荒悠平、松田弘子、山内健司 、加藤仲葉による作品制作の研究所。演劇作品を作り上演するとはどういうことなのかを改めて見つめ直してみようという試みです。荒悠平が書いた戯曲『コココーラ』を上演するまでの間、企画の立ち上がりから上演までの取り組みを考えたり、疑ったり、その様子を公開、アーカイブしたりします。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

ダンサーの荒悠平、俳優の山内健司・松田弘子、制作の加藤仲葉の4人によってたちあがったこのプログラムです。この文章は、制作の加藤が書いています。

ある日、荒さん(※1)が書いてみた戯曲『コココーラ』 (※2)。これを見たマチコさん(※3)が面白いと言い、上演しようと宣言して、山内さん(※4)に声をかけました。そして、私(※5)にも声がかかり、この4人が集まりました。それが、2018年の年始から夏にかけてのことです。

※1 荒さん…荒悠平(あら・ゆうへい)
※2 『コココーラ』あらすじ…公演で話している中年の男女。二人は友達で、男の妻は入院しているらしい。とりとめもなく揺れる心と無駄話による二人芝居。
※3 マチコさん…松田弘子(まつだ・ひろこ)
※4 山内さん…山内健司(やまうち・けんじ)
※5 私…加藤仲葉(かとう・なかば)


このプロジェクトで実現したいこと

コココーララボvol.2『助走』上演にむけて、この『コココーララボ』という試みをいろんな人に知ってもらいたいと考えています。この試みに共感して気軽に味方になってくれる人、手を添えてくれる人がいたらとても嬉しいです。

=====================
コココーララボvol.2『助走』@神保町 試聴室
2019年7月5日[金]19:00
2019年7月6日[土]14:30|19:30
2019年7月7日[金]19:00

■料金:一般3,000円(1ドリンク付)、学生1,500円(1ドリンク付)
■プログラム:
・荒悠平 作・演出/松田弘子・山内健司 出演『コココーラ』ショート・バージョン(新作)
・荒悠平ソロ『七月は六月の続き』
・松田弘子ソロ『駅と音楽』
・山内健司ソロ『エピローグ以降』
・『コココーララボ』に関するメンバートーク
※上記プログラムすべてで2~2.5時間を予定しています
※上演の順番は未定です
=====================
コココーララボvol.2『助走』関連企画
荒悠平ワークショップ@神保町 試聴室
2019年7月7日[日]14:00~17:00(予定)
■料金:参加費2,500円(1ドリンク付)、見学費1,500円(1ドリンク付)
■プログラム:
ダンサー荒悠平によるダンスワークショップ。
しぐさや振る舞いをどのように「作品」として成立させるか、能力の高さではなく調整の妙としての「技術」について一緒に考え、試行錯誤をしてみましょう。
※参加者定員は5名。中学生以上の方であればダンス未経験者の方も歓迎です!
※見学予約も受付中!
=====================
予約はこちら:https://www.quartet-online.net/ticket/cococolalabo2
詳細はこちら:https://twitter.com/cococolalabo
       https://co-co-co-la.wixsite.com/cococola
=====================

プロジェクトをやろうと思った理由

ここで、戯曲『コココーラ』を書いた荒悠平さんのコメントを紹介します。

***********

面白いことをやろうぜ! という、大きくも小さくもない気持ち、数人によるなんとなくの合意から始まる「舞台」というものは、その初期衝動はいつだってポジティブです。けれども続けていくうちに大人の事情や世知辛い人間関係といった諸々がストレスになって何やってんだかよくわからなくなってくる。それはありふれた話で、でも、そういうのじゃないところに舞台の本質的な面白さはあるはずです。少なくとも、そう信じたいじゃないですか。

 ここに『コココーラ』という戯曲があります。ある日僕がポンと書いてみた戯曲です。これをマチコさんに見せたら面白いと言ってくれて、上演しようと宣言して、山内さんと加藤さんを集めてくれました。

それでも最初はこれ面白いのかな、どうなのかな、という不安もあったし、こっそり、みたいな感じで昨年ちょっとしたイベント(※6)をやってみて、そうしたらこれがすごい楽しかったんですよ。僕らも、お客さんも。僕たちが舞台に対して抱いてる疑問みたいなものは意外とたくさんの人が抱いてる疑問なんだということもわかりました。面白いものを作るのにストレスって不可欠じゃないんだという希望も見えました。

***********
※6 昨年のちょっとしたイベント(コココーララボvol.1)について…2018年9月に高円寺K'sスタジオで行われたコココーララボのキックオフイベント。4時間の公開稽古と『コココーラ』リミックスバージョンの上演、トークを行った。観客が書いたメモに出演者たちが答える「お便りコーナー」もあり、ラジオ番組のようなゆるい交流が起こりながらも公演というスタイルは維持するという不思議なバランスの企画だった。
***********

 舞台って、例えば映画と比べたら値段高いです。映画みたいに一日に何回もやらないし、一ヶ所でしか上演してないのに上演期間も大抵僅かです。だからってわけじゃないけど、舞台人は一度の舞台にものすごい情熱を注ぎます。

 でも、出演者やスタッフは作品を深く理解するにはあまりに短いリハーサル期間しか与えられていないこともしばしばです。作家とのコミュニケーションが上手くいかない状況は頻発します。それでも良い舞台をやるぞ! ってみんな強火で頑張って、本番が終わると燃えカスみたいになってしまう。脚本の上がりが遅くて役者の負担が増えて万全な体勢で本番に臨めないとか、影で良い仕事をしているのに報われないとか、変な力関係が座組内にあるとか、全部、あるあるです(舞台業界だけの話じゃないけどさ)。

ほんとは、そういうネガティブな要素がなくても良い舞台できるはずなんです。

 なんとなく慣習になっていてあきらめてしまっていることも見つめ直してみる。やり方を変える試みとか、考えたこととか、それらをコココーララボでは積極的に公開していくことにしました。


舞台業界は良くも悪くも作り手と観客の距離が近い世界です。いろんな線を越えて味方を増やしたい、良いものはシェアしたい。そう思って、今回クラウドファンディングもやってみることにしました。資金面ももちろんですが、試みをいろんな人に知ってもらうことやアクセスできる方法を増やすことが目的です。

 僕らの試みに共感して気軽に味方になってくれたら、こんなに嬉しいことはありません。


 さて、昨年のイベントがウォームアップからスタートラインに立つまでだったとしたら、今回は来年やるつもりの本公演に向けての大いなる助走です。自分で言ってしまうけど、これは見応えのある助走です。思い切り手足を振り回しながら、今できる失敗は全部試して(だけど失敗のクオリティも高く!)来年ギュッとまとめて形にする前に、今年は(今回の公演は)できるだけ可能性を広げてみたいと思います。『コココーラ』だけじゃなくてソロの作品とかもやるのは、可能性を広げたいからです。和食の料理人がフレンチや中華料理を勉強するとなんかいろいろいいよね、みたいな前向きさです。

 松田弘子ソロ、山内健司ソロ、ふたりによる『コココーラ』ショート・バージョン(新作)、おまけに荒悠平の短いソロとワークショップ。本気のトライアルです。


 作品としても、企画のドキュメンタリーとしてもきっと面白いから、ぜひ来てください。

***********


これまでの活動

2018年5月 荒、山内、松田、加藤で『コココーララボ』をたちあげる。稽古開始。
2018年9月 高円寺K'sスタジオにて『コココーララボvol.1』を開催。
      4時間の公開稽古と『コココーラ』リミックスver.の上演、トークを行った。

2019年5月 コココーララボvol.2『助走』の開催を決定。稽古開始。
2019年7月 コココーララボvol.2『助走』開催。

2020年に『コココーララボ』全編公演を検討中!


資金の使い道

集めた資金は、コココーララボvol.2『助走』の運営資金とさせていただきます。

舞台公演を行う際は、いただいた入場料をもとに運営を行います。

例えば、一般観劇料金2,500円の公演だった場合。
50席定員の公演が満席になれば、50名×2,500円で125,000円。
4公演行った場合、125,000円×4公演で500,000円。

収益を見ると結構集まるものだなあという感じもあるかと思います。

では、支出はどうかというと

・劇場使用費(本番日以外にリハーサル日にも使用料がかかります)
・舞台監督費(人件費、資材費)
・音響費(人件費、機材費)
・照明費(人件費、機材費)
・舞台美術費(人件費、資材費、廃棄費)
・小道具費
・稽古場使用費
・運搬費(荷物、資材等)
・宣伝美術製作費(デザイン人件費、印刷費)
・作・演出人件費
・出演費
・制作人件費

など、など…ざっとあげてみてこんな感じですが、他にも様々な項目があります。
一般2,500円のチケットで50人入場いただき、4公演する…ということだけでは到底払いきれる金額ではありません。とはいえ、チケット単価をあげればよいか、といえば、そういうわけにもいかず。。。こうした状況をどうにかできれば、という思いもあり、今回、ご支援いただける方を募ろうということになりました。
「お金と公演」ということに関してもこのプロジェクト内で様々に試行錯誤したり言葉にしていこうと考えているので、その点でも見守っていただけたら幸いです。なお、本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、公演は開催し、リターンもすべての方にお届けします。

リターンについて

・1000円コース ①
 稽古レポート:稽古の様子の中から、ちょっとしたレポートをお届けします。

・1000円コース ②
 コココーララボvol.2『助走』の台本セット:今回公演で上演する4作品の台本セットをお届けします。

・5000円コース
 コココーララボvol.2『助走』公演予約+台本セット+稽古レポート:7月5日、6日、7日に行われる公演のチケット予約と、台本セット、稽古の様子の中からちょっとしたレポートをお届けします。
こちらは、各回10名ずつとなっています(1名様の支援につき1名様分のお席をご用意します)。


実施スケジュール

現在始めている稽古の様子を順次お知らせいたします。そして、こちらのクラウドファンディングページでも随時情報を更新してまいります!


最後に

自分たちが関わっていること、手掛けていることの現状をあらためてみつめ、確かめなおし、進んでは戻りということをしながら時間をかけてこの企画を進めていきたいと思っています。気になる方、ぜひ、ご支援いただき、見届けていただけたら嬉しいです!


  • 2019/07/02 18:35

    こんにちは。コココーララボの加藤です。今日は、今回のリターンでご用意している「稽古場レポート」の一部を抜粋してご紹介します!以下にアップする内容はほんのほんの一部で、ご支援いただいた方にはさらにボリュームのある内容をお届けします。自分がしていることを具体的に「言葉にしていく」と、その言葉を受け...

  • 2019/06/27 21:21

    コココーララボ制作の加藤です。今回の企画初日まであと8日となりました!現在、稽古が順調に進められています。稽古場には時折、メンバーの知人が見学に来ます。見学者がいるときは、稽古の最中に『おたよりコーナー』が設けられます。見学者には小さな白い紙が渡され、稽古中見ていて気になることがあればその紙に...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください