お米とお酒を愛するあまり、自分で育てたお米から日本酒をつくりました。【フリー農家フリー蔵人】後藤ようこが挑戦する「ようこの酒」プロジェクトです。

プロジェクト本文

◆目次

・自己紹介
・はじめに
・~お米に興味をもったきっかけ~
・~なぜ「お酒」だったのか~
・一年の流れ
・「ようこの酒」紹介
・おすすめの飲み方&おつまみ
・費用について
・最後に

◆はじめまして!

みなさん、こんにちは!
ご覧いただきありがとうございます。


奈良の後藤ようこと申します。
「日本のお米を未来につなぐ!」想いのもと、米活動をしています。

そんなわたしのオリジナル日本酒「ようこの酒」がついに完成しました!

農家の娘でも酒蔵の娘でもない【ただの米好き&酒好き】なだけであるわたしの挑戦を、応援していただけたらうれしいです!よろしくお願いします!


◆はじめに~米の現状~

突然ですが質問です!

[昨日、なにを食べましたか?]

・・・「朝はパン、昼に麺、そして夜にようやくお米を食べたなぁ。」

このような食生活を送っている方も多いのではないでしょうか。

お米を食べないことが悪いというわけではありませんし、日本人がお米を嫌いになったわけでもありません。

食の選択肢が増えた結果、米が選ばれなくなっているという現状です。

日本人のお米離れは年々すすんでおり、米の消費量はわずか50年で約120kgから55kgと半減


では今から50年後はどうなっているのでしょう。
お米は日本に残っているのでしょうか

わたしは「米を守り未来へつなげたい」と思い、お米の活動を続けています。


◆~お米に興味をもったきっかけ~

元々わたしは食が細く、とくに苦手な白米をさけて生活するような子供でした。
しかし小4のとき、お米の大事件が起こります。

【93年の米騒動】
この年、長雨により米が凶作。

米が輸入されため、タイ米を食べた記憶がある方もいらっしゃるでしょう。
この事態に、わたしは衝撃を受けました。

未来永劫、続くことが当たり前だと思っていた「日本の米」。
それが突然こんな風に、日本から消えてしまうことがあるのか!と。

またなにかの事情で、お米がなくなってしまうかもしれない。
そもそも需要は減っているのだから、いずれゼロになってもおかしくない。

そんな危機感を持ちました。
それまではお米が苦手だったのですが「そんなこといってる場合じゃない!!」と反省。

そして
「お米は、わたしたち若い世代が<未来へつなぐ努力>をしていかなければならない」
と感じ、将来
「お米を盛り上げることをしよう!」
と思ったのでした。

(父と小4のわたし)

◆~なぜ「お酒」だったのか~

大人になったわたしは、さっそく田んぼを開始。

「どうやったらお米に興味をもってもらえるのか」と模索していたときにご縁があり、京都の酒蔵で修行することになりました。

その体験で一番肌に感じたことは「日本酒の価値が低く見られている」ということ。

【酒づくり】は長年の技術がつまった手仕事であり、繊細かつ体力もいる大変な作業です。

それにも関わらず出来あがった日本酒の価格や地位に、その価値が反映されていないと感じました。

また、米と同様に日本酒の需要も右肩さがり。

ちまたでは、
「日本酒のおいしさがよくわからない。」
「洋食とは合わないんだよね?」
「玄人向けのアルコール」
という声・・・

そこで一念発起!


「よし!初めての人でも楽しめる、フルーティな日本酒をつくろう!」

「米づくりを通して、たくさんの人に米や日本酒の価値を実感してほしい!」

という思いがわきあがりました。

お米づくり8年目、お酒づくり3年目。
2018年春、すべての行程に自身が関わる「ようこの酒」プロジェクトを始動させたのです。


◆一年をかけた「ようこの酒」プロジェクト

【お米~お酒づくりの流れ】
2018年4月 奈良県天理市の農家さんとモミから育苗。
日本酒が苦手な方にも関わってもらうため、食べてもおいしい「コシヒカリ」を選定。

5月 田植えは、空自幹部候補生たちと一反分を手植え。

9月 稲刈りは知人が集まってくれました。無農薬でしたがしっかりと生育し、一安心。

10月 お酒の内容をきめるきき酒イベントを、シャンプーハットてつじさんを招いておこないました。

2019年1月末から酒蔵入り。

そして3月、1ヶ月半かけてついに【ようこの酒】(限定500本)が完成いたしました!

5月に開いた「ようこの酒バー」は大好評。たくさんの方にご来店いただきました!


※お米づくり~お酒づくりの詳細はこちら→  http://gotoyoko.com/nihonshu/yokonosake/


◆限定生産【ようこの酒】のご紹介


●タイプ: 純米吟醸酒
 はじめての方も飲みやすいよう、香り華やかでフルーティーなお酒に仕上がりました。
 日本酒好きな方にも楽しんでいただける、ダブル酵母で深みをプラス。
 和食はもちろんのこと、フレンチやイタリアンにも合わせやすいですよ。

●製法: 無濾過生原酒 と 無濾過原酒(火入れ)の二種類をご用意
 ※二本セットをお求めになると、香味の違いをお楽しみいただけるのでおススメ!

 ▼<無濾過生原酒>
 製法・・・火入れやろ過、加水せずに、生のまま瓶詰したお酒です。
 香味・・・広がる華やかな香りと、フレッシュ感をお楽しみください。
 ※初心者の方はこちらがおすすめ♪

 ▼<無濾過原酒>(一回火入れ)
 製法・・・滅菌のために65℃まで加熱したあと瓶詰。冷暗所で保管可能。
 香味・・・切れのある後味、お肉料理や味の濃いお良にも合わせやすいです。

●使用酵母: 1801酵母&ワイン酵母・・・珍しいダブル酵母
 <1801酵母>・・・大吟醸酒によく使われる、香りの豊かさが特徴の酵母
 <ワイン酵母>・・・ワインをつくる際に使われる、多彩な酸味と甘味が特徴の酵母

●使用米: コシヒカリ(奈良県天理市産・無農薬)

●精米歩合: 55%

●日本酒度: -4度

●アルコール度数: 15.8%

・酒造元 与謝娘酒造 京都府与謝郡与謝野町与謝2-2
・販売元 西原酒店 http://yosamusume.shop-pro.jp/


◆【おすすめの飲み方&おつまみ】

「ようこの酒」の楽しみ方をご紹介♪

●<無濾過生原酒>豆腐や白身魚のお刺身、イタリアンやフレンチにもおすすめ!

==組み合わせ例==
 ・ワイングラス×酒粕クリームチーズ(香りの広がりを楽しんで。リターンでレシピあり)
 ・おちょこ×塩辛(甘いお酒×しょっぱいおつまみの組み合わせは、永遠に飲める・・・)
 ・ライム果汁+炭酸×パスタ(果汁を少量加えると、どんな洋食にでも合うカクテルになる!)

きき酒師シャンプーハットてつじさんおすすめ→「スパイシー系と相性◎。カレーやウナギ(山椒)、桜餅なんかがGOOD!」

●<無濾過原酒>お肉や味の濃いものにおすすめ!

==組み合わせ例==
 ・炭酸わり×オイルサーディンのポテトサラダ(リターンで酒粕入りレシピあり)
 ・レモン果汁+炭酸×焼肉(お肉料理全般にあいます!)
 ・常温~ぬる燗×ほっけ焼き(燗を楽しめるのはこちらのタイプ)

(まぐろは、火入れタイプがおすすめ!)


◆費用について

個人でモミから育てたお米でつくったお酒は、多くの費用がかかりました。

ご支援いただいた活動資金は、
・製造費(容器、ラベルなど)
・梱包資材、配送料
・農家さんへの費用(地代・籾代・作業費など)
・修行での宿泊費、交通費
・イベント実施費
・今後の活動費
などにあてさせていただきます。


◆最後までお読みいただき、まことにありがとうございます。

このプロジェクトでみなさんからご支援いただき、お返しするのは「日本酒」や「お米」です。

しかし、実際にご支援いただく先は『お米の未来』です。

「米の未来を自分が背負って立つ!」という熱い想いで、このクラファンを立ち上げました。

しかし、想いは強いものの恥ずかしながら、3年前に起業した会社の赤字は280万で倒産の危機。

自分は典型的な「稼げない起業家」であるという自覚があります。

人のお仕事や田んぼをボランティアで手伝っているので、マネタイズは本当に不得意です。

今後も米活動をより多くの方とおこない、ビジネスを続けていきたい!

目標は、米の新商品を開発すること。

僭越ながら、そんな自分を応援してくださる方に向けたスポンサー権もつくりました。

「日本の米を未来につなぐ」挑戦を応援していただけたらうれしいです。

どうぞよろしくお願いいたします!

(農家の小西さんと)

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください