現在13名の障がいを持った方たちと一緒に仕事をしています。当施設の代表者が障がいに対する理解が少ないため、新しい仕事を請け負いたいと言っても聞く耳を持ってくれません。このまま終わりたくはないので、利用者さんと共に新しい施設を設立することを決めました。是非皆様のお力をお貸ください。

プロジェクト本文

施設の紹介
職員3名、利用者さん13名の障がい者施設です。利用者さんの中には手先が器用でピアスやネックレス、編みぐるみを作っている方もいます。新しい施設が立ち上がった際は、ハーバリウムや、新感覚のたこ焼作りなどを考えています。


このプロジェクトで実現したいこと

今の施設から独立して新たな障がい者施設を立ち上げます。障がいがあるからこのくらいしか出来ないんでしょといった概念を取り除き、これも出来ます、あれも出来ます、私達に任せてくださいを広めていきます。

プロジェクトを立ち上げた背景

今まで出来なかった請け負い仕事や、食品の製造などを取り入れ、事業所自体をスキルアップさせ、利用者さんにお支払いする工賃を最低賃金に近づけたいと思い立ち上げました。

これまでの活動

利用者さんと一緒に商品を考案し出店販売や、委託販売をしてきました。四季にあわせたレクリエーションなども行っています。


資金の使い道・実施スケジュール

資金は施設の運営費に充てます。

・家賃代(10万円)

・新しい施設の壁と床の補修代(60万円)

・作業テーブル×3、椅子×12、パソコン×5(30万円)

実施スケジュールについて

5月に合同会社を設立し、市役所で認可を受けます。認可を受けた後に新しい施設を改装して移ります。

最後に

私達のように色々な面で悩んでいる方がいると思います。今の状況を変えるのは自身の決断力と協力してくれる仲間の存在だと思っています。是非とも皆様のお力を貸してください。よろしくお願い致します。


<All-or-Nothing方式>



このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください