はじめまして。

株式会社コレノの代表を務めます櫻井です。

 北海道で生まれた私は、アウトドア好きな父の影響もあり毎日のように自然の中や公園で遊んで育ちました。高校卒業後一時期カナダで過ごした後、地元北海道の大学へ進学し、卒業後は就職をしました。二社目に勤めた企業で食品部門の営業を担当し、主に国内外のお菓子を中心に食品業界を見てきました。そんな中、自身が菓子製造マシンや原料を提案させていただていた菓子メーカーさん達に「仕事がより行き渡るようにするにはどうしたら良いか」と考え始めたことが株式会社コレノを創業したきっかけでした。創業以来私たちは食品に携わる人々が一人でも笑顔になれる未来を創るべく歩んできました。

 そんな私たちが、これまで培ってきた食品業界でのノウハウを生かし、アメリカで大人気の"グルメコットンキャンディ"を日本で商品化!

これまで味わった事のない、全く新しい「綿あめ」を日本のみなさんにもお届けします。


 『SUGAR&SPUN』の魅力は、綿あめの常識を超える"味"。一度食べていただけたら分かります。とにかく美味しいです。

---素材のこだわり

『SUGAR&SPUN』の美味しさの秘密は厳選した素材にあります。

 オーガニックシュガー、フリーズドライフルーツ、タピオカでんぷんなど天然由来の原料を数多く使用した、甘いだけじゃない上品かつナチュラルなコットンキャンディなのです。これら天然由来の原料が醸し出す優しく口の中に広がる味わいはSUGAR&SPUNの真骨頂です。


---製法のこだわり

『SUGAR&SPUN』のコットンキャンディは様々な原料をミックスさせて一つ一つ人の手で作ります。

 そのため一つとして同じ模様の商品はありません。このクラフトマンシップこそが製法のこだわりであり唯一無二の味を生み出しています。一つまみするたびに微妙に変化する風味をお楽しみください。


---美味しい食べ方

 私達が「タブ」と呼んでいる透明容器の蓋を開けたらそのまま指でつまんで口まで運んでください。コットンが千切れるその瞬間にフレーバーの粒子がさらさらと落ちます。このフレーバーの粒に美味しさがいっぱい詰まっているんです。また後から食べる場合は蓋を閉めて保存も可能です。

※コットンキャンディは非常に湿気に弱いため開封するとすぐに縮んでしまいます。ご開封後はできるだけ早くお召し上がりください。


---試食をしてくれた方の声

友人Tくん「おお〜これか。まじでアメリカから持ってきたのか!(笑) うんまっ。ふわっふわだな。」

友人Aさん「わ〜イチゴショートケーキの味がする!すごい!美味しい…」

取引先Oさん「なんですかこれ(笑) めちゃめちゃ美味いですね。本当に抹茶ラテの味ですね。わたし普段わたあめ食べないんですけどこれは全然いけます。」


---アメリカの友人がきっかけ

『SUGAR&SPUN』の存在を私が知ったのは2016年の冬でした。

 アメリカ人の友人がSNSに投稿した可愛らしい色合いの綿あめを見て「これは何?」と聞いたことが、私と『SUGAR&SPUN』とのご縁の始まりでした。


---オシャレで美味しそうな見たことのない綿あめ

 それから私は『SUGAR&SPUN』のHPやInstagramを通して、素材にこだわったオシャレで美味しそうな綿あめを見て「食べてみたい。日本で展開してほしい。」と考えるようになりました。

---Instagramから渡米

まだ実際に食べたことはなかったものの、私は彼らへのアプローチを実施しました。

   それはシンプルなもので、私のSNSのプロフィールを彼らの関心を引く内容に書き換え、印象に残るような言葉を彼らの記事のコメント欄に残すことでした。

すると程なくして、彼らからダイレクトメッセージが届いたのです。

 「一緒に仕事ができる可能性があるのか知りたいのでもっと君について教えてくれないか。」というような内容でした。私のアピール作戦は成功しました!

 私は直接話をして、互いの理解を深めて一緒に仕事をするかどうか考えたいと思い、彼らと数通メールをした後サンフランシスコ行きのチケットを購入しました。

 彼らと待ち合わせをした場所は、サンフランシスコのTwitter本社の1階にあるカフェバー。ここで彼らと初めて顔合わせをし、互いのビジネスについて深く話をすることになります。

(彼らと待ち合わせした思い出の場所)

---『SUGAR&SPUN』のメンバーと意気投合

年齢も近い彼らと打ち解けるまでそれほど時間は必要ありませんでした。

  なぜ事業を始めたのか、誰がどんな役割でどうやって運営しているのか、品質や製法に関しての考え方など多くの情報を共有するうちに、お互いの情熱や方向性がズレていないことを確認できました。代表のジャスティンも共同創業者のジェイソンもとにかく気さくで、私は彼らのその人柄にも惹かれました。

(櫻井とSUGAR&SPUN代表のジャスティン)

  契約面など細かい詰めはあったものの、私は『SUGAR&SPUN』を日本に持ってくることを決めました。そしてアメリカで初めて食べる『SUGAR&SPUN』のグルメコットンキャンディは想像していたよりもずっとふわふわで味も優しく、日本人の口にも合うと確信しました。

(『SUGAR&SPUN』のみんなと私(中央))

---国内展開の準備

 帰国後、彼らとコンタクトを取りながら契約書や製法、原料の確認などタスクをこなしつつ準備をしていました。

 しかしタイミング良くコレノの既存事業も多忙を極め、気がづくと渡米から1年が過ぎていました。その間も互いに連絡を取りながら少しずつプロジェクトを進め、彼らとのファーストコンタクトから時間は経ってしまいましたが、ようやく製造の目処も経ち、目下商品化に向けて現在、最終段階まできているところです。

 資金にそれほど余裕のある会社ではないことと、いち早く多くの人に『SUGAR&SPUN』の"グルメコットンキャンディ"を体験して頂きたくクラウドファンディングの活用を考えました。

(日本では手に入らなかった『SUGAR&SPUN』)


---『SUGAR &SPUN』ストロベリーショートケーキ

日本最速で「ストロベリーショートケーキ味」をお届けします!

内容量:約18g

---『SUGAR &SPUN』クッキー&クリーム

日本最速で「クッキー&クリーム味」をお届けします!

内容量:約18g

---『SUGAR &SPUN』抹茶ラテ

日本最速で「抹茶ラテ味」をお届けします!

内容量:約16g

---『SUGAR &SPUN』定番フレーバー3色セット

日本最速で「定番フレーバー3色セット」をお届けします!

※パッケージサイズ・デザイン、発売時期等は予告なく変更になる場合があります。

---資金の使い道

みなさんにご支援頂いた資金は、『SUGAR&SPUN』の商品化に必要である以下の費用で充当させて頂きます。

■商品パッケージ費用 約50万円

■原材料の仕入れ費用 約30万円

■製造マシン追加費用 約20万円

---スケジュール

【11月中旬】

製造用マシン購入 / 本格稼働

【10月28日(月)】

クラウドファンディング開始

【11月17日(日)】 

クラウドファンディング終了

【12月中旬頃】

ご支援頂いたみなさまへのリターン

【2020年1月】

商品発売開始

最後までご覧頂き、ありがとうございます!

私たちコレノはこれまで多くの企業様からご依頼を受けて、様々なお菓子を企画・販売してきました。

今回の『SUGAR&SPUN』は、アメリカのメーカーと連携して作る"初めての自社製品"です。まだまだ微力な私たちですが、このコットンキャンディの美味しさには自信を持っています。

ぜひ、一度お試しください。

そして、少しでもご興味を持って頂けたら、ご支援よろしくお願いします!

『SUGAR&SPUN』米国メーカーサイト:https://www.sugarandspun.com/


※本文内で使用しているイメージは、全てアメリカで発売されている商品です。パッケージサイズ・デザインなどは日本発売の際に変更になる場合がございます。あらかじめ、ご了承お願いします。


<本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。>

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください