしない事を」「お前はおかしい」と、またまた言われそうではありますが、
もう決めました。限界までやってみます。


今回、ご提供する「クレイジー・ウィザード」は「コンポジションカードデッキシリーズ」という、一連のゲームシリーズの中の第2弾という位置づけなのですが、このシリーズにつきましては現状、第5弾で完結する着想となっております(※「コンポジションカードデッキシリーズ」については、http://funnygame.okitsune.comをご確認ください!)。

とりあえずは、この小さなゴールに向かって邁進していくつもりです。
ひとりでも多くのご支援、何卒よろしくお願いいたします。

画像データ¥03

宇賀神 雅史

  • 55b19621 76f4 485a b4f9 3bdb0ab9979d.png?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    ボードゲームカフェにおじゃま…(2015.7/24)

    2015/07/24 10:34

      公開期間も残すところあと1週間… 先日は、渋谷東急ハンズ近くにある『JELLY JELLY CAFE』というゲームカフェにおじゃましました。(250種以上のゲームがプレイできるという、見事な品ぞろえのお店です。) 一人でぶらりと入ったのですが、お店の方から「ゲームに参加しませんか?」...

  • 5594d4b5 e820 4bef 858d 294e0ab9979d.png?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    ★宣伝用POPをつくってみました!(2015.7/2)

    2015/07/02 15:05

        先月からスタートした当プロジェクトですが、やはり『人様からご支援いただくというのは、本当に難しい事なのだなぁ』と痛感している今日このごろ… このままではイカンという事で、宣伝用のPOPをつくり、先日、高円寺を周り、2軒のお店に置いていただきました。 日中の仕事が片付き、暫く時間...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください