【ネクストゴール50万円に挑戦中!】「席を立てなくなるほどの感動を与えたい。」その思いを胸に言語の壁を超えて、そして学生という枠を超えて私たちは英語劇の最高峰を目指します!アジア最大級の四大学英語劇大会の場で、劇を通して今年私たちが届けたいのは「本当の幸せとはなんだろうか。」というメッセージです。

プロジェクト本文

▼達成&ネクストゴールへの挑戦について

ご報告があります!

皆さまの暖かいご支援のお陰で、プロジェクトを公開してからわずか1週間で目標金額を達成することが出来ました!本当にありがとうございます!

今回集まった支援金は、以下に書かせて頂いている通り、劇をレベルアップさせるのに不可欠な通し稽古を行うための資金とさせて頂きます。皆様のご支援によってより良いものになるであろう私たちの公演を楽しみにしていて下さい!

また、更なる劇のレベルアップを目指してネクストゴールへの挑戦をします。通し稽古のクオリティ、そして日々の活動のクオリティを上げるためには本番と同じ環境での練習が欠かせません。しかし、現状KEIO PRODUCTIONが所持している機材は古く、本番や通し稽古で使用する舞台の設備とはかけ離れています。そのため、ネクストゴールを「支援金50万円」とさせて頂き、さらに支援頂けた支援金は照明機材および音響機材の購入に当てさせて頂きたいと思っています。

今年こそは私たちも、観に来て下さる皆さんも満足出来るような過去最高の劇を打ちたいと思っています。大学生活の全てを注ぎ込んで日々活動している私たちにほんの少しでも共感して下さり、またご支援頂けると幸いです。引き続きよろしくお願いします!!

▼ご挨拶とKEIO PRODUCTIONについて

はじめまして!KEIO PRODUCTIONです!
KEIO PRODUCTIONとは慶應義塾大学公認団体の英語會(K.E.S.S.)に所属にしており英語劇を創る団体です。私たちは毎年秋に開催される英語劇の大会に向けて日々英語や劇作りの勉強に励んでいます!

その英語劇の大会は「四大学英語劇大会」といわれ、慶應、早稲田、立教、一橋と津田塾(合同)の四つの団体で勝利を競うもので、アジア最大級の、80年以上の歴史をもつ大会です。

その大会で勝つために、そして来てくださったお客様に感動を与えるために、私たちは一年以上前からメンバーみんなで準備しています。一から照明や音響のプランや舞台セットを作り、日本人を外国人にみせるメイクを学び、そしてキャストは英語の発音の基礎の基礎から練習します。実際のプロの劇団の方に来ていただいて指導を受けたり、何千冊にも及ぶ英語の台本から勝てるような劇をうてるものを選定したりと私たちは大学生活をかけて本気で挑んでいます!


☆公演情報
日時:2019年11月23日 初日公演 24日 final公演
(各大学の公演順番に関しては未定です)

料金:初日1200円 final 1400円

場所:志木市民会館パルシティー(東武東上線志木駅から徒歩13分)



▼英語劇史上最高の感動作を創るために!

2018年慶應による「God’s favorite」

私たちのこのプロジェクトを通してのチャレンジは、「今年の四大学英語劇大会で勝つのみではなく、来てくださった皆様に席を立てなくなるような強い感動を与える」ということです!

皆様は観劇した後、席を立てなくなるほどの感動を覚えたことがありますか…?何年経っても忘れられない劇を観たことはありますか…?

私たちは2017年に、この感動を四大学英語劇大会の劇場で経験しました。早稲田大学による「Fools」という作品は圧巻で、劇場中が最後感動に包まれ誰もが心を強く動かされました。その作品を観て私たち大学生でもこのような感動を他者に与えられることができるんだと気付かされ、今度はそれを与える側になりたいと思うようになりました。

しかし2018年、その思いをかかえ必死に取り組んだものの、そのような劇に一歩届きませんでした。最高峰の劇を打ちえる要素はあったものの圧倒的にそれを練習する場、つまり本番を想定した舞台での通し稽古が、予算という壁にぶち当たりできなかったのです。昨年の悔しさを胸に「今年こそは夢を叶える」と動き出しました。

▼今年伝えたいメッセージ。

「本当の幸せとは何だろうか。」今年、私たちが英語劇を通して届けたいメッセージです。いい大学に行って、大企業に就職して、安定した生活を手に入れることが幸せの典型と捉えられています。しかし、本当にそうでしょうか…?今の私たちは、すでに存在している「幸せ」に囚われているように思えます。自分にとっての本当の幸せとは何かー。この劇がそれを見つけるきっかけになればと思います!


英語劇史上最高峰の劇を打つために、私たちは常に基準をプロに合わせています。「学生だから」を言い訳にせず劇に本気で向き合うものとして、プロ意識を持って取り組んでいます。メンバーみんなが誇りとこだわりをもって取り組んでいます!そして今年、今までは難しかった「席を立てなくなるほどの感動作」をうてるとメンバー誰もが信じています…!


私たち、KEIO PRODUCTIONのメンバーとしての今年のテーマは「真摯」です。ここでいう真摯さとは「一貫した固い信念・誠実さ」のことを言います。ここで大切 なのは「一貫した」という「持続性」です。「常 に持ち続ける強固さ」をもって初めて、最高のパフォーマンスを発揮するに至ります。瞬間的な感情や情熱も大切ですが、論理や理性を超えた情熱やこだわりを持って真摯に劇と向き合うー。そんな私たちだからこそみなさまの心を動かせると強く思っています!


私たちは英語劇史上最高の感動を与えれるような劇を全力で打ちにいきます!



▼皆様から応援していただいた資金の使い道

私たちは劇を一から製作しています。クオリティーの高い劇を作るためには多額の資金が必要です。メンバーが大学の授業や活動以外の時間をアルバイトに当てて稼いだ資金や、OBの方々からのご協力や企業協賛によって私たちの劇は成り立っています!ただ、やはり限界があって予算を理由に試したいことや、したいことを諦めるしかないことも多々あります。ほかの四大学に比べて圧倒的に資金が少ないのも痛い現実です。そして、諦められてきたことの一つであって昨年の悔しい経験の原因でもあるのが「本番を想定した舞台で通し稽古をすること」です…!

劇を製作する上では沢山の課題や問題があります。それを克服し最高のものを作ろうとする努力を試す場が必要なんです!一回の舞台での通し稽古は劇の完成度やクオリティーに想像を超えるほどの影響を及ぼします。どうしたら最高の劇を打てるかを勉強し練りに練った照明や音響、舞台美術のプランを、そして役者を集約させる練習の場がどうしても欠かせません…!そのような舞台を借りるためにみなさまのお力をお借りしたいのです!

また想定していた額以上ご支援をいただけた場合は、ほかに予算の関係で諦めていた照明の特殊効果や音響の機材にあてたいと考えています!



▼応援してくれたみなさまへ【リターン】

☆PRODUCTION員による手書きのサンクスカード・サンクスレター
応援してくださった方に一枚一枚感謝の気持ちを込めて書かせていただきます!

☆本番パンフレット・公演写真
本番のパンフレットと写真をお届けします!

☆本番の公演動画
本来なら関係者のみしか観れない貴重なKEIO PRODUCTIONの公演映像です!まるでその場にいたかのような感動をお届けします!

☆公演チケット[限定60名]
かなり貴重で数に限りはございますが、ぜひ足を運んでいただきたいです!最高の感動をお届けします!

※支援していただけるお金によってリターンは異なります!詳しくはリターンページをご覧ください!


最後に

私たちは学生団体に過ぎず時間や資金、できることに限りがあります。けれど、それでも、観にきてくれた方に感動を与えられる最高の英語劇を作れると信じて、日々真摯に取り組んでいます。

大学生活をかけて創り上げるこの劇に、どうか皆様のお力をお貸しいただけないでしょうか…!
皆様一人一人のご支援が劇の成功に直結します。
「応援してよかったな」とおもっていただけるような素晴らしい劇を打つことを約束します。
KEIO PRODUCTIONが英語劇に奇跡を起こします。

みなさまのあたたかいご支援、宜しくお願い致します!


慶應義塾大学 2019KEIO PRODUCTION員一同


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 活動報告

    今年の舞台監督からメッセージと演目発表

    2019/05/29 18:57

    公開から6日目を迎えました!公開から1週間も経たずになんと目標金額の90%以上の支援を頂くことができました。皆様の暖かい支援、本当に嬉しく思うとともに四大学英語劇大会で最高のものを届けたいという思いもさらに強くなりました。目標金額は30万円と設定しておりますが、本番劇を打つためには500〜70...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください