ブラジルでは野球用具はほとんど売っていません(サッカー人気なので)それでも、野球をやりたい子どもたちはたくさんいるんです!1人でも多くの子どもたちを、笑顔にできるように現地まで道具を届けてきます。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

ブラジルの野球少年、少女たちに、3年前から野球用具の寄付活動をしている福田雄基です。この活動を行おうと思ったキッカケは2016年ブラジルに足を運んだことからでした。

ファベーラと呼ばれる貧困街に住む子どもたちは、裸足で歩き、物を売ってその日をやり過ごし、毎日生きるのに必死です。日本では当たり前のように靴を履き、ボールがあり、公園でスポーツをする子ども達はたくさんいますが、世界を生で見ると、それは「当たり前」ではないという現実に胸が痛みます。

ブラジルはサッカーで有名な国ですが、野球をやりたい子達もたくさんいます。しかし、ブラジルにはグローブやボールなどは売ってなく、少しでも何か力になれないかと思い、知り合いの野球関係者に声をかけて、野球用具を集め、その半年後(2017年3月)にブラジルに再び出発しました。

その後も、年に最低でも1回はブラジルの子どもたちに道具の寄付活動を続けていて、今回またブラジルに足を運ぶことを決心しました。

このプロジェクトで実現したいこと

これがブラジルの子どもたちが使っているグローブとボールです。日本では捨てている方が多いかと思います。

3年前から、野球用具をたくさんプレゼントしていますが、まだまだ道具を必要としている子どもたちがいっぱいいます。

※今までに道具をプレゼントした子どもたちの笑顔をみてください↓↓

初めてグローブを触る子どもたちもいて、すごく喜んでくれました。


なぜ、もう1度ブラジルに行こうとするのか!?

1番最初に現地に行った際(2017年3月)は、持っていける荷物に限りがありました。

より多くの子どもたちに、野球用具を渡したいと思い、2回目以降の活動は、日本に来たブラジルの野球チームに対して、道具をプレゼントし、現地に持って帰ってもらっていたのですが、

もう1度、現地まで足を運びたいと思った理由が以下にあります。


それは・・・

子どもたちが、約束を守ってくれた。


去年、グアララペス(ブラジル)の子どもたちに道具の寄付をしました。
そのときの約束は
https://www.youtube.com/watch?v=EBOlcyCzQpo&feature=youtu.be
(以下、省略)

「この野球用具をブラジルに持って帰ったら、野球をやりたくても道具がなくてできないお友達を誘って、一緒に野球をやってください」

『一緒に野球をやる「お友達」を増やしてください』


その結果!!


子どもたちの「声掛け」で、野球をやりたい子達が本当に増えました!!


みんな、毎日楽しく野球をやっています。

「練習がない日でも、友達誘って近くの公園でキャッチボールをする」
と、現地のコーチから連絡が入っています。

それは、グローブとボールがあるからです!!

そんな子どもたちに、また直接プレゼントしてあげたい!!


これまでの歩み・軌跡

第1回:2017年3月
[サンパウロ:ヤクルト球場にてブラジル野球連盟にグローブとボールの寄付]


[リオデジャネイロ:ファベーラの学校にてシューズとTシャツの寄付]


[リオデジャネイロ:柔道場にてTシャツの寄付]


[現地の新聞にも掲載されました!!]


第2回:2017年7月

[日本:少年軟式野球世界大会にてボール1700個の寄付]


第3回:2018年7月

[日本:少年軟式野球世界大会にてボールとグローブの寄付]


[日本:日本に来たグアララペスの子たちを、東京ドームに連れて行ってあげました!!]


[日本:グアララペスの子達に野球用具の寄付]


資金の使い道・実施スケジュール

2019年9月上旬(9/5〜10を検討)

①往復交通費・・・・20万円
②ホテル・・・・・・3万円(ニッケイパレスホテルを3泊検討)
③飲食代・・・・・・2万円
④電車・移動費・・・2万円(バスやタクシーを検討)
⑤WiFiレンタル・・・1万円(レンタル約1週間)
⑥その他雑費・・・・2万円(洗濯などの生活雑費)


リターンのご紹介

①3000円・・・・お礼の手紙と現地での活動報告
②5000円・・・・①+子どもたちからのメッセージ写真
③10000円・・・・②+ブラジルのコーヒーやTシャツ等
④50000円・・・・③+[筋トレサポート(1ヶ月コース)]
         ※ダイエットや肉体改造のご相談にのります!!
⑤100000円・・・・③+[福田全力サポート(3ヶ月コース)]
         ※3ヶ月間、目標に向けて肉体改造のサポートを全力でさせていただきます!!


最後に

野球がしたくても道具がないだけで、できない子どもたちを少しでも「笑顔」にしたいです!

日本で捨ててしまうようなグローブでも、現地の子どもたちからすれば、『宝物』です。
必要としている子どもたちが、日本の地球の裏側にたくさんいるので、1人でも多くの子どもたちの「笑顔」を、みなさんに届けられるように頑張りますので

ご支援よろしくお願いします!!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください