<特許取得済み>ティッシュやプチプチもスイスイ切れるのに、手を傷つけないペン型カッター。左利き・右利き、上・下どの方向からも、ペン感覚でらくらく操作。しかもダイヤモンドに次ぐ高硬度な刃先なので長持ち&替え刃不要!

プロジェクト本文

「くるくるペンカッター」は、ティッシュや布など、いろんな素材をスイスイ切れるのに【手を傷つけない】画期的な発明で、大人も子供も、一度使ったらその使い勝手の良さに驚きます。

◆従来のカッターナイフとの違い

◎ママも安心!手を傷つけない特殊ペン型カッター<台湾と中国で特許取得済み、日本、米国特許出願中>

◎替え刃いらず!刃先はダイヤモンドに次ぐ高硬度素材で、抜群な切れ味をいつまでも味わえます

◎人間工学に基づいたデザインで、左利き・右利き、上・下どの方向からも、ペン感覚でらくらく操作<レッド・ドット・デザイン賞受賞>

◎ペンケースに一本あれば便利!ティッシュ/プチプチ/布/フェルト/薄い革…幅広い素材に対応!

…などなど、手作りファンの「欲しい!」がいっぱい詰まった、40年経歴の道具職人による渾身の作となっています。


くるくるペンカッターは硬い下敷きと併用することで初めて機能する、特殊デザインとなっています。
人の手は柔らかい皮膚と筋肉から構成されているため、正しい使い方をしていれば手を傷つけることはありません。大人も子どもも、より安心してご使用いただけるツールです。

◆正しい使い方:素材のカット、美術作品の製作など。誤って手に当ててしまっても、手を傷つけません。

◆NGな使い方:頭部、膝などの骨が出っ張っている部分には絶対に当てないでください。


くるくるペンカッターは直線/波線/ジグザグ線/円形/さまざまな不規則な形などを、自由自在に、かつ抜群な切れ味でカットできるのが特徴です。

さまざまなアイデアの実現と、手作りの楽しみが一層増えそうです。


硬い下敷きと併用することで、さまざまな材料をカットすることができます。

各種美術用紙はもちろん、通常のカッターでは生地に引っ掛かりやすいティッシュや、ビニール袋、ペーパーナプキン、薄いスポンジ、布、フェルト、薄い革、そして「プチプチ」まで、いろんな素材をスムーズにカットできます。

◎気になる新聞・雑誌記事を切り取ってクリッピング/スクラップブックに

◎布を思う通りにカットしてかわいい小物作りに

◎写真をアレンジして思い出のアルバムに…

クラフト作業、手帳や色紙のデコレーションも、どんどんバリエーションを増やし色んな素材に挑戦したくなりますね。


くるくるペンカッターは、刃先を交換する必要はありません。

本体のペン先は腕時計の芯と同じクラスのステンレス使用で、刃先はダイヤモンドの硬度に近いタングステン鋼を97%使用しています。

ダイヤモンドの硬度が10だとすると、タングステン鋼の硬度は9で、ダイアモンド以外でこれより硬い物はありません。(モース硬度表をご参照ください。)

ですので、ダイヤモンドでも切らない限り、くるくるペンカッターは末長くお使いいただけます。


<レッド・ドット・デザイン賞受賞>

▼ペン感覚でご使用いただけるのでちょっとしたアイデアもスイスイ、あっという間にできちゃいます。






 

◎一般販売予定価格:1本 3,550円(税込)

*リターン価格は全て税込・送料込みです。

*割引率・1本あたりの価格は端数を四捨五入しています。

 

くるくるペンカッターは、実に40年間の試行錯誤とたゆまぬ進化と、発明家である劉根佑(リュウ・コンユ)氏の、地道な改良作業と努力を反映された画期的な発明です。

くるくるペンカッターを世に送り出した劉根佑氏は、新しいアイデア商品の研究開発に生涯を捧げてきました。彼が発明した研ぎ器、果樹の枝を切るための園芸用ハサミなど、数多くのユニーク商品が今でも世界各国で普及し、愛用されています。この40年間でテレビが240P解像度から4K解像度へと進化したように、最新のくるくるペンカッターも進化を成し遂げ続け、ひとりの発明家による40年間の努力の賜物と言えます。

 

本製品は台湾と中国で特許取得済みの正規品です。類似品にはご注意下さい。

<台湾>登録番号:M505454
<中国>登録番号:ZL201520409326.X

◎特許出願中

<日本>出願番号:実願2018-1561
<米国>出願番号:15967602

Q1:替え刃の交換はどうすればいいですか?

くるくるペンカッターの刃先は硬度の高いタングステン鋼を使用しているため、替え刃の交換などは必要ありません。ダイアモンドを切らない限り、刃先が簡単に傷つけるすることはありません。

Q2:細い作業やミニチュア製作にも使えますか?

くるくるペンカッターは小さな穴や細かい紙細工にはあまり適していません。最大な特長は直線もギザギザ曲線もスムーズにカットできることです。 また、従来のカッターナイフとの一番の違いは、より高度な安全性です。鋭い刃先を使用する一般的なカッターナイフは手を傷つけやすく、扱いに注意を払う必要がありますが、くるくるペンカッターは「オープンカット」原理に基づくため、カットする対象の下に硬い下敷きを敷かなければ、カットできない仕組みになっています。そのため、柔らかい人間の皮膚を傷つけることはありません。

Q3:カットできる最大の厚さはどれくらいですか?

くるくるペンカッターでカットできる厚さは、最大150lbまでです。カットする素材の下にタイルやスチールチート、ラミネートシートなど【硬い下敷き】を敷けば、厚さ制限以内の物であれば何でもお気軽にカットできます。今回はみなさんがカットしやすいようにA4サイズのラミネートシートを用意し同梱いたします。

Q4:カットできる材質は何ですか?

紙、フェルト、ビニール袋など、150lb(最厚口)以内なら何でもカットできます。

Q5:定規と合わせて直線カットできますか?

できます。定規にくるくるペンカッターを斜めに当て、通常通りに切って頂ければ簡単に直線カットできます。

Q6:お手入れはどうすれば良いですか?

切れ味を長持ちさせたいとお考えであれば、普段のお手入れは刃先に油を少しさすだけで良いです。油の種類は問いません。 

Q7:何才から使えますか?

使用対象は小学1年生以上(6歲以上)です。

Q8:1本のみのリターンは無いですか?

A8:今回は日本先行発売で、特別価格と早割価格をご用意いたしました(税込・送料込み)。

台湾メーカーから日本国内に直送するため、高額な海外送料と関税も吟味し再三の調整をいたしましたが、どうしても2本セット以上の方が支援者さまにとってより入手しやすい価格になるため(1本のみの価格設定が高くなるため)、2本セットからのリターン設定に至りました。予備用に、プレゼント用に、親子のお揃いに、友人へのオススメなどに、どうぞご活用ください。


ー クラウドファンディングにおけるリスク・諸注意 ー

本製品は量産体制が確保されているため、プロジェクト成立移行はできる限り早くお手元に届けられるよう努力いたします。しかしながら想定を上回る大量のご注文時、メーカー側での仕様変更などの場合、その他予期しないトラブル、また物流事情などで遅延が発生する場合がある点についてはご留意ください。


ー 特定商取引法に関する記載 ー

◯ 販売事業者名
ARCSTAR

◯ 事業者の所在地
〒6100-121 京都府城陽市寺田林ノ口11-99

◯ 事業者の連絡先
Tel:050-5275-1133 mail:sales@arc-star.net
※こちらではお申し込みは受け付けておりません。お問い合わせは当ページの「メッセージで意見や問い合わせを送る」ボタンよりお願い致します。

◯ リターン価格
各リターン記載の通り
※商品内容に関してはリターン欄記載の通り

◯ 申込期限
当ページ記載のプロジェクト終了期限通り

◯ 支払い方法
クレジットカード払い(Visa/Mastercard/JCB/Diners Club/American Express)/コンビニ払い(全国の主要コンビニエンスストア)/銀行振込(銀行ATM・ネットバンキング)/auかんたん決済/ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い/ドコモ払い/Paidy後払い(毎月月末締め、締切日の属する月の翌月10日までにコンビニ、銀行振込または口座振替でお支払いください。毎月1日に請求書を発行し、3日までにEメール・SMS(ショートメッセージ)にてご案内いたします)。お支払いの手数料に関して、Paidyの口座振替を選択した場合はお客様のご負担はありませんが、コンビニ払いの場合 350円(税込)、Paidyでのコンビニ払いの場合 350円(税込)が、お客様のご負担となります。また、銀行振込、Paidyでの銀行振込をご利用の場合は、所定の振込手数料がお客様のご負担となります。

◯ 支払い時期
当プロジェクトは「All-in型」の為、目標達成の如何に問わず、ご契約が成立します。その為、お申込みと同時にご利用の決済方法に準じてご請求となります。

◯ 引渡し時期
各リターン詳細に記載の発送予定月を引き渡し時期とします。但し、開発・生産状況によって遅れが生じる場合がありますのでその際は当プロジェクトページ内の「活動報告」または購入者へのメール等で連絡します。

◯ キャンセル・返品
当プロジェクトは「All-in型」の為、お申込み完了をもって契約が成立いたします。その為、お客様都合による返品・キャンセルはできませんのでご注意ください。尚、製品到着後に破損や初期不良がある場合には交換させていただきますので「メッセージで意見や問い合わせを送る」から、または納品書記載の連絡先までお問い合わせください。

  • 活動報告

    目標金額達成致しました!

    2019/06/08 15:44

    お世話になります。先程、皆さまのご支援のおかげさまで目標金額を達成することができました。本当にありがとうございます。これからも活動報告を致しますので、ご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。ARCSTAR 奥田

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください