高校3年女子です。 今年の夏休みに、フィジーへ2週間ボランティア留学したいと考えています。 しかし、父が病気のため、お金が無く、このままでは行けそうにありません。 私に力を貸してください! 帰国後は孤児達に繋がりを持たせる活動をしたいです。 留学費のご支援、よろしくお願いします。

プロジェクト本文



はじめまして!

私は、福島県に住む、高校3年生の後藤理梨佳(ごとうりりか)です。

今回、どうしてもフィジーへのボランティア留学費を援助していただきたく、クラウドファンディングに挑戦してみることにしました。

留学に加え、帰国後も活動に繋げていきたいと思っておりますので、ご支援の程、よろしくお願い致します!


〜フィジーのボランティア留学って?〜

まず、私が行きたいと思っている留学について説明させていただきます。

この留学は、South Pacific Free Bird』という、フィジーで英語留学を提供している会社が行っているものです。中でも私が参加したいものは、普通の語学留学に加え、現地でボランティアもできるコースです。

ボランティアの主な内容は、孤児院の子どもたちと触れ合ったり、、留学卒業生の着ていた洋服を集めて子供達に寄付したり、日本文化の浸透と交流を目的にした折り紙教室を運営したり、老人ホームの方々との交流をしたり、現地の人と共に街のゴミ拾いなどを行ったりするそうです。

【会社概要→https://www.southpacificfreebird.co.jp/company/


〜ボランティア留学の理由〜

このように、とても魅力的なこの留学ですが、なぜ私がフィジーへボランティア留学をしたいと思ったのか、具体的にお話させていただきます。

わたしの将来の夢は、社会科教師です。詳しくは、教科書だけに頼らず、自分が実際に現地へ行き、世界の様々な経験で得た知識を交えた、リアリティのある授業のできる教育者になりたいと思っています。

そのため、高校生である現在は、たくさんの経験と、幅広い視野を持つために、いろいろな活動に参加してきました。

そして今回も、この留学を通して、発展途上国の実態を肌で感じながら学ぶと共に、現地でのボランティアで、さらに多くの価値観を身に付けたいです。

現地へ実際に行くことで、発展途上国への見方や、諸外国のニュースの捉え方は大きく変わり、将来本当に教師になれた時、いろいろな目線で教えられることに繋がると思うからです。

〜これまでの活動〜

私はこれまで、主に4つのプログラムに参加してきました。

まずは、去年の夏に「TOMODACHI ソフトバンク・リーダーシップ・プログラム 2018」に参加しました。

このプログラムは、東日本大震災で被災した東北3県(岩手・宮城・福島)の高校生100人が対象となっており、アメリカへ3週間留学し、地域貢献とリーダーシップを学ぶというものでした。

このプログラムが、私の人生を大きく変えてくれました。

これまで、自分の住んでいる地域のことしか知りませんでしたが、他県の様々な状況や、震災後の苦労などを知ると共に、地元のいいところや、自分の将来やりたいことも見つけることが出来ました。

このプログラムで『TOMODACHI』という団体に出会ってから私は、これ以降、たくさんのTOMODACHIプログラムに参加しました。

次に参加したものは、「TOMODACHI 女子高校生 キャリアメンタリングプログラム」というもので、日常生活では関わることの出来ない様々な人との関わりを通して、半年後、参加者が自分に自信を持てるようになったり、積極性が身についたりすることのできる、素晴らしいプログラムです。

私も実際、このプログラムで身に付けられたチャレンジ精神のおかげで、この留学にも、クラウドファンディングにも、挑戦出来ていると思います。


上に挙げた2つ以外にも、同じTOMODACHIの行う、「TOMODACHI 香LINK プログラム」「TOMODACHI Global Leadership Program 2019」にも参加してきました。

香りで福島の復興をリブライディングしたり、東北の10年後を想像してプレゼンテーションを行ったりと、たくさんの貴重な経験をさせて頂いてきました。

これら全てのおかげで、今の私があると思います。

【TOMODACHIについて→http://usjapantomodachi.org/ja/about-us/


〜クラウドファンディングに至った理由〜

そんな私ですが、実は2年前に両親が離婚し、今は父子家庭として過ごしています。

それに加え、去年父が病に倒れ、現在も闘病中です。仕事も不可能なため、収入源が無い状態で貯金を崩しながら暮らしています。でも、

お金に余裕が無いのは事実ですが、私は諦めたくありません!

そしてこの留学費の問題を、たくさんの友人や知り合い、そして大人の方に相談した結果、クラウドファンディングしてみてはどう?との提案を頂き、実行に至った所存です。

今回、留学にかかる費用は合計約20万円です。そのうち、半分の10万円は、自分でバイトをして貯めたお金と、親からのお金で賄います。


そこで、残りの10万円を、皆様にサポートして頂きたいのですm(__)m

これに加え、帰国後の活動費も含めて150,000円を今回目標に設定しました!


〜頂いた資金の使い道〜

今回は、主に留学費として使わせていただき、残った場合は帰国後の活動に繰り越ししたいと考えています!


☟☟☟留学費(約20万円)の内訳☟☟☟

①往復航空券代金・・・90,000円

②フィジー留学生共済保険・・・6,480円

③プログラム代金・・・122,250円                                       (入学金、留学アレンジ料、ボランティアコース代金、ホームステイ料金)


〜リターンについて〜

今回、リターンは主にメールやお手紙でのお礼のメッセージになります!

そして、金額に応じてそれらに追加でフィジー留学関係のものも贈らせていただきます。

詳細はリターン欄をご確認ください。

「【】」←内のものが、追加されるものになります!


大変シンプルで申し訳ございませんが、将来、もしまだ皆様とご縁がございましたら、ぜひその時改めてお礼をさせていただけたら幸いです。


〜帰国後の予定〜

帰国後は、フィジーの孤児たちと福島の孤児たちが繋がれる活動にチャレンジしてみたいと思っています。

私の住む福島市にも、身寄りのない子供達の暮らす施設があり、フィジーの孤児達とも関わった私だからこそできることがあると思います。

遠く離れた国にも、同じ境遇の仲間がいることを知ってもらい、子供達にも"Global Citizen Ship(地球市民意識)"に触れてもらいたいです。

小さな規模ではありますが、これからの未来を作っていく子どもたち、しかも"施設で暮らしている子たちだからこそ、他の子よりも人一倍、感謝の気持ちを持って、社会貢献に興味を持ってくれると信じています。決して、自分の境遇のことで自身を卑下せずに、次に繋げていって欲しいからです。世界のことに触れることで、世の中のことに更に興味を持ってほしいです。

この経験を通して、将来、社会に興味を持つ人に育って、なにか活動を始めてくれたりするかもしれません。そうしたら、微力ながらも、私の留学経験が未来にも続いてく形になると思うからです。

〜最後に〜

ここまで、私の拙い文章を読んで下さり、ありがとうございます!

あなたの暖かいご支援により、私が留学を達成出来たら、帰国後、世の中をきっとより良くします!!!


何卒、よろしくお願い致します!


本プロジェクトはAll-in方式で実施します!目標金額に満たない場合も、頂いたお金を留学費の足しにさせて頂き、リターンもお届けします!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください