グループ展として進めてきたNY展示会ですが、チャレンジするメンバーに出会えず一度は諦めました。ですが’今諦めては将来必ず後悔する!’と思い、個展としてチャレンジすることに決めました。費用を分割する予定でしたが出来なくなってしまったため、資金が足りません。応援よろしくお願いいたします。

プロジェクト本文

~ はじめに・ご挨拶 ~

ページをご覧いただきありがとうございます。

ストリングアーティストとして活動をしております、KU-miko Artの美崎 久美子です(美崎久美子 OFFICIAL WEBSITE)

私は現在、兵庫県でストリングアートや糸かけ曼荼羅の制作・ワークショップを精力的に行っています。

 ストリングアートとは、板に釘を打って、その釘に糸をかけていくアートです。

伝統的な工芸でもなく、アートとして表現の仕方も様々で、確立されたものではありません。
そのため使う糸の色や素材、釘の打ち方次第で自由で自分らしい表現が出来ます。

 私がストリングアートと初めて出会ったのは、糸かけ曼荼羅でした。
糸かけ曼荼羅とは、数の法則のもと糸を掛けていくシンプルなアートです。
曼荼羅は、仏教の世界観を表現した絵画ですが、糸かけ曼荼羅は仏教とは関係なく、色鮮やかな曼荼羅アートです。

 アートの世界では、円・渦・方形などの複数のシンボルを一定の秩序で組み合わせ、豊かな色彩とともに表現されたものを曼荼羅と呼んでいます。

糸かけ曼荼羅には、作成する方にしかわからない、心地よいリズム感があり、深いリラクゼーションに導かれ鮮やかな色彩に癒されます。

 糸かけ曼荼羅から始まり、その枠にとらわれないイメージを表現するストリングアート。
私にとって表現とは、自分自身を見つめ直し、何かにとらわれることない世界観を更新する仕事だと思っています。

 心の奥深くに届く作品を、制作して行きたいと思っています。

~ このプロジェクトで実現したいこと ~

  1年ほど前からNYのギャラリーでの展示会のお話をいただき、グループ展開催に向けて進めてきました。
しかしチャレンジするメンバーに出会えず、一度は諦めかけたのですが、‘NYというと、ファッション・芸術・経済の発信地であり、夢や刺激を求めて世界中から人々が集まって来る場所、今諦めては将来必ず後悔する!’と思い、個展としてチャレンジすることに決めました。

 NYで個展をするなんて、恐れ多いというか正直に言うと恐いです。
ですがチャレンジする恐さより後悔することの方がもっと恐いと思いました。
そう思ったことでチャレンジすると決心し、決めたことでアートの世界で生計を立てていこうという覚悟が生まれました。

 NY個展は、その決意表明でもあります。
 そしてチャレンジすることによって、新たなイメージを作品として生み出す原動力になると思うと、ワクワクしてなりません。

グループ展として3人以上で会場費などを分割する予定でしたが、それが出来なくなってしまったため資金が足りません。

NY展示会開催をするのに、皆様のご支援が大きな力になります。
どうぞ応援よろしくお願いいたします。


~ これまでの活動 ~

 ・明石高校美術科卒業。

 ・大阪芸術大学芸術学部工芸学科卒業。

 ・大月真珠営業部デザイン室3年勤務。

 ・兵庫県小野市在住。


 *2014.第17回エイズチャリティー美術展(国立新美術館)新人賞受賞『想い』

 *2016.第19回エイズチャリティー美術展(国立新美術館)エイズ予防財団賞受賞『Rise~上昇~』

 *2016.カフェ&ギャラリー ココカラ∞ 個展 『 イメージの世界 』

 *2018.Artist Gallery FLORE 個展 『 イ ト カ ケ 』

 ・2018.NGL Gallery 企画展 『 KU-miko Art / イトカケ 』

 ・2019.Artist Gallery FLORE企画展『 睦月展~うつくしい和 』



~ 資金の使い道 ~ 

集まった資金は以下の費用に使用させて頂きます。

・個展スペースレンタル費

・作品制作材料費

・作品運送費

・展示会準備費

・通訳/スタッフ人件費

・渡航費

・リターン制作費&送料

物価の高いNYでも、展示会開催期間は一年で一番高くなる時期になりますので、どうぞご支援よろしくお願い致します。

~ リターンについて ~

アーティストとして、応援してくださったことに感謝の気持ちを一番お伝えできるのは、作品でお返しすることだと思います。
過去の鉛筆画とストリングアート作品と、リターン品として制作する作品とをご用意していますので、ご支援よろしくお願いいたします。


全てのリターン品に、感謝の気持ちを込めたお礼と展示会開催のご報告のお手紙を、サンクスカードとして添えさせていただきます。


~ 実施スケジュール ~

 ・6月 3日 プロジェクトスタート

 ・7月 27日 支援募集終了

 ・9月 26日~10月1日 個展開催

 ・11~12月 リターン発送

 《 日時と場所 》

 ・2019年9月26日(木)~10月1日(火)までの6日間

 ・NY日本クラブギャラリー予定(https://www.nipponclub.org/?lang=ja)

  The Nippon Gallery at the Nippon Club
  145 West 57th Street, New York, NY 10019 (7th Floor)


~ 最後に ~

  ストリングアートを通して、日本の彩、日本人ならではの繊細な手仕事を、今までとはまた違った形で海外の方に知っていただけることに繋がると、海外での活動を意識し始めてから思うようになりました。
日本の色、日本人特有の職人気質な物作りを伝えることを意識して制作した作品に、NYの人達がどのような反応をされるのか感じてみたいです。

ストリングアートは、日本の伝統的な芸術ではないので、今までとは違った形で日本の良さを伝えることができるのではないかという期待もしています。

NY個展がゴールではなく、今後の制作へのエネルギーとなり新たな作品を生み出し、今後の活動の場を広げていく刺激になればと思っています。

自分らしさで世界で勝負したいと、制作に臨んでいます。

私の「想い」を実現させるためには、みなさまのご支援が大きな力になります。
重ねてのお願いになりますが、7月27日まで、みなさまの応援ご支援をお願いいたします。

 ここまでお読み頂きありがとうございました。
NY展示会を実現するために、ぜひ皆様のお力添えをお願い申し上げます。

  KU-miko Art   美崎 久美子


~ 募集方式について ~
  本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください