近年、起業家による活発な動きが、マスメディアにも色々と取り上げられている一方で、地域において対処すべき色々な社会的な課題が積み重なっている。そのような社会課題に対して、起業家が、ビジネスで物事を考え、出来るだけ公金を使わずに、社会問題の解決を図る。そのような活動に是非ご支援いただきたい。

プロジェクト本文




< はじめに・ご挨拶 >


「未来をつくる21世紀の会」は、社会課題の解決に向けて、

出来るだけ公金を使わずに、ビジネスで社会問題を解決す

るため日々、活動しています。


現在、心の温かい支援者の方々から、当会の事務所費や、運営費

などをご支援いただいていますが、社会問題の解決のための起業

に向けて、皆様からの更なる温かいご支援をいただきたいです。



< プロジェクトをやろうと思った理由 >


当会「未来をつくる21世紀の会」の代表 兼 プリンシパルが、

起業家として、色々なビジネス案件を考え始めたのが、

ヨーロッパ各国を色々と視察している時で、例えば、

ドイツ、ベルギー、オランダなどを視察し、色々な刺激

を受けた。


日本に帰国後も、今度は、フランスに造詣の深い大学教授

とともに再度フランスに飛び立ち、首都パリ周辺にて活動

する傍らで、ソーシャル・ビジネスの研究にも励んだ。


日本に帰国した後には、国際協力関係の有識者が集まる

学術学会での活動を行うとともに、タイ王国の全土を視

察するとともに、マレー半島一周や、ベトナム南北横断

などを行い国際的なビジネス案件を考える日々が続いた。



< 社会問題をビジネスで解決すると言っても下記の
  ように様々な活動領域がある >


有名なビジネス書によると「不満」、「不安」、「心配事」など

があるところに「ビジネスの潜在需要がある」と記されている。

つまり「社会問題があるところに、ビジネスの潜在需要がある」

ということではないだろうか。


(経済部門の活動として) 下記1から3は、経済部門の活動

             として大変重要な領域である。


  1、経済活動の活性化を図る活動

  2、職業能力の開発又は雇用機会の拡充を支援する活動

  3、消費者の保護を図る活動



(街づくり部門の活動として) 下記1から4は、街づくり

               部門の活動として大変重要

               な領域である。


   1、まちづくりの推進を図る活動

  2、観光の振興を図る活動

  3、農山漁村又は中山間地域の振興を図る活動

  4、学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動

  5、環境の保全を図る活動



< これまでの活動 >


当会の代表 兼 プリンシパル としては、上記のような様々な

諸問題に対処するために、京都大学、一橋大学、東京大学

中央大学、東京工業大学、東京理科大学などでの対話や、

国際協力の専門家との打ち合わせをしたり、そして社会課題

が山積する国内外の現場に赴き、更なる起業に向けて日々、

活動を続けている、そこで、このたび、その活動資金や研究

活動費のご支援をいただければと思い、こちらのキャンプ

ファイヤーにて、クラウドファンディングさせてもらっています。


例えば、これまでの活動経緯としてアジアの途上国を訪れた時の

ことを説明しますと、例えば、下記の写真は、途上国のインター

ネットカフェの様子で、現地の情報通信の現場を下記のように

視察してきました。


下記の写真は、アジアの貧困地域の現場を視察しに行った時の

様子で、現地住民の生活環境を知るためエスノグラフィー調査

をしてきました。



上記の写真を見てもわかるように、道路が舗装されていなく、

雨が降ると道路が上手く機能しない日々が続くときもあります。


上記のように、「未来をつくる21世紀の会」は、現場を見るため

アジアの貧困国にも足を運び、現地調査をしてきました。



現在、心の温かい支援者の方々から、当会に対して運営費や活動費

などをご支援いただいていますが、更なる起業に向けて皆様からの

温かいご支援をいただきたいです。



< 資金の使い道 >


このたび、キャンプファイヤーのクラウド

ファンディングによって、支援者の皆様か

ら集めた資金は、上記の「経済部門」、

「街づくり部門」それぞれの活動領域の

ビジネス案件・起業の方法に沿って使われる。


社会問題の解決のための起業に向けての

取材活動および運営費用などに使われる。

具体的には、コンサルタントや、商業銀行

のアドバイザーなどへの取材活動や、有識

者や実務家が集結するビジネス講座へ参加や、

東京・渋谷にある国連大学主催の国際フォーラム

への参加などにおいて活用される。


当会「未来をつくる21世紀の会」の運営費として

15万円、そして、取材・研究活動費として15万円、


  

< リターンについて >

リターン・御礼として、通常ですと、有料の

当会「未来をつくる21世紀の会」による「オリ

ジナル・メルマガ」を、特典として、1回だけ

メールにて提供・送信します。



< リターンとしてのメルマガの内容について >


ご支援者の皆様に、メールにて提供されるメルマガの内容に

ついては以下のような内容が見込まれる。


 < 低所得層を含めた法的支援サービスの充実に向けて >

   ( 法支援サービスへのアクセスビリティの問題 )

 裁判沙汰になると色々と諸費用がかかる今日だが、そこで

 次のようなサービスを活用されてみてはどうか。それは

 大手クレジットカード会社が「弁護士費用を賄う保険」

 を提供し始めたところにある。新聞によると、その大手

 カード会社は、カード会員向けに、被害者として弁護士

 に相談や委任する場合の費用を賄う保険の提供を始める。

 保険会社と連携し、保険料は月額330円という安さだ。

  上記のように大手カード会社の「弁護士費用を賄う保険」

 サービスを少額で活用することで、低所得層への法的支援

 サービスの充実を図り、社会生活上の諸問題の解決を早期

 に達成することによって、少しでも貧困の削減につながれ

 ば良いのではないか。


ーーー などなど、リターン・御礼としてのメルマガには 

    内容豊富に、メールにて提供される。



< 実施スケジュール >

2019年5月にクラウドファンディングを始める。

2019年8月に、ご支援者の方々にメールにてリターンを提供する。

2019年11月頃に、インターネットなども活用した研究発表を行う。



< 最後に >

当会「未来をつくる21世紀の会」として、これまで、準備作業部会

において、様々な研究活動をしてきた。現在、心の温かい支援者の

方々から、当会に対して運営費や活動費などをご支援いただいてい

ますが、更なる起業に向けて皆様からの温かいご支援をいただきた

いです。



「本プロジェクトはAll-in方式で実施します」。

目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。



このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください