子どもたちの病気は突然です。お仕事中に保育園や幼稚園から電話が・・・「今日は帰れない、休めない」というママさんに代わって、私たちがお迎えに行き保育します!

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

はじめまして、児童緊急送迎・病児対応型一時預かり施設「ウェルランドさくら」の代表、花岡 誠と申します。

私自身も7歳の娘(中程度の知的障害)、5歳の息子の父親です。娘が保育園に通っていた時は頻繁に熱を出し、保育園からのお迎えコールは多い時には月に5、6回でした。その都度、妻が仕事を早退して迎えに行っていたのですが、いくら子育てに理解のある職場でも、再三の早退には限度があり妻は何度も何度も転職しました。そのうちに妻は心を病んでしまい、私は会社勤めを辞め自営業に変えました。名古屋市が主導している病児保育施設は事前予約制で、利用時には医師の診察が必要なため、お母さんは仕事を早退して子どもを病院に連れていくことになり、緊急時には対応できていません。このことが働くお母さんにとって大きな問題になっています。自分の体験と働くお母さん達の現状を踏まえ、状況を打破するために「ウェルランドさくら」を立ち上げました。









https://well-land.co.jp/

Facebook

https://www.facebook.com/bigmakebig


このプロジェクトで実現したいこと

昨年の11月に「ウェルランドさくら」を開設し、たくさんの子どもたちを送迎し保育してきました。ただ、施設を維持するためにはどうしても料金が高くなってしまいます。

「利用しやすい料金で、必要とする人に必要なサービスを必要な時に!」

これを実現するためには、低価格の月額会員制で一定数の会員様を集める必要があります。

施設を開設して6ヵ月が経過し、たくさんのお母さん方からのご意見を頂き、もっと利用しやすい施設にするために料金設定を変更します。


現在の料金表

新料金及びオプションの詳細

入会金 2000円

月額会費 1500円

毎回4時間までは無料

4時間以降の1時間あたりの料金 800円

通院、自宅などへの送迎オプション 1000円

昼食オプション 500円(持込の場合は無料)

おやつ、ミルク、お着替え貸出しは無料


現在の会員様の利用料金も上記の料金に変更するため、一時的に売上が減少します。会員数が目標に達するまでの運転資金の確保と、会員募集を目的として本プロジェクトを企画しました。





現在のサービス提供エリア
名古屋市西区、中村区、中区、北区、東区、港区、千種区、中川区、瑞穂区、北名古屋市、あま市の一部、岩倉市の一部、清須市に一部、春日井市の一部など

サービス提供範囲は、名古屋市西区押切から半径10㎞以内のエリアとなっています。

ご不明な点はお問い合わせください。

【お問い合わせフォーム】

https://well-land.co.jp/inquiry/


お母さん以外にも頼りにされる「ウェルランド」

「ウェルランド」が提供するサービスはお母さん達以外にも保育園、お母さん方の職場、小児科クリニックにも頼りにされています。保育園は子供達が病気になった場合、お母さんがお迎えに来るまでは保育士を一人その子供に配置するため、元気な子供達を保育するスタッフが手薄になってしまいます。職場の場合は急な早退、欠勤によるマンパワー不足の防止。小児科クリニックの場合は、症状がひどくなる前に早期受診できることや新患の確保にも繋がります。


お母さん達が自分の希望する仕事ができるようにしたい!

待機児童問題はクローズアップされており、少しずつではありますが問題は解消されています。ただ、保育園に子供を預けることができたからといって、すべて解決というわけではありません。子供達の発熱や体調不良は突然です。このことがお母さん達が働く際の仕事選びにも影響します。仕事で高いスキルを持ったお母さんが、本来は社員として管理職につけるレベルだとしても、欠勤や早退ができないと思い、本来希望する職種以外でアルバイトとして働いている事例も多々存在します。ある調査では仕事を早退したり、休んだりすることがキャリアの阻害になると考えているお母さんは71.8%もいるという結果が出ています。

子育てと仕事の両立、言葉では簡単に言えますが、実際にはお母さんに掛かる負担は想像以上。せめて仕事だけでも希望する職種で働けるように手助けしたい!お母さん達の不安やストレスを解消したい!そういう思いで「ウェルランドさくら」を運営しています。


プロジェクトをやろうと思った理由

開設から半年が経過し会員様も増えましたが、事業の特性上、常に保育士を一定数配置する必要があり、そのために料金が高くなってしまいます。具体的に申しますと、施設利用料金がお母さん達の時給より高くなるため、家計の負担が増えてしまいます。お母さん達の時給より安い料金を実現し、仕事を早退、欠勤するよりも「ウェルランドさくら」をご利用の方がお得になる料金体系にするためには、より多くの会員様を集めなければなりません。



これまでの活動

名古屋市内にある保育園、幼稚園にご挨拶に回り、私たち「ウェルランドさくら」をご案内しました。また、小児科の先生に園医になっていただき、より安心してご利用いただける環境を整えました。

「ウェルランドさくら」の事業は子育て世代にとって重要な役割を持つため、県議会議員や市議会議員の方々が視察に来るなど行政からも関心を持たれています。

地域のママサークルや子育て支援団体と連携を取ることで会員数は増えていますが、日々の活動の中で、利用したくても料金の問題で利用できないお母さん方が多いことが分かりました。

「困っているお母さん達を助けたい!」この経営理念を実行していくためには、先に述べた料金で運営していく必要があります。

【隔離ルーム1】
【隔離ルーム2】

資金の使い道

現在の会員様の利用料金も今回のプロジェクトで提案しているものに変更するため、一時的に売上が減少します。

会員数目標達成までの期間5ヵ月で不足する人件費として手数料+税を差し引いた、300万円を使わせていただきます。


リターンについて
※入会をご希望の方は「現在のサービス提供エリア」をご確認ください。

 エリアについてのご不明な点は https://well-land.co.jp/inquiry/ からお問合せください。

※A~Dタイプのご支援は譲渡可能です。有効期限は2年です。

Aタイプ 3000円: 1000円の料金チケット4枚(4000円分)※例・入会金2000円、1ヶ月分の月額会費1500円、昼食オプション500円が無料 or  スタッフからのお礼のメール

Bタイプ 5000円: 1000円の料金チケット8枚(8000円分) or  スタッフからのお礼の直筆お手紙

Cタイプ 8000円: 1000円分の料金チケットが15枚(15000円分)  or  スタッフからのお礼の直筆お手紙とご利用者様からのお礼のお手紙

Dタイプ 10000円: 1000円の料金チケット20枚(20000円分)  or  代表の花岡とスタッフからの直筆お礼のお手紙。お名前をご支援者様一覧に記載し、施設内に掲示します。

Eタイプ 50000円: お名前や御社名をプレート(3㎝×15㎝)に印刷し、施設内に掲示させていただきます。「※ご支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。」

Fタイプ 100000円: お名前や御社名をプレート(6㎝×30㎝)に印刷し、施設内に掲示させていただきます。「※ご支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。」


実施スケジュール

令和元年5月 新プラン(プロジェクト記載のプランです)開始

会員数目標達成のためのマーケティング計画実行

・マスコミ(テレビ、新聞、ラジオ)へのアプローチ

・各保育園、幼稚園、小学校へのチラシ再配布

・ママサークルイベント出展、子育て支援団体との連携強化

・地元議員への視察希望送付

・SNS(Facebook、Twitter、Instagram)を使った告知

・対象地域へのポスティング

令和元年9月 会員数目標達成


最後に

子育て中の女性の社会復帰には様々な問題が付きまといます。中には未就学の子どもがいる母親の雇用を見送る企業もあります。子育てと仕事の両立には私たちのような企業がもっと増える必要があり、その先駆けとして私たちは活動し、サービス内容、料金、各マニュアルを更新し進化させています。女性に偏りがちな子育ての負担を軽くし、労働力不足や少子化問題の解決にも繋がる活動を今後も続け行きます。なにぶん個人で立ち上げた会社ですので資金に限界があり、この度のプロジェクトにて皆様に頼るしかありません。

皆様のご支援、何卒宜しくお願い致します。


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 活動報告

    本日もご利用者様がいらっしゃいます

    2019/06/24 10:08

    本日は6歳の男の子をお預かりです。マイコプラズマに感染で、お熱と咳のため保育園をお休み(´;ω;`)感染症のため隔離ルームで保育です。元気で食欲もありますので、ご持参のおやつを食べています。長引きそうな予感ですが、早く治って保育園に行けるといいね(*^-^*)

  • 活動報告

    本日は3名のお子さまをお預かりです

    2019/06/19 12:26

    本日は3名のお子さまをお預かりしています。写真は隔離ルームでお休みの男の子(*^-^*)お熱は下がっていますが、のどが腫れており隔離が必要なため部屋を分けています。先程、テレビ局のカメラと記者さんと一緒に小児科を受診してきました。先生も快くインタビューを了承してくださいました。働くお母さん達に...

  • 活動報告

    8日連続ご利用のお子さまがいます

    2019/06/18 10:32

    本日もご利用のお子さまがいます。連続で8日間のご利用ですが、アデノウィルスに感染して熱が上がったり下がったりの繰り返し・・・。この子のご利用で感じたことは、お母さんて本当に大変だ!ということ。お子さんのことが心配で堪らないのに仕事を休めない。もし預け先がなかったら8日も仕事を休むことになります...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください