昔は日本中の水辺にあった【真菰】は美味しく食べるだけでなく、安眠の枕、解毒の薬、水や空気の浄化、また古来の神事・祭事等に欠かせない重要なものでした。【真菰】をみんなで育てたくて、今年から都内から電車と散歩でいける場所に土地を借りました。2020年の春にはできるだけ多くの苗を沢山の方々とシェアします!

プロジェクト本文

☆真菰農家新人、いちこじ、です。☆

はじめまして!
いちこじ、こと 東しのぶ と申します。東京都文京区千駄木に住み、
流し処 市子路】として身体の緩め、ほぐし、温めなどのお手当や
「美味しい!」とか「楽しい!」のイベントを企画したりしています。

砂浴部を作り、あったかい時期には江ノ島や鵠沼の海岸で部活動もしています。

ちなみに施術の中で、真菰の足湯もしたり、真菰枕にお客様に寝ていただいたりもします。



☆このプロジェクトで実現したいこと☆

まずは2019年に真菰をできるだけ多くの方に真菰への興味を持っていただくこと。

そして2020年にはみんなが自分で家に植える、
もしくは田んぼの隅っこに植える、

せっかくだからみんなで共有で田んぼを借りたりして…
そんなことが全国で実現していくように、これをプロジェクトにしようと想いました!


☆プロジェクトをやろうと思った理由☆

ちょっと遡ります。
私は2011年から2016年まで熊本に息子と移住し、真菰と出逢いました。
初めて食べた時とにかく美味しくてびっくりして、以来、秋が来ると真菰が産直所に出ないか探す日々。
(油にも合うし、炒めても揚げても新鮮なものは刺し身みたいに食べても本当に美味しいのです!)

やがて東京に戻り、あの味が忘れられずに熊本の無農薬真菰農家の友人から送ってもらった2018年。
その時その農家さんから送られた写真に私は鳥肌が立ちました。

なんて気持ちがいいんだろう!!!
大きく空に向かってのびる真菰の葉っぱは清々しく、
そこに満ちる空気もなんとも心地よい。
そしてクッション代わりに詰めてもらったその葉っぱ達は
手に取ると稲というより
竹のようでもい草のようでもある柔らかで清い薫りがして
何度も何度も顔を埋めて深呼吸したものでした。

届いた折には東京の仲間に呼びかけて

【真菰料理を食べる会】を企画。

塩胡椒だけでさっと炒めても

タコと一緒にキムチ風味で和えても

生のままサラダにしても、蒸してオリーブオイルと塩で食べても。

「美味しい!!なにこれ!美味しい!」
「こんな食材、どこに行ったら買えるの???」
と、真菰はじめましてな方々にも大好評だったのでした。
でもやっぱり、
「そもそも、…真菰って、何?」
という方が多いのも事実。

でも確かに、私も熊本に行くまでは知らなかった。

で、調べてみたら、【真菰】って。

 凄かった!!!!!

マコモ(真薦・真菰)とはイネ科の多年草で、
古事記や日本書紀、万葉集にも記載される稲の先祖。
日本では今も神仏に供せられるケースがよく見かけられます。
出雲大社の本殿の注連縄。
宇佐神宮の御神体は真菰の枕。
東京の神田明神、千葉の香取神宮、埼玉の氷川神社など、
今でも数多くの神社では神事の際に登場します。
真菰はまた、仏事にも大きくかかわりがあります。お釈迦様が真菰で編んだむしろ(寝床)に、
病人を寝かせて治療されたという仏話があります。
弘法大師も療術の秘儀として中国から持ち帰り、
真菰を用いて病人を救って歩かれました。
(その後、清水寺にその技術は封印されたそうです。…気になる。)


 …ものすごいんです!
真菰と日本人との関係。
稲作が伝わるずっと前から深く、優しく、神聖で密接だった。
きっと昔の「神様と人の関係」と一緒だったんだろうなぁと、思います。
根本は野菜として美味しく食べるし、
葉は焙煎してお茶にしていただいて、
編んで枕や簾やゴザにするし、
神様との行事でも大切に扱われてきた。



   でも。



私、真菰のこと子供の時は全然知らなかったんです。
大人になってからも全然知らなかった。

で、冒頭に伝えた通り2011年に、熊本で初めて食材として出逢ったんですね。
2016年に東京に戻ってからは、真菰を自分の気功的な整体のお供に、
その葉っぱを足湯や枕に使うようになったのです。
で、取り寄せては食べたり使ったりしてるうちにどんどん興味が湧いてきて、
そのチャージ力やデトックス効果に愛着が湧いてきて、
ついに自分で育ててみたい!!!!という衝動が。
そして、「意外に育てやすいよ」という真菰農家さんからの声が!!
「バケツでイネ育てるみたいにして、家でもベランダや庭で育てられるよ」って。

すごい!嬉しい!!
美味しくて役に立つ、真菰。都会でもバケツで春から秋にかけて育てて、
秋に食べたらその家のしめ縄を作っても楽しいしお風呂に入れても気持ちいい。

水や空気の浄化作用を注目され続けている真菰。
せっかくだから、こんな素敵な【真菰】をもっとみんなに知ってほしい!!!

なので、
「 2020年にみんなが真菰を自宅で育てよう!」
と呼びかけてみようと決めました。


真菰には珪素(ケイ素)が豊富に含まれています。
水晶の構成物質でもある珪素には、毒出し効果があると言われています。
(昔はフグの毒に当たった人は全身を土に埋めていました。
 土に埋まっていると、土中にの珪素の力によって、
 毒素が体から抜けていくと考えられていたからです。)
伝説だったり、研究科の方々の「説」だったり、
まだまだ詳細に渡って解明されていないことも多い真菰ですが、
少なくとも、昔から日本人にとってとても大切だったし、


今の日本人にこそ再び本当に大切なものに違いない!という確信があります。

まずは今年、できるだけ多くの方々に【真菰】と知り合って欲しい。
そして美味しい「マコモダケ」を食べてみて欲しい。
できたらその葉っぱをお風呂に入れて、もしくは足湯でデトックスして欲しい。
イケるんだったら真菰枕で寝てみてその安眠っぷりに嬉しくなってみて欲しい。

それがこのプロジェクトです。
そして、私がかねてより感動してて、
応援してるごぱん屋うっでぃーさんのこともリターンがてら知っていただけたら。

これは
お金を集める!というよりは、知っていただきたい!のプロジェクトです。
だから、このページをご覧になってこのクラウドに参加されなくても
個人的に更に調べたり、興味が湧いてそちらへ直接連絡をとっていただけても
もちろんすっごく嬉しいです。

 真菰、本当にすごいです。


☆これまでの活動☆

2011年から2016年まで住んでいた熊本では
cafe Arbaroというオーガニックベジのキッズカフェを仲間と運営する傍らで

福島の子ども達を熊本に招待するゼロ円キャンプスクール、という有志団体の事務局をしていました。
(2018年度をもって保養キャンプの活動は終了)

水がキレイになること。
空気がキレイになること。
人が自然と触れ合って暮らしていくこと。
自分が帰って眠るその家で安らげること。
 2011年からはずっと、そんなことについて考える日々を過ごしてきたように想います。

そして、満を持して、真菰がその全ての鍵になるかも知れない!と繋がりました。

というわけで、
周囲にその想いをぶつけたところ、
先日さっそく!
神奈川県の下曽我駅から徒歩約7分の休耕田をお借りできることになりました。
まずは下見として訪れる。

すぐ隣には無農薬の梅林。

遠くに見える家々の手前には、なんともほのぼの2両編成の御殿場線がガタンゴトンと走ります。

そして2度目の下曽我。
土地をお借りするにあたって間に入ってくださった川久保和美さんは、
「草刈りと中耕、しといたよ。」とサラリと。
ご自身も梅と蜜柑の農家さんでありながら地域活性化のために団体を立ち上げ
ボランティア活動も含めてフル回転のパワフルな方なんです。
話してるとそのエネルギーに鳥肌が立つ。

梅林のも含めて、ゴミを拾う。


小田原市のゴミ集積場に軽トラで運びました。

ちなみにお隣の梅林もすっかりお年頃になってました。


翌週、荒起しと草取り。

川久保さんに教わりながら鍬を握り、

トラクターの使い方も教わり、

ヘッピリ腰ながらもやってみる!

そして草をとる。

別場所に置き、乾燥させたら土に混ぜます。
曇天を狙って作業してますが、
実はこの山々の向こうには富士山があるのです。

天気が良かったら、絶景。

今年は都内から毎週、下曽我に通います。
そしてまずは2019年、沢山の先輩方に教わりながら真菰を育てます。

そして、地元の方々の信頼をえていって、

2020年にはたくさんの人がピクニックがてらで気軽に訪れることができるように
整えてまいります!!

この雲の向こうには富士山が見える、とても素敵な場所なのです。

そして、この秋収穫した真菰で

真菰茶を飲んだり、
真菰足湯をしたり、
みんなで育てた真菰で納豆を作ったり、
真菰の豆乳ヨーグルトを作ったり、
そんな楽しい美味しい身体に優しい発酵の集いもしていきたいのです。


  ぜひ皆さん、繋がって、仲間になってください。




☆資金の使い道☆

・5月〜11月、主要メンバー3名が週1もしくは週2で田んぼに通う
 【都内⇔下曽我】 の交通費(1回につき往復1人約4000円)が主だったものになります。
 その他、
・地主さんと繋いでくださり、地元の方と繋げながらいろいろと教えてくださる
 川久保さんへのお礼
・真菰苗を分けていただく方へのお礼
・農機具費                                      
・周辺美化費                                  
・地元の方々へのご挨拶費                             

・リターンとしてのもろもろ発送代
・クラウド手数料支払い    

など。
そしてもしこの挑戦で沢山の方にご協力いただけたら
下曽我駅前にシャワーが浴びれたり一休みできるスペースを確保すべく、
2020年に向けて契約を結び、整えていこうと考えています。(スタートに約30万円必要)
今年はまだまだ規模が小さいですが、来年以降もっと広く借りて、
みんなでいっぱい一緒に作業もして、そこでのんびりもして、
「身軽に都内から遊びに来て、重い荷物はそこに置いて
 泥遊びをしてのんびりもしてまたサッパリして帰る。」
そんな日帰りのんびりできる場所を作りたいのです。

そして下曽我も、とっても素敵な場所なのです。

美味しい和菓子屋さん、上りきって振り返ると富士山が望めるメインストリート、
とびっきりの柑橘や梅干し、なにより絶景の梅林!!!
下曽我のことも、これから多くの方に知っていただけるような活動もしていきます。


☆リターンについて☆

  思い切っていろんなリターンを用意してみました。

その① 送ります!

◎「旬のマコモダケ食べてみてください!」コース(2000円)
  秋になり収穫したら【5本】レターパック(赤)で送ります。

◎「フレッシュな真菰の葉っぱ、使ってみてください!」コース(2000円)
  秋になり収穫したら生の葉っぱをレターパック(赤)になるたけいっぱい詰めて送ります。

◎「来年の春、真菰植えてみてください!」コース(2000円)
  来年の春、真菰の苗を【3本】送ります!(育て方の案内も同封します)
  植えてください!!!!ご近所で分け合っていただいてもいいかなと想います!

   ちなみに… ☆育て方☆
  深さが30cm以上のバケツなどに土より5センチ位上に水がくるようにして1株づつ植える。 
  水は足しながら(たまに米のとぎ汁を入れたり)日当たり良好なところで。
  (水切れに注意しつつ、雑草はぬく)
  収穫は9~10月。株元がふくらみ、白い部分が見えてきたら収穫適期です。
  他の茎を 傷めないように 肥大した茎だけをカマなどで切る。
  なお収穫後に地上部が枯れてきたら 来年の親株にするため、地上部を刈り取り、翌春に植え替え!



◎「旬のマコモダケを食べて、葉っぱも使って、来年春には植えてみてください!」コース(5000円)
 秋になり収穫したらマコモダケを【5本】送ります。
 クッション代わりに真菰の葉っぱを入れますね。
 そして春には、真菰の苗を【3本】送ります!植えてください!!!
 (育て方の案内も同封します。ご近所で分け合っていただいてもいいかなと想います!)

 (※収穫期と2020年春の、2回発送になります。)


◎「真菰枕でぐっすり寝てみてください!」コース(8000円)
  PRISTINEさんのオーガニックの晒と糸&奈良益久染織研究所さんの手紡ぎ布で
  手縫いした真菰枕に乾燥させて刻んだ真菰を詰めて贈ります!
   (約30センチ✕約20センチ、旅行への携帯!でもお持ちの枕と組み合わせても使える小さめです)

その② いらっしゃいませ!(東京都文京区千駄木・流し処 市子路にて実施)

◎「真菰茶を飲みながら真菰足湯→真菰枕に横たわって60分じっくりマッサージ!」コース(10000円)
(12月中旬以降発動)チケットを送らせていただきますので、ご希望日などご相談ください。
  ※流し処までの交通費はご負担いただく形になります。
  ※法令に基づく医療、診療行為ではございません。
    効果には個人差がございますことを予めご了承ください。



◎「真菰最盛期、千駄木にある 流し処 市子路 で開催する真菰祭りにご招待します!」コース(5000円)
(11月11日開催予定)一人ひとりちょこっと食前マッサージつき、真菰料理の昼から宴、です!
  ※流し処までの交通費はパトロン様でご負担いただく形になります。
  ※法令に基づく医療、診療行為ではございません。
    効果には個人差がございますことを予めご了承ください。


その③コラボしてみました!!!(熊本の【ごぱん屋うっでぃー】さんの【ごぱん】とコラボです!)
 ◎「収穫した真菰を練り込んだ【特製まこもごぱん】を送ります!コース(2500円)

   熊本県産小麦、発芽玄米、小豆、自然海塩、酵母、黒砂糖で焼き上げるごぱん。
   動物性不使用のヴィーガンブレッドになります。
   そこになんと!
   今年収穫した真菰も練り込んでいただいて【まこもごぱん】を作っていただきます!
   蒸すともちもちのふわふわで、冷めてもずーっとそれが続く、優しい優しい【ごぱん】
   そこにさらに、真菰のパワフルなエネルギーを込めていただきます!
   バーガーバンズサイズのごぱん【ちびっこ】✕4子のパックを2つ、計8子のごぱん。
    ※12月になりますが、レターパック(赤)で送らせていただきます。
     送る前にご連絡を入れさせていただきます。


 ☆☆☆追加リターン用意してみました!☆☆☆

★追加その①【応援するよ!コース】【1000円】
リターンは特に不要だけど、
パトロンとして今後の活動を見守るね!という方のコース、
勇気を出して設定してみました。
活動報告を受け取っていただくと共に、
植えて
育って
収穫して
食べて
使って
いろんなものになって…
という真菰にまつわる私達のあれこれを応援していただけたら嬉しいです。
お礼メッセージを送らせていただきます。


★追加その②【特製まこもごぱん】4子入り1パック&
 【収穫したマコモダケ3本】のセットです。

◎まこもごぱん◎(ごぱん屋うっでぃー@熊本)さんとのコラボです!
熊本県産小麦、発芽玄米、小豆、自然海塩、酵母、黒砂糖で焼き上げるごぱん。
動物性不使用のヴィーガンブレッドになります。そこになんと!
今年収穫した真菰も練り込んでいただいて【まこもごぱん】を作っていただきます!
蒸すともちもちのふわふわで、冷めてもずーっとそれが続く、優しい優しい【ごぱん】
そこにさらに、真菰のパワフルなエネルギーを込めていただきます!

それと、収穫したマコモダケをセットで送らせていただくコースです。


★追加その③【「優しいお風呂時間を過ごそう!」コース】【3000円】
お風呂浄化の真菰ミニリースと優しい手紡ぎ肌撫で布のセットです。
赤ちゃんの沐浴みたいな気持ちで
優しい布で自分の肌を湯船でそっと撫でる。
奈良の益久染織研究所の手紡ぎ布を手縫いで端をかがりました。
(約25センチ✕約30センチです。)
そして
真菰リースは邪気を祓い、お湯を丁寧に浄めます。

どうぞ一緒に毎晩使って
お風呂を大事な安らぎの儀式の時間にして
お洗濯物と一緒にお天道さまに当ててください。
真菰リースは使っていただくうちにだんだんと香りや色が褪せますが
その効果は半年から1年、感じていただけると思います。
※11月以降の発送になります。発送時にご連絡いたします。
※レターパック(赤)での発送になります。


★追加その④

◎「真菰最盛期、千駄木にある 流し処 市子路 で開催する真菰祭りにご招待します!」コース(5000円)
(11月12日開催予定)一人ひとりちょこっと食前マッサージつき、真菰料理の昼から宴、です!
  ※流し処までの交通費はパトロン様でご負担いただく形になります。
  ※法令に基づく医療、診療行為ではございません。
    効果には個人差がございますことを予めご了承ください。


★追加その⑤

◎「流し処市子路で開催する真菰ごぱんランチ&真菰注連飾り製作WSにご招待します!」コース (7000円)

 ・期日 (A日程、BASE日程からお選びください)
    A 日程・12月1日(日曜日) 10:30〜14:30  (限定5名様)
    B 日程・12月2日(月曜日) 10:30〜14:30  (限定5名様)
 ・会場 流し処 市子路(千駄木駅・西日暮里駅から徒歩約8分・参加の方に個別でお知らせします)

藁綯い(なわない)は昔ながらの手仕事。
稲作とも密接な関係にあります。
今回は下曽我の地で風に揺れながら育った真菰を使い縄を綯っていきます。

そして飾り付けは
相模川沿いの田園地帯・自然栽培育ちの稲穂をご用意します。
形は関東でメジャーな丸型と関西でよく見かけるメガネ型の
どちらかお好きな方を選んでいただき作っていきます。
真菰茶と【真菰練り込みごぱん】を使った真菰バーガーのランチをご用意しますね。

(綯い上がったしめ縄に、松ぼっくりなどを飾りつければ、
  クリスマスやインテリアとして一年中飾っても素敵ですよ。)

ひと昔前まで生活の一部であった手仕事、藁綯い。
昔から人々が平和への祈りと願いを込め綯い上げてきた注連飾り。
令和はじめてのお正月を手作りの真菰の注連飾りとお迎えしましょう!

作ることは生きること。
みなさんに優しい風がたくさん吹きますように。
ご参加お待ちしています。

※写真は昨年稲わらと真菰で注連飾りWSを行った時のものです。
 飾り付けの材料など多少変わりますのでご了承ください。

※流し処 市子路までの交通費はパトロン様でご負担いただく形になります。


★追加その⑥

◎「令和初のお正月を真菰のしめかざりで迎えよう!」コース(7000円)

下曽我の地で風に揺れながら育った真菰でしめかざりをお作りして
 レターパック(赤)にてお送りします。
ひと昔前まで生活の一部であった手仕事、藁綯い(なわない)。
昔から人々が平和への祈りと願いを込め綯い上げてきたしめかざり。
わたしたちもその和(輪)の中にいることを感じていただけたら幸いです。
心を込めてお作りします。

令和になって初めてのお正月を手作りのしめ縄とお迎えしましょう!

※写真は昨年作った真菰のしめかざりです。
 飾り付けの材料など多少変わりますのでご了承ください。
※発送予定は12月中旬になります。発送の際にはご連絡いたします。


★追加その⑦

◎「土鍋焙煎真菰茶を飲んでみてください!コース」(1500円)

収穫した真菰の葉っぱを乾燥させて、土鍋で丁寧に炒ってお茶にしたものを送ります。
まろやかで優しい真菰が身体をすーっと通り過ぎていきます。
真菰茶、パック5個 を、郵便局の【スマートレター】にて送らせていただきますね。

※発送は11月中旬になります。発送の折にはご連絡いたします。
※デトックス効果を更に高めるには、ヤカンや土鍋で20分程煮出すと更に良いそうです。


★追加その⑧

◎土鍋焙煎真菰茶5パック+収穫したマコモダケ3本セット 2500円

収穫した真菰の葉っぱを乾燥させて、土鍋で丁寧に炒ってお茶にします。
まろやかで優しい真菰が身体をすーっと通り過ぎる、優しいお茶です。
【真菰茶パック5個 】と【収穫したマコモダケ3本】をセットでレターパック(赤)で送ります。

※発送は11月中旬になります。発送の折にはご連絡しますね。

 


☆プロジェクト実施スケジュール☆

5月25日  真菰田んぼとして借り入れた土地に水が入ります
5月26日  代掻き作業&真菰苗受け取り(神奈川の真菰&熊本の真菰)
6月1日2日  真菰を植えました。

以降、週に1度、真菰の様子を見て、脇道の草取り、水路含めた整備や周辺美化をして行きます。


秋になったら収穫前に、このクラウドファンディングにご協力いただいた方々と一緒に
真菰とたっぷり戯れる【真菰浴さんぽ
】を開催したいと想います!

※何回か行いたいと思いますが、ご予定の合わない場合はご了承ください。
交通費などは各自実費になりますが、
みんなで楽しく深呼吸して真菰と戯れてお弁当食べてピクニックしましょう!

10月初旬〜11月中旬  収穫予定・リターン開始       
2020年5月苗のリターン発送予定


☆最後に☆

まだまだ真菰は初めての栽培で、恥ずかしながら未知数です。
周りの住民の方々や隣接する農家さんのこともあるので、
今年はまだここへ来ていただく企画をいっぱい立てていくことはできません。
でも、
今回仲間になっていただけた方と収穫前にはイベントを、
そして2020年以降は、一緒にいろんな作業をできるイベントをいっぱい立てていくぞー!
と想っています。ぜひ土に触れて、深呼吸して、美味しいお弁当食べましょう!

そしてやがて
それぞれが繋がりながらそれぞれの場所で真菰を育てていけたら楽しいと想います。

それはとても幸せなことだと、想います。

そしてこの企画は、
【真菰】を気軽に自宅で育てる!または仲間と一緒にどこかで育てる!
がどんどん広がったら、子どもも、大人も、
みんなにとって気持ちいい場所がいっぱい日本に増えて嬉しいなぁってことから始まりました。
そしてリターンの【まこもごぱん】
これも真菰と同じように、【ごぱん】も沢山の人に知ってほしい。
冷凍保存でずっと美味しいままで、蒸したらもちもちなこの【ごぱん】は、
なんなら日本が世界に誇るパンかもしれないってホンキで想っています。

せっかくだから、欲張って、いろんな私の「嬉しい」を詰め込んだのがこのプロジェクトです。
そしてこの企画で仲間がいっぱい増えて、
来年は今年よりもっといっぱい休耕田を真菰田にできたら最高です。
関東の空き地がいっぱい真菰が植わったらどんなに心地よいだろう。
どうぞよろしくお願いします!!!

それから、もし今年の真菰栽培、ウンカ(害虫)被害だったり天候だったりで
ものすごく収穫量が少なかった場合
無農薬真菰農家さんからこちらで購入して、お約束した分を、送らせていただきます。
そして想ったよりすごく収量が多かったら、おまけもさせていただきたいと考えています。
まだ植えてもいない真菰に関してプロジェクトを応援してくださる方々への感謝を込めて。
ここまで読んでいただけることも、本当にありがたいです。

そして、このプロジェクトは来年もやっていくので、
末永く温かい目で見守っていただけたら本当に嬉しいです。

そして、仲間になってください。



※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。
目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください